α6500開梱


カメラ一覧ページ

DSC09452

α6500 ILCE-6500 2016年12月2日発売予定 
ソニーストア価格149,880円+税

製品ページ(ソニーストア注文) 
プレスリリース 
先行展示は各ストア店舗にて11月26日(土)より 
発表時の当店ブログ(特長まとめ)

・ボディ内蔵 光学式5軸手ブレ補正機能 
→ソニー製APS-C機初。新開発のジャイロセンサーで、5段分の効果。Aマウントアダプターにも対応。 
・世界最速0.05秒の高速AF「4Dフォーカス」 
→世界最多 425点全面位相差検出AFセンサーと、169点のコントラスト検出AFセンサーを、画面のほぼ全域に配置 
・最高連写AE/AF追従11コマ/秒、表示ラグを抑えたライブビュー表示最高8コマ/秒。 
→バッファメモリーは307枚(約36秒)、α99Ⅱより可能となった、撮影後すぐのプレビューにも対応。残り書き込み枚数表示も対応。 
・タッチパネル搭載 
→タッチフォーカス対応。 
・Exmorは、新開発 
→ISO51200(常用は25600) 
・4K動画記録

とまぁ、こんな特長盛りだくさんの、コンパクトミラーレスカメラ=α6500。 
6000番台という同じシリーズと思える、α6000が、6万円。ベツモノだよね。

では、発売日にお越しになったお客様とのやりとりをご紹介しつつ、開梱していこー。

DSC09453

発売日に、漠然と、ミラーレスカメラ目的でご来店の奥様。 
α6000の値段を見て、びっくりしたご様子。 
どうやら、以前やってた、α6000のCMを覚えていたようで、すごくピントがあうのが早いカメラとの印象。それだけに、レンズセットのモデルでも、10万円どころか、8万円すら切る価格に、驚いたとのこと。

DSC09454

ご予算に余裕があるようで、、、α6500が気になる様子。 
α6500を実際に手にとってもらったところ、こちらのほうが、手にしっくりくると。 
実は、α6500は、6000や6300よりも、グリップが深い。 
そのため、片手でもがっつりと、ホールドでき、安定するのだ。 
ご主人とも兼用するとのことで、このグリップはいい!と。

DSC09455

↑バッテリーとメディアは、これまでと同じ、底面にまとめて収納する。

DSC09456

↑microHDMI、microUSB、マイク端子は、まとめて配置。そのカバーは、α7シリーズのような軟質プラスチック製のプラプラしたタイプじゃなく、ヒンジを使ったハードカバーだ。使いやすく安心感がある。α7シリーズでも是非採用してもらいたい。

DSC09457

↑NFC位置は、α7シリーズと同じだが・・・スマホをかざすときに、結構、ストラップがじゃまになるから、もう少し底面に近い位置がありがたいんだけど。

また、多少の予備知識はお持ちのようで、↑ひととおりの外観含めたご説明させてもらった。 
最初は、操作ボタン類を見て、ぎょっとしたとのことだが。それぞれ使いやすくするための、ショートカットボタンと考えて、メニュー開いてごそごそする手間を省いてるんですよ!とご説明したところ、あっさりと納得。「慣れれば、こっちのほうが簡単そうですね!」と。

後日、ご主人と再来店して、注文したいとおっしゃり、お帰りに。。。

-----------------------------------------------------

売る側の立場では、やはり、値段がそれなりだし、AF爆速のコンパクトミラーレスってことで、ハイアマチュアからセミプロの方が、主な客層かと思ってたが。 
実は、その後も、α6500に興味を示すお客様は、見事に、アマチュアな方々ばかりで。っていうか、α6500のことを知らない人ばかり・・・。

んー、売る側が世の中の嗜好についていけてないのか???

ってことで、鹿島アントラーズの同点弾に気をよくして、今日のブログはおしまい。。。

-----------------------------------------------------

プレスリリース 
先行展示は各ストア店舗にて11月26日(土)より 
発表時の当店ブログ(特長まとめ)

TOP