"開梱レポート" アーカイブ

2014年1月31日

Xperia Z UltraがやってきたYO!<レイアウト製フラップタイプトリコロールレザージャケット編>

DSC02757

レイアウト製 Xperia Z Ultra用フラップタイプトリコロールレザージャケット
amazon価格3,283円

完全ににずるとらの魅力にとりつかれ・・・。本体に対しては、あばたもえくぼなのか?不満はないっ!(タブン)それよりも、どうすれば、少しでも快適に持ち歩けるか。。。そんなことばかり考えてたら、やっぱり、もっといいケースあるんじゃね?的な発想で、ついつい、今回のとあわせて2種類ほどケースをぽちっとしてしまった、ケース難民な店長野田ですが、なにか?

しかし、、、グロ版が先行して販売してくれてたおかげで、グロ版ユーザーさんからのアドバイスやらにすごく助けられ。なんとか2種類ぽちっで収まったような・・・^^;

さて、1つは明日着なので、先に今日届いた、本命ケースからご紹介。

2014年1月24日

Xperia Z UltraがやってきたYO!<開梱&眺める編>

DSC02466

Xperia Z Ultra(Wifi版) SGP412JP/B・W・V ソニーストア価格 51,800円 1月24日発売
ソニーストア

バイオレットなXperia Z Ultraにしたかったんだけども・・・
自分が、バイオレットなXperia Zを持ってるから、色の確認はそれで。
店頭展示は、ホワイトで。。。店長野田が、ブラックを購入すれば、、、お客様に、3色全部を見てもらえる・・・。(バイオレット欲しかったんだけども;)
※Xperia Z Ultraのバイオレットは、Xperia Zと全く同色ではなく、より鮮やかなバイオレット。全く同じってわけじゃないので。

ってことで、店長野田のブラックと、当店店頭展示のホワイト、、、2台同時に開梱してみよー(←意味あるのか?^^;

2014年1月 9日

総額100万円超のハイレゾ機器レビューその2<HAP-Z1ES、TA-A1ES 開梱編>

DSC02119

ハードディスクオーディオプレーヤー HAP-Z1ES 198,450円

ステレオアンプ TA-A1ES 198,450円

3ウェイ・スピーカーシステム SS-NA2ES 179,550円×2

2ウェイ・スピーカーシステム SS-NA5ES 122,850円×2

※すべてソニーストア価格

その1 SS-NA2ES編はこちら

当店シアターコーナーは、ハイレゾ機器&シアター機器たちが、ご機嫌サウンドを奏でてくれて、至極のスペースになってるし♪

今回は、その機器達の中心となる、HAP-Z1ESと、TA-A1ESの開梱の様子をまとめてお伝え。。。

2014年1月 6日

総額100万円超のハイレゾ機器レビューその1<SS-NA2ES編>

DSC02119

ハードディスクオーディオプレーヤー HAP-Z1ES 198,450円

ステレオアンプ TA-A1ES 198,450円

3ウェイ・スピーカーシステム SS-NA2ES 179,550円×2

2ウェイ・スピーカーシステム SS-NA5ES 122,850円×2

※すべてソニーストア価格

昨年末、ブログなどでも、ちらほらお知らせはしてたけど、当店店頭に、新たなオーディオ機器を展示開始。が、師匠も走り回るほどの師走だけに、レビューするヒマもなく。
ってことで、新年第1号のレビューブログは、少々濃い機器で、何回かに分けて!

まず、今回の、「その1」では、SS-NA2ESを、開梱からレビュー。。。

2013年12月23日

Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSSが、やってきた?

2013年12月 7日

あまりにも評判がいいので、サイバーショットDSC-RX10展示することに。。。それと、お客様の評判。。。

DSC01963

サイバーショット DSC-RX10 ソニーストア価格129,800円
(3年ベーシック無料、3年ワイド7,000円、5年ベーシック7,000円、5年ワイド13,000円)

先週末に開催された、ソニー体感フェア。この会場にはあって、当店には展示がなかったもの・・・DSC-RX10。そのせいもあってか、RX10を手に取る人がやたらと多く。もちろん、α7は、旬中の旬なカメラだけに、もっとも熱かったわけだが。

あまりにも、評判がよくて、こりゃぁ、出遅れた!

と、あわてて、本日より、当店店頭展示開始!

2013年9月 8日

α NEXに、接写リングつけてみた。

DSC09827

↑接写リングは、たくさん種類あるが、これは、安原製作所の製品「NANOHA TUBE)

「もうちょっと寄って撮影したい」を可能にする、接写リングをお借りした。
(たびばちさん、ありがとうっ!)

どんなレンズでも、レンズ→接写リング→カメラ本体と、、、レンズとカメラの間にはさむだけで、ぐっと最短撮影距離が短くなるという、接写リング。

理屈原理は、ぐぐってもらうとして、実際に撮影したものを確認してみてくださいな。

2013年9月 7日

サウンドバー「HT-ST7」、当店常設展示開始&レビューだいっ!その2(音質チェック編)

↑当店、BRAVIAコーナーに、絶賛展示中の、サウンドバー「HT-ST7」

とにかく、一度は聴いてみた方がいい。
映画も、、、ジャンル問わず。恋愛モノ、お笑いモノ、ドンパチモノ、時代劇、、、なんでも。
そして、音楽。こちらも、ジャンル問わず。AKBから、演歌まで。
さらに、ニュース、バラエティ、、、

とにかく、すべてにおいて。音が出るものすべてが、、、レベルが違う、次元が違う。

2013年8月28日

サウンドバー「HT-ST7」、当店常設展示開始&レビューだいっ!その1(概要編)

DSC09800

※体がでかい→手が長い人じゃないと、1人で運ぶどころか、持ち上げることすら難しい。ハンドキャリーはやめましょう!^^;梱包重量24kgでございます。。。

8月8日、4種のシアタースピーカーシステムが、一斉に発表された。その中でも、特に、今回の製品「HT-ST7」が、注目の的。なんといっても、そのセレブな価格!これまでのサウンドバー2種は、ソニーストア価格で、29,800円、39,800円と、比較的リーズナブルな価格帯だったが、なんと、HT-ST7は、129,800円!!!いったい、なにがどう違うのか?

ということで、正式発売日31日を前に、本日入荷!
(AV機器は、発売日前に入荷するほうが、あたりまえなくらい)

すでに、がっつりさわり、、、「これはイケル!」と確信あり!
はっきり言って、音がいい。っていうか、この価格が許されるのは、高音質であること以外、考えられないし。

で、何回かに分けて、レビューしてみることに。。。

2013年8月 3日

NFCマウスレビュー!!(ソニー製じゃないけどね汗)

DSC00128

iBUFFALO Bluetooth3.0対応 BlueLEDマウス NFC tag搭載モデル ブラック BSMBB10NBK
amazon価格 1,665円(2013年8月3日現在)
↑NFC関係なく、安い・・・。

かざす ワンタッチ・・・ソニーさん的には、押せ押せの、NFC。
ペアリング操作を、かざすという行為で代用してしまう、お手軽な機能。

すでに、ソニー製品としては、ヘッドホンや、オーディオ機器など、たくさん発売中だけど、、、なぜか、マウスだけは、いまだに未発売;

しびれを切らして、ソニーショップな当店では、バッファロー製のNFCマウスを販売開始!ソニーさん、頼むぜ!

ってことで、そのNFCマウス「BSMBB10N」を、レビューしてみよー。

2013年7月31日

あなどれないコストパフォーマンスのNFC対応Bluetoothヘッドホン「DR-BTN200」実機レビューだいっ!

めりこんでますが、なにか?

DSC09983

ワンタッチ接続(NFC)機能搭載でスマートフォンとのペアリングや接続がワンタッチで完了。安定した装着感のワイヤレスステレオヘッドセット DR-BTN200 ソニーストア8,980円

どうでもいいことだけど、、、
どうしても、オーバーヘッドタイプのヘッドホンは、頭に「めりこむ」から、ソニーさんもう少し余裕のあるサイズ作ってよと、言いたくて、写りがわるいけど、この写真をあえてトップに持って来たという。。。(長っ)

っていうか、、、MDR-1RBTが、S-master搭載だから、これじゃないと、BTヘッドホンとしては、どうなのよ?っていう人の気持ちもわからないでもないけど。

あれはあれで、王道というか・・・価格的にも、高音質なのは当然と。

そのMDR-1RBTの価格は、このDR-BTN200 4個分くらいっていう、、、そんなヘッドセットを敢えてレビューするのには、わけがある!

2013年7月29日

VAIO Pro11に最適な、ドッキングステーションはこれ!だと思う^^;

DSC00115

↑まちがった使用方法。。。

大切に使ってる、Pro11|red editionが・・・

「HDMI端子付近に、こまかーい擦り傷がっ!!!!」

毎日毎日、HDMIケーブル抜き差ししてるから、端子のカドッコで、ごりってやっちゃったのかも(泣)

2013年7月25日

<注文殺到御礼!>VAIO Pro11専用薄型キャリングケース/横型 店長野田目線レビュー。(Pro13も該当っす)

DSC09998

ケースに入れたままでも本体充電やUSBコネクターを使用できる、VAIO Pro11専用薄型キャリングケース/横型 VC315 6,510円(税込)

7月3日発売開始以降、、、どんどん、がんがんとご注文をちょうだいしております、バンナイズ製Pro11専用キャリングケース。

まずは、、、申し訳ございません。生産が全く追いついておりません。
現在20日以上の納期目安となっておりますm(_ _)m

が、生地や、ぬめ革ストッパーの色の組み合わせによっては、納期が早まる場合もありますので、お急ぎの方は、あきらめずに、是非、一度、ご注文前にお問い合わせいただければ・・・。

さて、、、ようやく、店頭展示用を確保できたので、店長野田目線により、改めて、このケースをご紹介しよー。

特長全般を網羅してるのは、当店オンラインショップページ。おさらいを兼ねてそちらもどうぞ

2013年7月13日

XperiaA専用、硬い硬いガラスフィルム買ってみた。

ha
SPIGEN SGP Xperia A SO-04E シュタインハイル GLAS.t SLIM リアル スクリーン プロテクター

買ったのは、当店スタッフ、くらもっちゃん。

なにげに、iPhoneユーザーだった、くらもっちゃん。周囲の白い目に耐えかねたのか、ついに、Xperiaデビュー!

ケース使わない派のくらもっちゃんには、この硬い硬いガラスフィルムが最適っしょ?

| Category : , ,
2013年6月23日

店長野田が買った、VAIO Pro11 red edition まずは、開梱から。。。

DSC00975
↑大きな違い、、、わっかるかなぁ?

みなさんより、1日遅れ(タブン徳島だから?)で届いた、店長野田のVAIO Pro11 red edition。。。さすがに、日曜日にじっくりさわる時間もなく、とりあえず、開梱して、、、ご来店のお客様にモデルとなって活躍した程度・・・。

ってことで、ソッコー、開梱模様をお届け・・・

※ブログ最後に、冒頭の写真の「大きな違い」について・・・。

2013年6月 6日

いまだ売れ続ける「HT-CT260」の、待望のHDMIモデル「HT-CT660」ガツンとレビュー!!!

DSC09826
↑ソニーさん、CT260売れ過ぎちゃって調子乗って、、、CT660は梱包箱をカラーに?!

さぁ、やってきました。満を持しての登場。「HT-CT660」!!

あの、、、まだまだ現役機種にしてすでに「殿堂入り製品」と言える「HT-CT260」に、、、まさかの、上位モデル登場の噂が舞い込んだのが、4月。
そして、、、6月1日、、、いよいよ、HDMI対応の「HT-CT660」発売だっ!!!

改めて、なぜCT260タイプのスピーカーが大人気なのか?その辺も含めて、CT260 vs CT660 も解説しつつ、がっつりとレビューしてみよー。

2013年5月 9日

付属アプリの進化に期待。ポータブルワイヤレスサーバー「WG-C10」、かなり、実践的なレビュー!

DSC03799

遅レビューとなってしまった、ポータブルワイヤレスサーバー「WG-C10」。
遅くなった理由は、、、まぁ、好き嫌いがはっきりな性格の店長野田らしいというか、、、どーも、WG-C10を、好きになれず。なんか、しっくりこないんすよ。このアイテム。。。

最大の理由は、付属アプリ。ほんの一工夫で、劇的に快適になるのになぁ。。。

2013年4月26日

アクションカム用ドッグハーネス「AKA-DM1」を試す!っていうか、遊んだ!

WS000009
ドッグハーネス「AKA-DM1」ソニーストア価格4,880円

ソニーのアクションカムをこれにドッキングさせ、このハーネスをわんこに背負わせる。

わんこ目線に近い撮影ができちゃうぜ!っていう、愛犬家にはよだれもののアイテム♪

2013年3月 9日

ズームレバーなミラーレス一眼「NEX-3N」ゆる~くレビューしつつ、店頭展示スタート!

DSC09687

昨日発売開始となった、、、NEXシリーズ初のズームレバー搭載の「NEX-3N」。
女子カメラのカラーが強いだけに、ゆる~い感じでレビュー!

2012年6月14日

サイバーショット最上位機種「DSC-RX100」<開梱の儀>

正式発売日を明日に控えて、1日早く、サイバーショット最上位機種「DSC-RX100」が入荷!

まず、今回は、開梱までを簡単に。。。

1 2 3

最近よく読まれてます

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ