ヒット御礼!全部盛りヘッドホン、ワイヤレスフラッグシップモデル「MDR-1000X」開梱。。。インナーイヤーとの相性は?!


DSC09111

ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット MDR-1000X ソニーストア価格39,880円+税

ソニーストア 
男前な、flumpoolのボーカル山村さんによる、ユーザーズボイス 
開発者インタビュー

MDR-1000X実機レポート in ソニーストア大阪 
発表時の当店ブログ

あざーーーっす!!! 
ヒットモデルになったよ!

ってことで、すでに、ストア大阪での実機レポートをお伝えしてるのに、今さらながら、開梱レポートをしてみようかなと。 
それと、、、よく意味がわからないであろう「インナーイヤーとの相性」もチェックしてみよう。

●開梱

DSC09112

↑最近のソニー製品、この梱包デザイン増えたね。

DSC09113

↑あ!そういや、キャリングケース見るのはじめてだった・・・^^;

DSC09114

↑付属品一式。充電用のUSB-microUSBケーブルと、有線ヘッドホンとして使用するためのステミニ-ステミニケーブルと、、、航空機用アダプター(最近は、ステミニそのままで使える航空機も増えてるけどねぇ)

DSC09115

↑キャリングケース。以外に質感が高くてびっくり。

DSC09116

↑フック付きでぶらさげられる。少しわかりづらいが、ファスナーは、隠蔽されるタイプで、カバンの中で他の布をひっかける心配がなさそう。

DSC09119

↑これまた、びっくり。表とは全く違う、布製で、、、ポケットがついてて・・・

DSC09118

↑以外と伸びるんだよ!!付属のケーブルなんかはここに入れとくのがよさそう。

DSC09121

↑さぁ、ファスナーを開けて、中を拝もう!

DSC09122

↑いやぁ、見事に上手に納まってる。

DSC09123

↑LRのハウジングの仕切には、航空機用アダプターの収納ポケットがついてる。ご丁寧に、底にはイラストが描かれててわかりやすい。

DSC09124

↑本体を取り出してみると、底面全体に!!! 
わ、わかりやすくて、い、いいっすね^^;

タッチ操作のジェスチャーも書かれてて、取説チックで便利なんだけど、これがずっと描かれたままって、ちょっと、く、くどくない?^^;

DSC09125

↑失礼しやしたぁああっ!取り外しできるとは・・・。ソニーさん、よくお考えで・・・。

ってことで、非常によくできたキャリングケースのレビューでしたぁ。

●インナーイヤーとの相性は?

イミフメイと思われてそうだけど。

「音質気に入ったインナーイヤーの上から、MDR-100Xをつければどうなるか?」

音にこだわればこだわるほど、いいイヤホンを使いたくなるが。 
ノイキャン機能がついた、高級イヤホンとかって聞いたことない。 
っていうか、ノイキャンは音色に少なからず影響するし。

でも、ノイキャンをつかいたい。

店長野田、本当によく東京へ、飛行機出張するが。飛行機の中って、あの独特の低音ノイズがまじで気になる。じゃぁ、ノイキャンイヤホンとかで・・・。でも、超お気に入りのイヤホンで、音楽を楽しみたい。

ってことで、超お気に入りのJustear装着した上から、MDR-1000Xを装着すれば、どうだろう?

DSC09180

では、早速試してみよう。 
Justearの他、手持ちのXBA-A3も用意。

DSC09168

「ゴゴゴゴゴゴーーーーッ」っていう低音が効いた騒音音源を、シアタールームのスピーカーで鳴らして、リアルな環境を演出。

DSC09167

まずは、Justearの上から、MDR-1000Xを装着。

んー、やはり、耳の中にずっぽりと埋まってるJustearといえど、大きなダイナミックドライバーのデッパリが、MDR-1000Xの内部に少し干渉する。少しMDR-1000Xが浮いてる印象。明らかに、ノイキャン効果が薄い。 
一応、パーソナルNCオプティマイザーを再セットしてみるか・・・NCボタンを長押しして、設定を済ませると・・・

ぉおおお!!!ノイキャン効果アップ!!!!

明らかに、浮いてしまったMDR-1000Xとの隙間から聞こえるノイズは軽減。さすがに、MDR-1000Xだけを装着した、ベストフィット状態とまではいかないが。パーソナルNCオプティマイザー、見直したぞ!!!

さらに、チェックしていってみよう。

NCボタンオンオフで、ノイキャンを入れたり切ったり、明らかに効果がある!!!
あ、クイックアテンションモード使った方が手っ取り早いか。右手でMDR-1000Xハウジングを覆うと外音取り込み、離すと通常ノイキャン。これだと、比較しやすいね。 
少し静かめの楽曲なんかだと、ノイキャン効果は絶大。音色自体にも違和感ないし、これなら、お気に入りの非ノイキャンイヤホンで、ノイキャンを効かすことができる!音楽に没入できそう。 
ところが、やはり、大きめサイズのJustearだけに、MDR-1000X内部への干渉による、フィッティングの違和感は、気になる。長時間の使用は、無理っぽい。んー、残念だ。

ってことで、XBA-A3はどうだろう? 
うんうん、ほとんど、MDR-1000Xに干渉しないぞ!!!干渉しないってことは、よりノイキャン効果も上がるわけで。フィッティングも違和感ほぼなし。音色も、XBA-A3単独と違いはわからない。

DSC09104

よしよし、これなら、さらに小型化されたボディの、最新モデルXBA-N3、N1ならどうだろう? 
「N3も、N1も、干渉なし!!!」 
す、すげー。これだけ小型化されてると、全く、MDR-1000Xに干渉しねぇ! 
違和感ねぇ!!!

むむむ。N3買うか?

ということで、全くイレギュラーな使用法、「インナーイヤーの上からMDR-1000Xを装着」して、ノイキャン効果が得られるか?というお題目の答えは、、、

MDR-1000Xに干渉しなければ、ノイキャン効果はばっちり得られる!!! 
(フィッティングは、インナーイヤーサイズ差や個人差あり)

ということだ!

-----------------------------------------------------

ほ、MDR-1000X本体のほうのレビューについては、前回の、ストア大阪でのレポートをどうぞ。。。

-----------------------------------------------------

ソニーストア 
男前な、flumpoolのボーカル山村さんによる、ユーザーズボイス 
開発者インタビュー

MDR-1000X実機レポート in ソニーストア大阪 
発表時の当店ブログ

TOP