« ノイキャンワイヤレスヘッドホン三兄弟「1000Xシリーズ」まとめて、開梱して眺めて、、、スマホとウォークマン同時使用して、例のアプリを使っちゃう。 | メイン | ブリスさんこの場を借りてお詫びします。というくらい、予想を裏切り高音質な、「STR7Ref. OFC Pentaconn L型Φ4.4mmプラグ-MMCX」実機レビュー »

2017年10月 6日

ウォークマンZX300、A40の新機能「USB DAC」を、様々なパターンで遊んでみる(自作ケーブルとかも)

DSC00594_1

ZX300、A40の目玉機能「USB DAC」。
PCつないだり、スマホ/タブレットつないだり、、、ウォークマンつないだり。
が、接続ケーブルを用意するのが、プレーヤーによっては、なかなかやっかいで。

今回は、そのケーブル類をいろいろ吟味してみたいと思う。

●PC接続

これが最も簡単。
ウォークマン付属の、WMケーブルをPCとつなぐだけ。
っていうか、PCから充電したり、音楽データ転送するとき、、、いつもと全く同じ接続でOK。

その際、Windows機に限って、「USB-DAC機能用ドライバー」が必要。

calltencho_2017-10-6_18-9-50_No-00

ウォークマンサポートサイトからダウンロード

※ソニーさんが動作確認をしたのは、以下のとおり
Windows 10 Home/Pro (32bit/64bit)
Windows 8.1 (32bit/64bit)
Windows 7 (SP1, 32bit/64bit)

インストールは、簡単過ぎるので、割愛。ダブルクリックして画面の指示にしたがってすすめるだけ。再起動もいらない。

ソニーさんのオススメは、Music Center for PCだけど、我々ウォークマンユーザーみーんなが使っているのは、「Media Go」。USB-DACとしてウォークマンを使う場合も、プレーヤーソフトとして、Media Goを使う。

calltencho_2017-10-6_17-58-11_No-00

↑Media Goも簡単な設定が必要。

ツール→ユーザー設定→オーディオ出力

ここで、ASIO機器を選択し、プルダウンメニューの中から、Sony Audio Driverを選択する。

PCのスピーカーから音を出す場合は、デフォルトの「Windowsサウンド」を選びなおす。また、他の機器で音を出す場合も、ここで変更する。
いつも、ウォークマンで音を鳴らすわけじゃなく、PCのスピーカーも使う場合は、よくお世話になる設定項目だから覚えておくべし。

ところで、、、冒頭のように、ハイレゾ・オーディオ対応ウォークマン専用クレードル「BCR-NWH10」を使う場合に限って、接続ケーブルが違う。

DSC00909

↑BCR-NWH10の背面。

接続端子が2種類と、その端子のどちらを使うか切り替えるためのスイッチがある。
PCと接続する場合は、スマホに使うケーブルの、microUSBケーブルでOKなのだ。そして、スイッチをPCへ切り替えておけば、PCと接続できる。

DSC00594_1

↑このとき、BCR-NWH10付属のACアダプターを接続して給電するのが必須なので、要注意。もちろん、ウォークマンの充電もOK。

このクレードル、、、後ほど、もう一度登場するので。

クレードル「BCR-NWH10」ソニーストア価格17500円 詳細は当店ブログで

さて、やっとウォークマンの出番。
こちらの操作は、ホームトップにある、「DAC」ボタンをタップするだけ。

screenshot_20171006_172747388

↑ちゃんと接続され、機器を認識すると、この画面になる。ちゃんとレベルメーターも付いてるから、雰囲気楽しめる。

もちろん、音質は、ウォークマンそのもの。PCの音とは思えない。いいね!

●ウォークマン接続

DSC00598

えーと、まず、非常に不適切な組み合わせなので、予めご了承ください^^;
っていうか、この組み合わせでなくっても、そもそも、ウォークマンをDAP(プレーヤー)として接続する需要は少ないと思うけどねー

ZX300をUSB DACとして、WM1ZをDAPとして、接続をしてみる。。。
(いや、そりゃ、逆なのはわかるけど、WM1Zは、USB DAC機能ないからねぇっ!全国100万人のWM1Zユーザーさんは、アップデートを首をながーくして待ってるんだよねぇ?ソニーさん早くしないと、暴動起きるよぉ!)

WMC_NWH10

↑必要なのが、これ。

NW-ZX2/ZX1/A10/F880シリーズ専用ハイレゾ・オーディオ出力用USB変換ケーブル「WMC-NWH10」ソニーストア価格3380円+税
ソニーストア

このケーブルをDAP(プレーヤー)となるウォークマンに接続し、フツーのWMケーブルを使って、ZX300 or A40と接続する。

PC接続同様、ZX300 or A40側では、DACボタンをタップするだけ。

ちょっと不格好だし、モバイル感ないけど、さすがに、こんな需要の少なそうなケーブルをソニーさんどころか、社外品でも出ないだろうね^^;

※おまけ

このUSB変換ケーブル「WMC-NWH10」は、実は、案外使い道があって。
まず、ウォークマンからハイレゾデジタル出力する方法について理解しておこー。
スマホでいうところの、「ホスト」として、ウォークマンを動作させないといけない。そのために、WMポートからウォークマンに「ホスト」として、デジタル出力しなさいという指示を与えないといけない。それが、この変換ケーブルであり、、、ソニーのポタアンPHA-シリーズ付属のケーブルであり。。。
「WMC-NWH10」であれば、この先にどんなUSBケーブルつないでも、ウォークマンからはデジタル出力されるから、例えば、いろんな他社製ポタアンをとっかえひっかえつなぐ場合にも、このケーブルさえあれば、とりあえず、つないで音はだせるわけだ。モバイル的にはかさばるからやはりそれぞれ専用ケーブルのほうがいいんだろうけど。
実際、この先に、USB-microUSBケーブルつないだもので、各PHA-(TA-ZH1ESも含む)すべて、音が鳴るのだ。

このとき、USB側、microUSB側ともに、リバーシブルのやつなんかにすると、すげー便利。ノーストレス
amazonで買った、1.2m3本セット1390円ので普段使ってます。

-----------------------------------------------------

もひとつ、別のパターンで接続することもできる。

DSC00599

↑さっき登場のクレードルBCR-NWH10。

DSC00909

↑DIGITAL OUT端子に、フツーのWMケーブルをつないで、スイッチを切り替えて、、、あとは、ZX300 or A40につなぐ。これでOK。
このとき、クレードル上のウォークマンも、WMケーブルでつながれたウォークマンもどちらにも給電されてる。。。ね、このクレードル便利っしょ。

●やはり、スマホとつなぎたい!

DSC00595

●その1

フツーのWMケーブルと、、、スマホをホスト役にすための変換ケーブル(USBメス-ホストmicroUSBケーブル。OTGケーブルとも言う)と。

amazonの検索結果

これ、取説にも掲載されてる方法で。

ソニーさんが、Xperiaと接続する用ってことで、製品化してくれてもいいのにねぇ。。。

※もちろん、typeCホスト変換ケーブルも市販されてるので。

-----------------------------------------------------

●その2

DSC00596

↑手持ちがなかったんで、写真は少々違うけど・・・5152xtd--kL._SY355_

↑microUSB-ホストmicroUSBケーブル
amazonで553円

※これで、片方がtypeCホストってのは、見たことないなぁ。

と、

WMP-NWM10

↑マイクロ USBプラグ変換アダプター「WMP-NWM10」ソニーストア価格933円+税
ソニーストア
※↑このアダプター、案外指名度が低くてねぇ。スマホのmicroUSBケーブルとこれがあれば、スマホもウォークマンもどっちも充電できるから、荷物が減る!安いし。ストラップホール付き!

タブン、この組み合わせが、「市販品」としては、一番スマートかと。

-----------------------------------------------------

●その3

DSC00597

↑店長野田改造による、WMポート-ホストmicroUSBケーブル

DSC00588

↑フツーのWMケーブルのUSB端子を、切り飛ばし、、、

DSC00590

↑USBの1ピン~4ピンまでが、どの色のケーブルと繋がっているかを一応テスターでチェックし、、、

271px-Types-usb_new

↑結局、一般的なピンアサインだったわけだけど。

これにあわせて、microUSBに半田付けする。ここで、microUSBは、ホストじゃないといけないので、4ピンと5ピンを短絡すること。

41gz0LQVXHL

今回使用した、microUSB端子は、↑これ。
amazonで、10個538円

※typeCのパーツは、信用できそうなのが結局見つからなくて。。。知ってる人おしえて。。。

ハンダ作業が終わって、導通短絡チェックし、実際に、音出しを確認したら、ケースをかぶせて、、、仕上げに、収縮チューブで補強&見た目補完。

DSC00591

↑はいできあがり。

自作だから、自由に長さは決められるけど。
よくある、DAPとポタアンをゴムバンドで固定する。っていうほど、密着した使い方なら、そもそも、ウォークマンで音聴くだろう!っていう考えで、、、スマホは、手元で画面見ながら、ポタアンとして使用するウォークマンはカバンや机の上に置くだろう!という想定の下、約1mの長さで作製。これが一番シンプル!
ちなみに、このmicroUSBにさっきの、WM変換アダプターを挿しても、ウォークマン-ウォークマンの接続としては成立しないので。。。

●まとめ

ZX300、A40、、、USB DAC機能、ほんとにステキっす。
便利だし、さまざまな音源が、自分の音で聴けるし。

「この音源いいよ!」

って人に言われても、人のイヤホンで聴いてもピンと来ないし、かといって、4.4mm、3.5mm、2.5mmと、いろいろプラグの規格が乱立してて、自分のイヤホンが人のDAPにつながるかどうかもアヤシイし。
一番いいのは、自分のウォークマンをDACにして、人のDAPをつないで聴く。
こんなケースがあると、面白いよね。ん?ってことは、どんなDAPが来ても接続できるように、いろいろケーブルやらアダプターやら持ち歩くことになるのか?また、荷物増える。。。

あとは、、、Media Goから、曲転送前に、PCをDAPにして、いつものイヤホン使ってウォークマンで試聴できる!これこそ、便利だよね。

個人的には、、、ソニーストア大阪への3時間近くのバス出張が多いから、車中で、ZX300をDACにして、Xperia Z3 Tablet Compactつなげば、Netflix、Hulu、、、星ドラプレイするのでも、最高の音色で楽しめるのが、なんともうれしい。

さぁ、ここで、WM1ユーザー、声を上げるのだ!!!!せーのーっ

「WM1にも、ファームウェアアップデートで、USB DAC機能実装をっ!!!!」

-----------------------------------------------------

●当店ブログ

ウォークマンばっかり

当店スタッフみっちーが作った、

calltencho_2017-9-15_19-5-53_No-00

ウォークマンZX300まとめページ

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
ヘッドホン・イヤホンはやっぱりソニー
コメント(0)
関連記事

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ