ウォークマンWM1シリーズオーナーさん、ハイレゾを「目で見る」のはいかが?


screenshot_20170503_133330402

当店東京支部長エージェントK提供のネタ。

「ハイレゾを目で見よう」

↑ポイントはこれ。ウォークマンWM1シリーズの再生画面を、ジャケ写表示の基本から、スペクトラムアナライザーに変更。 
タブン、ジャケ写表示の人が多いのでは?

screenshot_20170503_131547002

↑これがスペクトラムアナライザーの画面。再生している曲の周波数を表示してくれる。

まず、、、非ハイレゾと、ハイレゾ曲が両方揃ってる楽曲を用意。 
ハイレゾしかなければ、Media Goでダウングレードして転送するのでOK。

screenshot_20170503_133344299

↑今回はこの曲をチョイス。っていうか、普段から、WM1Zに入ってるけど。

DSC00024

↑スクリーンショットでは追いつかないので、αで撮影。

これは、HRロゴがないことからもわかるとおり、非ハイレゾ曲。高音の「High」の部分に注目。なにもない。 
対して、、、ハイレゾを再生すると、、、

DSC00020

↑非ハイレゾではなかった、「High」が、動き出した!!! 
(正確に比較できるよう、同じ楽曲で、同じタイムスタンプのところを撮影)

とまぁ、今日の話はこれだけ。どうってことないと言われればそれまでだけど。

ハイレゾを再生すると、ハイレゾの定義の一つ「20kHzを超える再生帯域」が、「High」という形で目で確認できる。

以上!!!

-----------------------------------------------------

bn_WM1Z_matome

ソニーストアウォークマンページ

TOP