« 年末年始は、moraで散財^^; | メイン | <備忘録も兼ねて>Facebookメッセンジャーアプリ、チャットヘッドを非表示にする方法 »

2017年1月10日

内蔵メモリーが64GBへ倍増した、新型ハンディカム「HDR-PJ680」「HDR-CX680」発表。

calltencho_2017-1-10_19-39-9_No-00

市場想定売価ハンディカム
HDR-PJ680 市場想定売価80,000円+税
HDR-CX680 市場想定売価65,000円+税
※1月13日(金)10時先行予約販売開始

プロジェクター搭載のPJ680、プロジェクターなしのCX680。それぞれ、全モデル同670型番からの後継新型モデルとなる。

img_001

左:『HDR-PJ680』
右:『HDR-CX680』

カラーは、ホワイトとブロンズブラウンで、CX680のみレッドを用意。
カメラと言えばブラック!という、そのブラックがないのが面白い。。。

全モデルからは、内蔵メモリーを倍増しただけで、他の機能は同一。
最大の特長は、やはり、強力な手ブレ補正を実現する「空間光学式手ブレ補正機能」だ。

8万円と6.5万円。。。2Kモデルとしては、最上位モデルと2番目のモデル。んー、安くなったもんだ。

なお、4Kモデルは、今回新モデルの発表はなかった。

-----------------------------------------------------

ソニー ハンディカム

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
不動の人気!クラムシェルモデル
広角からズームまでこだわり表現を実現。αレンズ
高品質ヘッドホンMDRシリーズ新発売!
スマートフォン関連商品
スマートフォンに見てるだけでも楽しいアイテム。ソニー製品コンプリート!
コメント(0)
関連記事

最近よく読まれてます

超単焦点プロジェクター「VPL-VZ1000」の設置を考えつつ、専用RISHRAQについても検討してみる。

超単焦点プロジェクター「VPL-VZ1000」の設置を考えつつ、専用RISHRAQについても検討してみる。

先日のブログのつづき。超単焦点プロジェクター「VPL-VZ1000」発売延期の...

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

「店長、、、電源2回押したら、カメラが起動するんだけど?」 お客様から、そんな...

根強い人気「VAIO Z 2016年モデル」、総集編。

根強い人気「VAIO Z 2016年モデル」、総集編。

今年2016年1月27日にVAIO社VAIO Zの2世代目として生まれ変わっ...

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ