超望遠と世界最速の高速AFのサイバーショット「DSC-RX10M4」がやってきた。まじハンパない性能!


DSC03406

サイバーショットDSC-RX10M4 ソニーストア価格189,880円+税 

ソニー

つい先日発売されたばかりの、新サイバーショットRX10M4。 
ソニーさん定番ネーミング法則により、M4としているが。これまでのシリーズとは、かけ離れた性能にちょっと興奮気味。。。

では、簡単に開梱レポし、その後、当店店頭ではおなじみの、空飛ぶ模型飛行機撮影の作例を見てみよう。

DSC03408

DSC03409

↑そろそろ、充電器も別売りにしてくれてもいいかももしれない・・・

DSC03410

これまでのシリーズオーナーさんでも、M4なのかは判別しづらいほど外観は変化なさそう。

DSC03411

↑サイバーショットという、ソニーのコンデジに冠せられるブランドらしからぬ、αライクな右手操作回り。

DSC03412

↑レンズ一体型っぽいなぁ?とこの角度なら気づきそうだが。フォーカスモードダイヤルが付いてるだけに、エントリーモデルには到底見えない。

DSC03413

↑フィルター系72mmという、大口径レンズが、さらに、イカツク見せるぜっ!

DSC03414

↑グリップは、α7シリーズよりも深く、がっつりとホールドできる。

とまぁ、4世代目ともなるので、あまり外観ながめてばかりも面白くないから、早速、撮影してみよう。

-----------------------------------------------------

やはり、撮影時に確認すべきは、、、

「ファストハイブリッドAFシステムと、高速連写」

世界最速0.03秒に、AF/AE追従最高約24コマ/秒という高速連写。まさに、動体撮影には強い武器になる!

ってことで、やはり、被写体は↓これ 
(なにせ、今日は、台風直撃で、屋外撮影不可能なもので^^;)

>当店ブログ「挑戦者求む!」店内で飛んでる飛行機を、撮れるもんなら撮ってみなYO!α9を貸してあげてもよくてよ。。。

店頭では、被写体として大活躍の飛行機。それについて詳細は↑こちらをどうぞ。

では、、、いきなり、600mm最望遠から。。。

DSC03442

↑600mmだと、カメラの振り幅がせまくなるせいで、結構狙いやすいんだね。 
これくらいの作例が量産できる。 
っていうか、なんか、静止物撮ってるように見えるけど。結構なスピードの動体っすからね!

DSC03535

ホワイトバランスなど、、、おまかせにしてるので、ごかんべんを。

↑背後の壁との比較で、結構傾いてる模型飛行機=それなりのスピードってことがわかるかと。 
それなりのスピードでこっちに向かってる状態なので、これこそAFがちんたらやってたら、ピンボケ量産することに。でも、歩留まりは非常によろしい。。。

DSC03605

↑50mmくらいで撮影。かなり接近しての撮影なので、上半身は固定して、下半身で左右にぐいぐい振って。。。普通のカメラなら、ピンボケ量産するどころか、シャッターおりないことも多い。

これまで、現行カメラでは、、、α99Ⅱとα9だけが、この撮影に成功していたんだけども。RX10M4でも、楽勝で撮影可能。なにせ、高速AFと高速連写、両方の性能が必要なもので。。。

RX10M4は、高速AFと高速連写だけじゃなく、24mmから600mmのズームレンズ搭載でありながら、F2.4-4.0という、レンズ交換式カメラでは、ありえないスペックも持つ。このカメラ一台あれば、めちゃくちゃ幅広い撮影が可能だよね。 
しかも、このレンズ、、、結構ヨレルのよ!!!

当店ブログ「サイバーショット「DSC-RX10M3」がやってきた!」

↑こちらで、外観のほか、最短撮影距離についても検証してるんで。

-----------------------------------------------------

製品詳細や、ソニーストアでの注文はこちら

alpha_bnr_592x148_02

tokyo_camera_club_592x148

TOP