コンパクトな、アトモスリビングシアター♪BGMシステム付き!


DSC_1374

高速使って、往復3時間超。香川県の西のほう。そこへ、4.1.2chアトモスシアターシステムをインストールさせてもらった。 
香川県は、実は、徳島に匹敵するほど、たくさんのシアター設置ご依頼をいただいているところ。車での移動が大変になるけど、工事の合間のお昼ごはんが、、、「うどん」♪香川でのお仕事はこれが楽しみのひとつだったりする^^

今回のシアターシステムは、、、かなり設置スペースに限りがあるというのが、最大の設計ポイントだった。 
テレビ設置壁は、ピアノを置くスペースと、リビングの出入り口に切迫され、さらに、ちょうど生活動線と重なり、ローボードなどを置くのも厳しい。 
テレビ反対面は、掃き出し窓が大きく設置され、これまた、スペースはなし。 
さらに、テレビに対して、サイド面は、和室とキッチンがあり、これまたスペースなし。

ということで冒頭の写真。 
改めて見てもらうと、、、なにか違和感あるはず・・・壁になにか描いてるような・・・

DSC_1373

↑実は、AVラックごと、壁埋込みしているのだ。これにより、テレビ前は、十分な生活動線を確保!が、当然、センタースピーカーを置くのが難しく。そのため、センタースピーカーレスをカバーできるよう、当初の予定よりは少しオーバースペック気味な、トールボーイタイプのスピーカーを、フロントLRにチョイス。音楽好きの奥様にとっては、お気に入りのアーティストのライブBDを視聴するのに、より高音質で楽しめるため、結果オーライ。設置完了後に、早速、お気に入りBDを再生し、わーきゃーとハイテンションだったのが印象的^^さらに、フロントSP横に少しだけ余裕ができたスペースには、フロントスピーカーよりも「薄型のウーハー」を設置し、動線をじゃませずに、低音を補強。

DSC_1376

↑トップミドル位置に、アトモススピーカーとして、天井埋込み。 
ってことで、必然的に、ソニーのAVアンプはアトモス非対応(チクリ)ってことで、却下。今回は、ONKYO製をチョイス。やはり、立体音響とはよく言ったもので、垂直方向の音の表現力が豊かになり、より臨場感が高まってイイ! 
ほんと、どこのメーカーだよ、アトモス未だに対応してないのは(チクリ) 
といいつつ、某S社のAVアンプシアター、、、なんだかんだとそれなりにやってるんだよなぁ。例の180インチシアターも。「ソニー愛」っすよ。ほんと、頼むよ、アトモス対応。

DSC_1375

↑サラウンドスピーカーには、、、リビングってことで、あまり目立たないよう、見た目も「いかつく」ないよう、、、Cabasseをチョイス。まるっとしてて、かわいいよね^^

DSC_1377

↑そして、、、奥様大絶賛の、、、BGM。

毎度のコトながら、BGMのプレーヤー兼アンプは、、、CMT-SBT40。

CMT-SBT40は、ソニーストアで、19,500円+税

スピーカーは、正直、、、使わないからごめんなさいするけど、それでも、本体部分が優秀で。この価格で、CD、ラジオ、Bluetooth、前面USBメモリ(音楽データを再生するため)、そして、アンプ内蔵。これだけで、BGM鳴らすには十分すぎる。コスパ高すぎ。特に、BT対応がでかい。

DSC_1372

↑あとは、、、1ペアで2万円未満の天井埋込みスピーカーをチョイスして、ダイニングと、キッチンに設置してあげれば・・・

「cafeみたい!」

と、奥様の1stインプレッション!理想的な一言いただきました! 
今回のように、ホームシアターと一緒に工事しちゃえば、ほんとに、低コストで贅沢と思える、BGMシステムが実現!!! 
BGMは、上から降らす!これが、非日常を演出し、cafeやホテル感を醸し出すのだ! 
早速、奥様、キッチンからXperia使ってBTで音楽飛ばして、テンションあげあげ♪

ということで、BGMシステムとセットで、アトモスホームシアターをインストールさせてもらったという、ご紹介でしたぁ。。。

F様、このたびは、ありがとうございましたm(_ _)m

TOP