ウォークマンWM1Z用に、4.4mm5極プラグ(Pentaconn)ケーブルを自作してみた。




DSC09132

いきなり自作? 
と思われる人もいるかと思うけど。。。 
ヘッドホンケーブルは、なかなかどうして、好みが非常にわかれるアイテムなわけで。 
残念ながら、店長野田のJustearチューニングモデルND1は、、、店長野田の耳には、ソニーさん純正のMUC-M12SB1(MMCX)があわず・・・(涙) 
WM1Zが届いても、お気に入りJustearが活躍できず、途方にくれてた。。。 
そこで、思ったのが、、、現在、最も気に入ってるケーブル「Justear純正の4極グラウンド分離銀ケーブル(4極銀と呼んでる)」を、バランス化すればいいのでは?

※メーカー品を改造することになるので、自己責任でお願いします。

バランス化するにあたって、必須なのが、4.4mm5極プラグ(Pentaconn)だ。が、WM1シリーズ発売よりも先に入手するのが無理で。ようやく手元に届いたのが、今日。。。

IMG_20161029_092443

↑いつものくせで、万が一に備えて、2本買ってしまったが・・・。なんと、1本5,800円もするのだっ!!!っていうか、、、異常にでかい^^;

IMG_20161029_092650

さて、作業の前に、店の倉庫あさりまくって、見つけてきたのが・・・

DSC_1468

↑ケーブルプラグの根元についてる、ケーブル緩衝用の芋虫みたいなやつ。 
事前準備ができてなかったので、これを流用することに。

DSC09136

↑ピンアサインは、規格でしっかりと決められてる。Pentaconnの梱包箱の裏面にも記載してくれてる。

IMG_20161029_110407

↑元々のケーブルの芋虫とあわせて、2段階になってしまったが・・・。ま、とりあえず、良しとしよう^^;ハンダ作業は、そりゃぁ、2.5mmよりも3.5mmよりも楽。

※ケーブル製作、改造のご依頼は承っておりませんので、ご了承ください。

ということで、初のJustear銀でのバランス試聴は、、、そりゃぁもう言うまでもなく、最強。待ってましたの、超ドストライクの音色。もう、家宝だよ。。。 
「良音に溺れる」とは、まさにこれ。

やっぱり、音は、お気に入りのイヤホンに、お気に入りのケーブルで、「バランス」で聞くに限るね!

おしまい。。。

-----------------------------------------------------

●おまけ

WM1シリーズのストラップの話。 
さすがに、WM1Zだけじゃなく、WM1Aも、ストラップはつけておいたほうが、精神衛生上、楽になれる。 
が、、、

DSC08767

↑サイバーショットなんかにも付属している、布製ストラップが、WM1シリーズにも同梱されてるが・・・。

これがもう、なんていうか、頼りない。布製だからか伸縮性があるんだけど、非常に怖い。ぶんぶん振り回すわけじゃなくても、正直、怖い^^;

DSC09134

↑とくれば、これでしょ。サイコロスピーカーのSRS-X11付属のストラップ。 
ご存知のブログ読者も多いであろう、当店オンラインショップでの大ヒット製品。

DSC06667

SRS-X11付属ストラップ 900円+税

>当店ブログ Xperia Z4のストラップを、SRS-X11付属のに替えてみた。

一番は、金属パーツを一切使っていないため、液晶画面どころか、本体や装着しているケースを、、、全く傷付ける心配がないってところ。

DSC09135

↑さらに、WM1Zをぶらさげても、伸びないし、かなりの安心感。

高級感のある、WM1シリーズには、やはり、黒が似合うだろうと、少々多めに在庫してます。が、もちろん、即納できるのには数量に限りがあるので、完売の際にはお届けまでに少々お時間ください。。。

コールオンラインショップにて、SRS-X11付属ストラップ各色販売中

TOP