« 2017年秋冬ソニーストア定期クーポン発表。。。前回の春夏と全く同じ。 | メイン | VAIOスペシャル動画の新バージョンが、秀逸♪ »

2017年9月21日

久しぶりに、新型VAIO発表!S11、S13、S15(Zはなし)

calltencho_2017-9-21_13-21-31_No-00

本日13時、新型VAIOが発表された。

VAIO S11、S13、S15。VAIO Zは今回なし;;

S11、S13は、本来、それぞれ別設計だったものを同一設計(マザーボードは共通!)とし、シャーシーから見直し、派手な変化はないものの、着実な進化を遂げ、フルモデルチェンジとなった。
また、S15は、シャーシー変更ないものの、大きくブラッシュアップされた。

ソニーストア

●軽量化、スタミナ、端子充実、、、フルモデルチェンジのVAIO S11

s11_5_486_320

VAIO S11 ソニーストア価格104,800円+税 9月29日頃お届け
※LTEモデルは、10月27日(金)発売

2年ぶりの新型。。。長かった。

新S11では、シャーシーから見直され、S13との共通設計となった。
天板に、VAIO Pro13からおなじみの「東レ製 UDカーボン」を採用。強度を確保しつつ、軽量化に成功し、前940gから、100gもの軽量化に成功。約840gとなっている。このクラスでの100gの違いは相当なインパクト。持てばすぐにわかる。「軽っ!」と。
軽いといっても、バッテリー持ちは、、、逆にすごい。なんと、最大14.5時間~16時間とかなり頼もしい。LTE接続ですら、約7.7時間という。。。

s11_7_486_365

↑VGA端子、HDMI端子、LAN端子、USB 3.0×3、SDスロット
もちろん、HDMIは、4K出力可能で、同時出力は、HDMI+D-subが可能で、3画面オペレーションが可能。

また、インターフェースも変更。かなり思い切った判断と言えるが、USB Type-Cをドロップ。まだまだ、普及の段階と言わざるを得ないType-C、、、将来よりも「今」を選択した苦渋の決断だっただろう。そして、HDMIを追加。これまた、当初、ビジネスPCとして、HDMIをドロップし、D-Subを搭載したものの、、、一度は、VAIOから消え去った端子だけに、賛否がわかれるところだった。ってことで、どっちも搭載しちゃえ!っていう単純明快な判断。結果、Type-Cの代わりに、HDMI。といった、順当な選択と思える。

とまぁ、大きな特長はこんな感じ。派手な特長はないものの、VAIO社の言うところの「ビジネスPC」としては、よくまとまってる感じ。

s11_4_486_320

↑久しぶりに、指紋センサー搭載(Windows Hello対応)。なぞるタイプでなくて、ちょんと置くタイプ。

DSC09948

↑驚くほど小さいセンサー!!!

DSC09934

↑S13と同じく、2ボタン式タッチパッド搭載になった。キーボード剛性もあがり、打鍵感も向上していた。

calltencho_2017-9-21_14-25-52_No-00

LTEバンド対応も拡大。↑国内3大キャリアの対応&新旧VAIO S11の対応状況一覧。(クリックで拡大)

Windows10のデータプラン対応SIMが同梱されているのも、面白い試み。
手続き不要で、Windowsストアからプリペイド式のデータプランを購入できる。1ヶ月10GB分が無料でついてくるのも、うれしい。

さりげなく、CTOカスタマイズのパターンも激増している。。。

↑キーボード水かけ試験

かなり衝撃的な試験動画。
150ccの水を、キーボードにザブリと。。。
3分後に、正常シャットダウン操作ができた。

これを保証してるわけではないと言っても、万が一のときには心強い。その他にも、様々な品質試験を行った動画を、VAIO社ホームページで公開している。

VAIO社品質試験動画

ソニーストア

●モバイル性能に磨きをかけた、「VAIO S13」

s13_1_486_320

VAIO S13 ソニーストア価格104,800円+税 9月29日頃お届け
※LTEモデルも同じデリバリー状況!

ついに、LTE搭載が可能になった。また、前モデル10時間少々のバッテリー持ちが、今回約12.5時間と一気に伸びた。また、S11にはかなわないながら、重量も、約1.06kg、最薄部15mmと相当がんばってる!

冒頭でふれたが、今回、S11とS13は、共通設計。いわば、画面サイズ違い。

s13_7_486_320

インターフェース、指紋センサー、2ボタン式タッチパッド、S13に新搭載のLTEモデムといった点も、S11と同等。

s13_000

ということで、、、S11? or S13?画面サイズと重量違い。。。
結構悩ましいかも。。。

ソニーストア

●デスクトップ級のパフォーマンス「VAIO S15」

img_area1_main

VAIO S15 ソニーストア価格89,800円+税 9月29日頃お届け

カタログスペックには表れない、、、タッチパッド感度が大きく改善されている。そして、2ボタン式に。このサイズのPCはマウス操作が基本だろうが、地味とも思える改善だが、大歓迎。
CPUは、第7世代Hプロセッサー。PCIe第3世代SSDや、大容量1TBハイブリッドHDDも選択可能に。

フルモデルチェンジではないが、、、地味にユーザーの声をうまくとりこんだ進化にまとまってる印象だ。

ソニーストア

-----------------------------------------------------

当店店頭では、9月29日(金)の展示を予定。

当日は、実機開梱からのレビューブログを予定中。

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
ヘッドホン・イヤホンはやっぱりソニー
コメント(0)
関連記事

最近よく読まれてます

待望のドルビーアトモス対応サウンドバー「HT-ST5000」がやってきた!

待望のドルビーアトモス対応サウンドバー「HT-ST5000」がやってきた!

ドルビーアトモス対応サウンドバー HT-ST5000 ソニーストア価格159,...

「α7RⅢ」と、「SEL24105G(FE 24-105mm F4 G OSS)」がやってきた。

「α7RⅢ」と、「SEL24105G(FE 24-105mm F4 G OSS)」がやってきた。

α7RⅢ ILCE-7RM3 ソニーストア価格369,880円+税 >製品ペー...

α7RⅢ、SEL24105G、ソニーストア大阪実機レポート。

α7RⅢ、SEL24105G、ソニーストア大阪実機レポート。

一昨日、展示解禁となった、α7RⅢと、SEL24105G目当てに、ソニーストア...

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ