« ワイド保証のすすめ。。。 | メイン | <改>ウォークマンWM1シリーズや、A30シリーズで、スクリーンショットを撮る方法。。。タブン、ZX300、A40もイケルはず。(ZX300その後について) »

2017年9月11日

4K HDRホームシアタープロジェクター『VPL-VW745』,4Kビデオプロジェクター『VPL-VW245』先行予約販売開始!

001

4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VW745

2017年12月9日発売予定 ストア価格 1,530,000 円+税

02

ビデオプロジェクター VPL-VW245

2017年10月21日発売予定 ストア価格 494,880円+税

こんにちわ!スタッフみっちーです!
店長が不在のためサクッとご紹介します。

先ほど、4K ホームシアタープロジェクター『VPL-VW745』とビデオプロジェクター『VPL-VW245』が ストアにて先行予約販売を開始いたしました!
発売は2017年12月9日と10月21日予定です。


002

ビデオプロジェクター VPL-VW745

レーザー光源の採用により、2,000lm(ルーメン)の高輝度と約20,000時間の長時間使用を実現

002

レーザー光源(Z-Phosphor)をホーム用ビデオプロジェクターの光源に採用。
レーザー光源(Z-Phosphor)により、映像の入力信号に合わせ遅延のない調光が可能。
全体の明暗の差が大きいHDRの映像も、暗い箇所から明るい箇所まで黒つぶれや白とびすることなく細部まできれいに表現します。

ソニー独自のネイティブ4Kパネルとレーザー光源搭載モデル


003

ソニー独自のネイティブ4K(4,096×2,160)パネル「4K”SXRD”」採用。これにより高精細かつ自然な表現が可能。
フルHDの映像信号(3Dを含む)をより高精細な4K(水平4,096×垂直2,160画素)映像信号に変換します。

004

ビデオプロジェクター VPL-VW245 (B)ブラック (W)プレミアムホワイト



明るく高品位な映像再現


005

送業界で対応が進み、4Kブルーレイディスクに採用されているHDR10方式、放送で採用されるHLG(Hybrid Log Gamma)方式に対応。
全体の明暗の差が大きい映像でも細部まできれいに表現が可能になり、「立体感」、「奥行き感」、「精細感」が増し、よりリアルな映像が楽しめる。
高い光の利用効率を誇る「4K SXRD」や225W高圧水銀ランプの採用により、1,500lm(ルーメン)という高輝度を実現。
さらに、ランプ寿命6000時間で長く使える。

>4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VW745発売は2017年12月9日予定。

>4K ビデオプロジェクターVPL-VW245発売は10月21日予定。

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
ヘッドホン・イヤホンはやっぱりソニー
コメント(0)
関連記事

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ