USB DAC付きウォークマンZX300とA40に、ウォークマンをスッキリと接続する。WMポートうんちくも。


DSC03344

ほぼ、ウォークマン専門ブログと化している、当ブログ(笑) 
そして、本日も。。。

今日は、ZX300、A40に搭載された、ウォークマン初のUSB DAC機能について。

ウォークマンZX300、A40の新機能「USB DAC」を、様々なパターンで遊んでみる(自作ケーブルとかも)

↑こちらの先日の記事の中から、今回は、ウォークマンを接続する点を深掘りしてみる。。。

DSC00598

WMC_NWH10

↑ウォークマン同士の接続に必要なのが、これ。

NW-ZX2/ZX1/A10/F880シリーズ専用ハイレゾ・オーディオ出力用USB変換ケーブル「WMC-NWH10」ソニーストア価格3380円+税 
ソニーストア

ウォークマンは、基本この方法で接続する。が、、、やっぱり、ちょっとかさばるし・・・。

DSC03348

↑今回は、これら、ソニー製USB DAC用ケーブルをちょっとだけ加工して使う!(写真は、すでに加工済み)

短い方:PHA-2A付属のウォークマン用デジタルケーブル 
長い方:TA-ZH1ES付属のウォークマン用デジタルケーブル

-----------------------------------------------------

●WMポートうんちく

ここは、興味ある人だけで。飛ばしてもOK。マニアックなので。

DSC03336

↑ウォークマン付属のWM-PORT専用 USBケーブルの、WM-PORT端子

DSC03337

↑PHA-2Aなどポタアンや、WMC-NWH10(ハイレゾオーディオ出力ケーブル)の、WM-PORT端子

この2枚の写真。どちらも、WM-PORT端子だが、、、端子内部の「ピン」数が違うのがわかるかと。 
WM-PORTは、全部で22ピン構成になっていて。各ピンアサインは、一応、ぐぐれば知ることはできる。USBデータ転送用、充電用、アナログ音声入力or出力用、「デジタルアウト用」など。

ウォークマン付属のケーブルは、、、「USBデータ通信」と「充電」だけが目的になるため、それ以外の役割をしているピンは、省かれているので、写真みても、多くが歯抜けになっている。

一方、ポタアンなどのケーブルは、22ピンすべてを使ってるわけじゃないが、すべてのピンが配置されてる。

DSC03348

今回は、↑USB DAC用のケーブルだけに絞って話を進めていく。 
このケーブル、ウォークマンから、デジタル音楽データを転送するのが目的。 
が、普段、ウォークマンはUSB接続されると、パソコンからデータを受け取る側になるわけだが、USB DACと接続する場合は、送る側にならないといけない。 
そこで、このケーブルの登場。 
具体的には、書かないが、、、WM-PORT端子のとあるピンに細工がされていて、それにより、ウォークマンが、送る側になるのだ。スマホでいうところの、ホストに。このケーブルは、ウォークマン用ホストケーブルなのだ。

-----------------------------------------------------

うんちくへ脱線したので、話を戻す。

では、USB DAC用ケーブルののmicroUSB側の話。 
こちらは、ホストではなく、フツーのmicroUSB端子になっている。 
なので、

WMP-NWM10

↑マイクロ USBプラグ変換アダプター「WMP-NWM10」ソニーストア価格933円+税 
ソニーストア

↑これを挿してやれば、microUSB側も、ウォークマンのWM-PORTに接続ができるわけだ。

ところが、ひとつ問題が。

おそらく、誤接続防止の意味と思うが、ソニーのUSB DAC用ケーブルは、microUSB端子横に「ポッチ」がついているのだ。

DSC09137

↑しかも、過去、いくつかパターンがあって、機器が変わるとケーブルも変えないといけなかった。ところが、PHA-2A、PHA-1A、TA-ZH1ESから、このタイプに統一されたようだ。この「ポッチ」のおかげで、間違って他の機器につなぐということがないわけ。

ジャマなら、折っちまえ!!!

DSC03335

↑うぉりゃっ!!!!ポキッ!!!!!(真似る方は、自己責任でお願いします) 
(結構簡単に、折れる。。。)

これで、「ポッチ」がなくなり、「フツーのmicroUSB端子」になったわけだ。

DSC03344

冒頭の写真どおり、これで、無事、ウォークマン→ZX300 or A40へ接続完了。

もちろん、microUSBは、元々USB DAC機器に接続する側だったので、マイクロUSB変換アダプターを接続しても、やっぱり、USB DAC役のZX300 or A40に挿す。逆にすると、当然音は出ないので。

これで、ずいぶん持ち運びしやすくなるはず。 
フツー、USB DACには、画面なんてものは存在しないが、、、この組み合わせだとどちらにも画面があって、キズが心配なので、ご注意を。

DSC03349

↑長い方のケーブルを使うと、こんな感じ。

まぁ、正直、ZX300、A40に、他のウォークマンを接続するケースは、かなりレアかと思うけど、、、ちょっとした荒技で案外シンプルに接続できるよ。っていう話でした。。。

-----------------------------------------------------

さて、最後に、おまけ。

こっちのほうが、ある意味、一般的かもしれないが(笑)

microUSB端子の「ポッチ」をポキッ!!!!!としたことで、ちょっと便利になることが。

DSC03345

↑わかる人なら、うぉ!となるかもしれない。

PHA-2A用などとは、仕様が違う「ポッチ」の、PHA-3にも、「ポッチ」をポキッ!!!!!としたことで、PHA-2A用などのケーブルがそのまま使えちゃうのだ。

DSC03346

「ポッチ」は誤接続防止のためだけで、電気的にも機械的にも役割はない。↑こんな風に、microUSBが接続されるだけになる。

DSC03347

↑もちろん、元々のPHA-2Aにも接続できる。

他社製のポタアンにもこのケーブルで接続できるんじゃないだろうか?

以上、、、おしまい。。。

-----------------------------------------------------

●コールオンラインショップで、お取り寄せできる。。。

calltencho_2017-10-16_13-12-51_No-00

短い方:PHA-2A付属のウォークマン用デジタルケーブル

calltencho_2017-10-16_13-13-1_No-00

長い方:TA-ZH1ES付属のウォークマン用デジタルケーブル

-----------------------------------------------------

ウォークマンの購入は、是非ここから、ソニーストアへポチッとお願いします 
(当店の実績になりますっ!)

※ソニーストア各店舗で購入する場合や、電話購入する場合は、、、 
当店ショップコード「2031001」をお伝えくださいm(_ _)m

-----------------------------------------------------

●当店ブログ

ウォークマンばっかり

TOP