« ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」でまちがった遊び方。。。 | メイン | デジカメウォッチに載ってる、α7開発陣インタビューが面白い。。。 »

2013年11月22日

今日はまじめに、ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」レビュー<開梱と外観眺める編>

DSC00500

各方面より、様々な反響のあった、昨日のブログ・・・^^;

今日は、ちゃんとしてみようと思う・・・(汗

DSC00501

DSC00502

まず最初に出てきたのが、、、キャリングケース!

DSC00503

DSC00504

↑固定用ベルトと、、、ストッパー付きのポケット。。。
収納の具合は、のちほど。

DSC00507

簡単なスタートガイド。。。
これだけ読めば、即使用できるかと。読まなくても大丈夫な人も多そう。

DSC00508

↑もちろん、発泡スチロールなんかは使ってないね。

DSC00509

↑いっきに、どさっと。

・ヘッドマウントユニット&バッテリーユニットとそのUSB充電器
・プロセッサーユニットと、そのACアダプター
・ヘッドホン&イヤーピースたち
・ライトシールド(下) っていう遮光ゴム(ブーメランみたいなの)
・耳元につけるケーブルホルダーと、バッテリーユニット用スタンド
・HDMIケーブル1.5m

これで、一式。

DSC00510

↑まず、めんどくさい、ライトシールド(下)取付作業から。
丸いポッチが、4つ見えるけど、それ以外にもいくつかあって、ちょうどその真裏にゴムのツメが配置されてる。そのツメを本体にねじ込むんだけども、、、丸いポッチを目印にして、そのポッチをツメでぐっと押すと、ぶちこみやすいかも。

DSC00511

↑ライトシールド(上)は、出荷時に装着されてるけど、これも同様にゴムツメで固定されてる。もちろん、ひっぱれば簡単にはずれる。
これら、ライトシールドの上下で、かなりの遮光性が確保されてる。「顔の形状」にもよるんだろうけど、店長野田は、店内の明るい場所で装着しても、画面にちょっと集中してしまうと、光が気にならなかった。さすが、3世代目にもなれば、改善されてるよなぁ。

DSC00513

左がヘッドマウントユニットに直付けされてるバッテリーユニット。
右がプロセッサーユニット。
この2つの接続は、無線でも、HDMIケーブルでも、どちらでもOK。
プロセッサーユニットは、大幅に小型化されてるのがわかる。

DSC00514

↑バッテリーユニット。microUSBは、充電用。充電器は付属してる。
HDMI端子は、MHLも対応。いわゆる親機となる、プロセッサーユニットとHDMIケーブルでつなぐもよし、、、

DSC00411

↑カメラや、スマホといった、HDMI出力機器と直接つないで、、、完全モバイル状態で楽しむもよし。。。

DSC00541

↑ひっそりと付属している、スタンド。

DSC00515

↑プロセッサーユニット。

前面にあるHDMI端子は、ヘッドマウントユニット専用。

裏面。HDMI入力は3系統。HDMI OUT(TV)端子は、テレビへ接続。パススルー設定を「入」にし、電源オフすると、テレビへ出力される。ヘッドマウントと同時出力はできない。

DSC00519

↑付属のケーブルホルダーで、バッテリーユニットへのメインケーブルと、ヘッドホンケーブルを束ねたとこ。これ、結構、いい仕事してる。

DSC00520

↑両目用のレンズは、左右独立して、左右に調整可能。これやらないと、まともに画像が見えない。楕円のパッドは、さらに面積が広くなり、額の負担が軽減されている。

DSC00523

↑額のパッド、、、これも調整幅は案外広い。
撮影時、片手で持ってるが、、、明らかに旧モデルより軽く感じる。

DSC00527

↑前後に1cm動く。たかが1cmと思うなかれ。目の周りに対して、額が1cm出てるか出てないか。十分すぎる調整範囲だろう。

DSC00531

↑固定用のベルトは、右下へ伸びてる角度固定されてるのと、大きくスイングするのと、2本。スイングベルトの角度と、それぞれのベルト長さの調整で、がっちりと固定する。

幅広パッドの前後調整、2本のベルト調整、左右のレンズの位置調整。これらをしっかりと自分にあわせることで、快適に映像を楽しむことが可能。
軽量化され、安定して固定できることで、疲れづらい。また、遮光性もいいし、映像にずっぽりと没入できる。

DSC00558

↑はい、最後に、キャリングケースに納めたところ。もちろん、プロセッサーユニットの収納は想定されてない。

DSC00560

イマイチ、持ち運ぶシーンがイメージできないんだけども^^;

次回は、、、実際に3D&2D映像を見ての、レビュー。。。

-----------------------------------------------------

ヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T3W」でまちがった遊び方。。。

WS000002

詳細など、、、ソニーストアへ

(12月27日11時まで、下取り強化キャンペーン中)

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
不動の人気!クラムシェルモデル
広角からズームまでこだわり表現を実現。αレンズ
高品質ヘッドホンMDRシリーズ新発売!
スマートフォン関連商品
スマートフォンに見てるだけでも楽しいアイテム。ソニー製品コンプリート!
コメント(0)
関連記事

最近よく読まれてます

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

「店長、、、電源2回押したら、カメラが起動するんだけど?」 お客様から、そんな...

ソニーストア札幌オープン!当日と前日プレオープン取材。。。

ソニーストア札幌オープン!当日と前日プレオープン取材。。。

4月1日(土)、ソニーストア札幌が、オープンとなった。 前日のプレオープンでは...

STFレンズ「SEL100F28GM」がきーたぁあ!

STFレンズ「SEL100F28GM」がきーたぁあ!

2月14日(火)に先行予約販売開始。本日発売の、STFレンズ「SEL100F2...

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

カメラ関連

カメラ関連商品

オーディオ関連

カメラ関連商品

スマフォ,ファブレット関連

スマフォ関連商品

VAIO関連

VAIO関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ