« LiSAと、ウォークマンAやMDR-10RCのコラボモデル、明日6月18日(木)11時から販売開始! | メイン | LED電球スピーカー「LSPX-100E26J」は、非日常を演出してこそ、価値がある! »

2015年6月18日

Xperia Z4 Tabletは、パソコンだっ!( ̄^ ̄)キッパリ!

Screenshot_2015-06-18-14-21-22

いつもなら、「Xperia Z4 Tabletがやってきた<開梱&外観眺める編>」なんて感じで、発売日にはブログ書くとこなんだけども。

Xperia Z4 Tabletに限っては、

「ビジネスパソコンとしての可能性を探る!」

これが、最も重要なところだと思うんで、いきなり↑見積書を作ってみた。

っていう、話が、今回の本題!
もちろん、お決まりのコースははずせないのだ。。。

●開梱

DSC05369

↑Xperia Z4 Tabletと、専用Bluetoothキーボード「BKB50」

この、、、梱包状態で並べて、ファインダーのぞく瞬間、、、興奮で鼻息が荒い・・・(笑

DSC05370

↑75,880円+税という、高級なXperia Z4 Tablet。梱包自体、結構しっかりしてて、「さぞかし、お高いんでしょう?」っていう、言葉が似合う(ぇ

DSC05371

↑本体の下には、、、おおおおっと、こんな小技、お初だ。
見ての通り、シンボル的な上の2つは、充電器とケーブル。
下のは、、、そう、、、マニュアルを意味するシンボルだ。

DSC05374

↑100V→USB充電器と、USB-microUSBケーブル。

DSC05376

↑充電器は、出力1.5A。

DSC05373

↑マニュアルのシンボルのほうは、ほら、開けると、紙モノ類が。

DSC05372

↑紙モノ類勢揃い。

●外観眺める

DSC05377

↑最初からついてるフィルムは、いらない。ジャマ。タッチ精度落ちる。画質落ちる。
理想は、裸族。なにも貼らない。でも、傷ついたらシャレにならないと思うなら、フィルムは、転ばぬ先の杖。

DSC05378

↑Xperia Z2 Tabletを持ってる人、、、じっくり眺めたことがある人、、、そんな人なら気づくはず。あれ?Xperia Z4 Tabletの背面塗装が、なんか違うと。。。

DSC05383

↑わっかるかなぁ・・・?左がXperia Z2 Tabletで、右がXperia Z4 Tablet。

Xperia Z2 Tabletは、表面がマットで、ややツルツル。
Xperia Z4 Tabletは、同じくマットなんだけど、ザラザラ。

Xperia Z2 Tabletは、皮脂シミが、すごく目立つんだけど、Xperia Z4 Tabletは、ざらざらのおかげであまり気にならない。
ちなみに、ホワイトボディーのほうは、どちらも皮脂シミは目立たない。

とまぁ、そんな違い。

DSC05384

DSC05389

↑ボディーカラーはブラックとホワイトの2色。
背面見る限りは、ただの色違いだけど、画面のほうを見ると、額縁が、目立つか目立たないかで、かなり印象が異なる。

DSC05388

↑側面ぐるりも、色が違う。ブラックの方は、オールブラックで統一されてるが、ホワイトの方は、シルバーとの組み合わせ。

DSC05379

↑microUSBは、向かって右側面。もちろん、Z4シリーズだから、キャップレス。そのまんま、水へずぼっとOK♪

DSC05381

↑トップ部。ヘッドホン端子ももちろんキャップレス。
唯一、microSDスロットにカバーがつく。

DSC05382

↑microSDスロットの横に、、、LTEモデルに使用する、SIMスロットと、その上に、引き出し式で、型番やシリアルナンバーやら。。。そのおかげで、本体表面には、どこを探しても、「SONY」「XPERIA」「(NFCロゴ)」以外は、一切なし。ますます、XPERIAシリーズはこのあたり徹底してて、おじょうず♪
あ、「microSD」の文字もあるか。
どこぞの不細工なキャリアロゴなんかあると、この素敵なデザイン台無しだもんねっ!(キリッ

DSC05390

DSC05391

Xperia Z4 Tablet(上)=約 幅254mm×高さ6.1mm×奥行167mm 389g
Xperia Z2 Tablet(下)=約 幅266mm×高さ6.4mm(最厚部6.7)mm×奥行172mm 426g

画面サイズ同じながら、、、3サイズに重量と、なにもかもが、ブラッシュアップされてる。
この数字通り、持った瞬間、そのブラッシュアップっぷりを肌で感じることができる。うすかるっ!!!

Screenshot_2015-06-18-13-19-14

↑ささっと初期設定を済ませたところ。やはり、Android5.0は、デザインが洗練されてる印象。

●専用Bluetoothキーボード「BKB50」

DSC05393

↑素晴らしいデキバエの、専用Bluetoothキーボード「BKB50」

DSC05394

約15-17mmのキーピッチに、約1.2mmのキーストローク。

ブラインドタッチも楽勝。

このキーボード使えば、Microsoftが、Windows8でやろうとしたけどできなかった、タッチパッド(マウス)+キーボード+タッチパネルの、ハイブリッド操作が、完璧に可能。

キーボードには、Android用として、随所に工夫が施されてる。

Fnキーとファンクションキーを使う、VAIOではおなじみのショートカットが用意されてる。画面輝度、音量、プレーヤー操作、USBの検出、コピペ、Google検索が、割り当てられてる。 Androidならでは。
さらに、これまた、PC用キーボードではありえない、バックキー、ホームキー、メニューキー、電源ボタン、通知バーボタンが、単独で配置されてるのも、使い勝手を大きく向上させている。
また、、、かななしキーボードになっているから、海外共通の英字キーボードかと思いきや、半角/全角キーが配置されており、日本専用モデルであることがわかる。ソニーさん、かなりの力の入れよう。ステキっす。

DSC05396

↑可動式の、Xperia Z4 Tablet取付部。ゴムが表裏2カ所、合計4カ所しこまれてて、がっちりとホールドする仕組み。取付方法は、、、ズボっとつっこんで取付けて、ぐいっと引っ張って取り外す。意外にも力技なのだ^^;(決して、ムリヤリ感はないので、誤解なきよう)
この取付部のマッチョっぷりにより、Surfaceみたいに、本体背面につっかえ棒(平たいスタンドだっけか?)がいらないのだ。

DSC05397

↑背面にNFC。その近くには、電源スイッチと、Bluetoothボタン。

DSC05398

↑ノートPCにしか見えない。

DSC05399

DSC05400

DSC05401

↑閉じたところ。

はさみこんでる部分は、少々厚みがでるのはしょうがないにしても、なんせ軽い。
Xperia Z4 Tablet 389g+キーボード356g=745g。

DSC05402

↑公称125度(±5度)とのこと。

DSC05403

DSC05404

DSC05405

↑本体ホワイトとセットで。
キーボードはブラックカラーのみなので、本体ホワイトとセットだと、ツートンカラーに。

●パソコンだな、これ。。。

Screenshot_2015-06-18-14-02-47

↑専用Bluetoothキーボード「BKB50」 と接続すると、、、画面下に、クイックランチャーアプリが自動起動して常駐。通常のタッチ操作だけじゃなく、タッチパッドやマウス操作がしやすい。さらに、左隅の山アイコンをタップすると、

Screenshot_2015-06-18-14-02-58

↑Windowsのスタートメニューのごとく。。。すげ。

とりあえず、ビジネスマンの必須アプリ、Excelを起動してみようか。

ちなみに、、、

Screenshot_2015-06-18-13-22-59

↑ワード、エクセル、パワポといった、「

Microsoft Office for Android Tablet」が、プリインストールされてるのだ!

Screenshot_2015-06-18-14-04-05

↑マイクロソフトアカウントでのログインが必須。じゃないとビューワーとしてしか使えない。アカウント持ってなけりゃ取ればいいだけ。もちろん無料。

Screenshot_2015-06-18-14-20-53

↑見積書を作ってみた。さすがに、ゼロからじゃなくて、PCで用意したひながたを使ったけど、機能的にはゼロからだって十分作れる。
別にもっさりしてることもないし、、、なんせ、タッチパッド使えるし、Bluetoothマウス使えば、マウス操作もできるわけで。 テキスト入力も、キーボードのおかげで楽ちん。
AndroidOSだから、作業の途中で、簡単にスリープ、復帰ができるし。とにかく、操作に気を遣う必要がない。
データは、Oneドライブ、Dropbox、Googleドライブと、、、クラウドの選択肢は沢山あるから、それらを付けば、メインPCとのデータ同期も楽勝。

ってことで、想像以上に、Officeアプリ使って、生産性のある作業ができるということが、よくわかった。

で、、、今、このブログ書きながらふと思ってやってみたら、、、

DSC_1189

↑わぉ!縦画面もフツーにできるじゃねぇかよ!
A4縦書類作るなら、こっちのほうがずっと効率いいしぃ。
ヒンジ部のあの4つのゴム、、、妙に内側に寄ってると思ったら、まさか、、、ソニーさん、縦でもうまくはさめるようにっていう計算か?

とはいえ、、、安定して、絶対倒れないっていうわけではないので、メーカー推奨ではない使い方なんだろうね。いやぁ、でも、便利だよ、これ。PCじゃぁ、回転式外部ディスプレイ使わないとできない芸当だし。

●まとめ

幅254mm×高さ6.1mm×奥行167mm 389g

出張するなら、どうにでもなるような、、、カバンのなかに滑り込ませられるサイズ。
これに、356gのキーボードを追加(合計745g)すれば・・・
メールもブラウズもOKで、Officeアプリも使える。。。
タブレット単体で、プレゼンとかしちゃったり、、、
MHLケーブル持っとけば、出先の地デジテレビに映したりもできたり。
移動中も、スマホにテザリングで、ネットつなげちゃえるし。おっと、移動中、ネットもいいけど、ちょっといいヘッドホンも持っとけば、ハイレゾも聴けちゃうぜ!
夜は、タブレット単体で、風呂で映画でも見ちゃって・・・。

いつも持ち歩く、1kg少々のノートPCに、300gくらいのACアダプター、あわせて1.5kg少々くらいの重量物がいらないかも?あれ?半分の重量に?!

タブレットの充電器?いやいや、スマホ用に持ち歩いてるのがあるでしょ?っていうか、17時間もバッテリー持つんだから、充電しなくてもいいかも?

お、お客さん、どう?この妄想のデキバエは?

-----------------------------------------------------

Xperia Z4 Tablet製品情報、ご注文はこちら

・3,148円/月の手数料1%なんてのもあり。キーボードとセットでも、月々3,796円!!!!
・最低買い取り価格13,000円キャンペーンもあり
・オリジナルトートバッグやスリーブケースもある!

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
不動の人気!クラムシェルモデル
広角からズームまでこだわり表現を実現。αレンズ
高品質ヘッドホンMDRシリーズ新発売!
スマートフォン関連商品
スマートフォンに見てるだけでも楽しいアイテム。ソニー製品コンプリート!
コメント(0)
関連記事

記事まとめページ

ホームシアター

店頭レンズ展示中

人気記事

当店運営のオンランショップ

読書ならReader

Reader(TM) Store
Reader(TM) Store
バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ