あまりお金をかけたくないけど、音質にこだわる人向けの、ホームシアター設計。。。


DSC01627

ますます、ホームシアターのご依頼が多くなってきている、今日この頃。。。 
ほんとに、「ホームシアター」の認知度が上がってきたなぁと、しみじみ思う。 
また、アポ無し飛び込みのご相談のお客様ですら、新築住宅図面を持ち込む方がほとんど。住宅の設備の1つとして考えてくれるようになったんだろうなぁ。

そんな中、最近のホームシアターのトレンドとしては、ずばり、、、

「音質にこだわる」

といっても、オーディオマニアというわけではなくて、ホームシアターのシステムで、音楽も聞きたい。というリクエストが増えてるのだ。 
といっても、ホームシアターは、そもそも、5.1chサラウンドっていうくらいだから、全部で6つもスピーカーがあるし、アンプも、「AVアンプ」という、なんだかよくわからないと言われる機器があるし。機器をどう選べばいいのか、さっぱりわからないと。

ということで、当店では、ホームシアターシステムを、ちょっとイイ音なオーディオシステムとしても手軽に使えるような、ご提案をしてます。。。

●AVアンプの選択が、かなり重要

calltencho_2016-6-19_18-12-7_No-00

ソニーのAVアンプのラインナップ・・・;;

AVアンプ・・・一番お客様に言われるが、、、なにする機械ですか?

だよねぇ?!

主にHDMIで入力された映像音声を、映像だけテレビやプロジェクターへ出力し、音声は、サラウンド信号にデコードして、フロントリアセンターウーハーといった、スピーカーたちへ出力する。

今回のテーマの音質にだけ絞って話すると、、、このAVアンプとスピーカーだけで、ほぼ音質が決まってしまうんだよね。AVアンプって結構重要なんすね?

さて、ここで、ちょっと考えてみよう。 
10万円のAVアンプと、、、 
10万円のステレオ2chオーディオアンプ、、、 
どっちが高音質だろうか? 
映像も扱うし、スピーカーも6本とか、たくさんつなぐし、、、AVアンプって結構いろんな仕事してるよね。ってことで、同じ価格なら、ステレオ2chオーディオアンプのほうがよりいい音質な気がするでしょ?タブン、間違いないでしょ。

話変わって。 
AVアンプ選択するにおいて、重要なことの一つ。 
「対応規格」 
例えば、、、4K映像対応か?5.1ch?7.1ch?Atmos対応?DTS:X対応?ハイレゾ対応? 
世の中の規格にどれくらい対応しているかってのは、当然すごく重要。 
その規格も、どんどん進化してるから、困ったモン。 
少し前なら、Atmosも4Kもなかったわけだから、その頃に買った人は、、、もう買い換え???AVアンプは壊れにくい電器製品だし、そうそうは買い換えたくないよねぇ。

ここで、小まとめ。 
・同価格帯なら、AVアンプよりも、ステレオオーディオアンプのほうが音はいいはず。 
・AVアンプの選択は、音質がよくて最新規格を網羅してるものを。

なんか、、、やっぱり、AVアンプもそこそこお金かけなきゃだめかも・・・っていう空気・・・。

●AVアンプには金かけるな!っていう考えもあり。

どないやねん?!

ってつっこまれそうだけど。 
決して、音質を捨てたわけではなくて。。。

AVアンプ+オーディオアンプ

この2つの組み合わせで、ホームシアターを構築しちゃうのだ!

●役割分担

すべてのシアター機器は、AVアンプへ接続する。 
オーディオアンプへは、AVアンプのフロントスピーカー用プリアウトを接続する。 
もちろん、CDプレーヤーなどのオーディオ機器は、AVアンプではなく、オーディオアンプへ接続する。

※センタースピーカーは、導入しない。(詳細は省くが。AVアンプの設定で結構どうにでもなるのだ。コストカットした分を、フロントSPへまわしてグレードアップするのだ) 
※音量調整は、オーディオアンプの音量は固定にして、AVアンプの調整だけでOKなのだ。

ホームシアターのご提案の際、音好きなお客様なら、こういうご説明すると、ほぼ「ほぉ」と、驚きつつ感心されることが多い。

安いAVアンプであっても、オーディオアンプのがんばりで、相当高音質が期待できる。3~4万のリーズナブルなAVアンプに、同価格くらいのオーディオアンプをつなぐだけでも相当楽しい。その価格なら、合わせても7~8万くらいに抑えられる。もちろん、このシステムでは、リアスピーカーは、AVアンプの性能に依存するが、フロントSPの音質向上は、本当に影響がでかいのだ。

●ちょっと変化球も楽しいぞ

さらに、、、オーディオアンプとして、、、

calltencho_2016-6-19_18-40-20_No-00

HDDプレーヤーのHAP-S1を選ぶのも面白い。この外部入力に、AVアンプのフロントSPプリアウトをつないでやれば、HAP-S1の音質で、ホームシアターを楽しめるのだ。

ちなみに、当店では、AVアンプの相棒として、、、

calltencho_2016-6-19_19-17-34_No-00

ステレオアンプTA-A1ESを使用してます。。。

●まとめ

AVアンプ+オーディオアンプシステムでの、メリット、デメリットを最後にまとめてみる。

★メリット

・音質がいい →音楽ライブ系なんか見るときは最強っすよ! 
・シアターとオーディオを完全にセパレートできる 
→オーディオアンプにCDプレーヤーなどのプレーヤーを接続しとけば、AVアンプは電源オフできる。つまり、、、HDMIコントロールのおかげで、テレビとアンプは連動してしまうことが多く、オーディオを楽しむだけなのに、テレビも電源いれとかないといけないことも。。。 
※玄人さんへ・・・パワーアンプじゃなく、プリメインアンプを選ぶ理由がこれっす。 
・新規格が出たときなど、、、お金をかけてないだけに、AVアンプを買い換えしやすい!!! 
(実は、これがすごく大きなポイントだよね)

★デメリット

・電源操作が、めんどくさい(1台か、2台の違いだけど) 
・音量操作が、めんどくさい 
→オーディオアンプの音量は、シアターのときは固定だけど、オーディオのときは音量調整するよね。シアターのときは決められた音量に戻さないとね。ヘタすりゃ爆音なりかねない。 
※玄人さんへ・・・パワーアンプにすれば完全に解決されるよね。

ということで、ご興味ある方は、店頭までご相談に!!!

TOP