張込スクリーンがある、4Kホームシアター専用ルーム。


DSC09980

※おはようございます。ちょっと早起きして、早朝ブログなのだ。 
※これから、大阪マラソン参加のため、大阪へ前日入りっす!

昨日10月23日、高松某所にて、ホームシアターをインストールさせていただいた。
今回のシアターシステムの大きな特長は、張込スクリーンだ!

張込スクリーンならではの、映像への没入感!だれでもが導入できるものではないが、ホームシアターをイチから構築を考えている方は、是非、一度検討してみてほしい!

pa_01_big

張込スクリーンは、一般的に理解されてる「巻き取りスクリーン」とは違い、4辺のフレームで構成されたスクリーンで、巻き取ることはできない。使用時のまま固定され、一切コンパクトにはならないのだ。 
そのため、よくあるスタイルである、スクリーンを巻き上げると後ろにテレビがあって、、、という、2wayシアターは、不可能。つまり、スクリーンオンリーの、純血シアターになるのだ。当然、リビングで採用する人はいないと思われ、実際、今回のお宅でも、シアター専用ルームを設けている。

DSC09970

↑これ張込スクリーンを、今まさに壁面へ取り付けする直前。スクリーンを裏返してる状況。 
よく見ると、4辺のフレームへ裏返ったスクリーンがヒモのようなものが伸びてるのがわかると思うが。このヒモ、実は、スプリングなのだ。このスクリーンは120型サイズだが、これで、なんと、68個のスプリングを使って、4辺のフレームへ「張込」まれているのだ。だから、張込スクリーンと呼ばれてる。 
工場出荷時では、フレームが1つにまとめられ、スクリーンは硬い芯に巻かれてる。それを、現地にて、我々インストーラーが、組み立てるわけだ。「組立・張込スクリーン」とも呼ばれる。もちろん、68個のスプリングを取り付けるだけでも手間だが、ピーーーーンと張り詰めた状態でスクリーンを取り付けるから、かなり力が必要な作業だったりもする。

DSC09974

↑取り付けたところ。 
張込スクリーンには、大きな特長が2つある。 
・完璧な平面性 
・圧倒的な没入感 
ピーーーーンと貼ってるだけに、巻き取りスクリーンのように、波打ったりすることは皆無。映像が、「ピシッと決まる」のだ。 
また、壁面に直接取り付けるため、壁に溶け込みやすく、余計なモノが視界に入りづらく、映像への没入感を存分に味わえる。 
映写用スクリーンの理想型といってもいいのだ!

DSC09978

フレームは、光の反射を防ぐように、フロッキー加工(スエード状)を施した。 
(専用ルームなので、照明は最小限。少々撮影には厳しい環境。ご了承くださいませ。)

↑見ての通り、非常に薄い形状。フレームの厚みは43mm。 
スクリーン自体はさらに奥に位置してるため、壁からは数センチ程度。ほとんど壁面に投影されてるようなイメージ。これが大きな没入感、最大の要因。

DSC09971

↑そんなナイスなスクリーンへ投影するプロジェクターは、もちろん、世界で唯一ネイティブ4Kプロジェクターを発売しているソニーの「VPL-VW500ES」。先日、新型VPL-VW515ESが発売されたばかりだが、コスパの高さから、いまだにVPL-VW500ESのお問い合わせがあるほど。(ちなみに、当店では、このプロジェクターを使ったシアターシステムは、今月2件目。人気なのだ。)

音響は、もちろん、Dolby Atmos対応。ソニーさん、いまだに対応が遅れてるが^^; 
今回は、ONKYO製のAVアンプをチョイス。音が、本当に、立体的になり、臨場感ハンパねっす。

ということで、張込スクリーンを使った4Kホームシアターのご紹介でした。。。 
オーナーのE様、ありがとうございました!

-----------------------------------------------------

ソニー商品情報(プロジェクター)

12068753_977032569022407_3249060707766238989_o

↑当店ホームシアタールームでは、新型VPL-VW515と、新型VPL-HW60を体感できます!

TOP