DRC-BT15(Bluetoothレシーバー)をUSBで充電したい!

ほぼ衝動買いのアイテムのひとつ、ワイヤレスオーディオレシーバー
DRC-BT15」。オーディオトランスミッター「WLA-NWB」との組み合わせで、
ウォークマンX をBluetooth化するという企み。。。が、、、イマイチ、
使い勝手が悪い。

SONY DSC

というのも、↑見ての通り、DRC-BT15は、どでかいACアダプターで充電する
仕様なため。。。本体よりでかい付属品なんて、持ち運ぶ気が起きない!

モバイラーにとっては、もう最悪の設計だよ。

いまどきのこの手のアイテムなら、USB充電でしょ?

 

 

★お約束
今回の実験は、当然、メーカー保証外のことなんで、もし、試してみる人、
絶対、自己責任でお願いします。なにかあっても、当店では一切責任
もちませんよ!!!

 

ってことで、なんとか、USBで充電できないかと、いろいろ模索してみた。
(その前に、レビューしろって感じだが・・・^^;)

●まず、問題なのが、電圧の違い。

付属のACアダプターは、3V出力なのに対して、USBは、5V。明らかに過電圧。
電圧変換回路が必要に・・・素直に、ACアダプターを持ち歩いたほうがいい・・・
この時点で、すでにあきらめムードだったが、、、一応、ACアダプター→充電スタンド
経由の電圧を測ってみることにした。

SONY DSC

!!!!!!!!!!!!!!! ご、5Vだし。。。。

理由はともかく、ACアダプターから3V電圧を充電スタンドで昇圧してたんだね。
これで、USBからの充電の可能性が一気にあがったわけだ。

(厳密な話、、、ACアダプターは、3V1A出力で、約3W。USBの規格上では、
5V0.5Aで、約2.5W。数字だけで見ると、充電できないかもしれないが・・・
実際に、ACアダプターの供給可能電力すべてを使ってるとは思えないので・・・
気にせず、トライしてみる!!!)

●USB→極性統一型DCプラグ 変換ケーブルを探す

ACアダプターの充電スタンドへ接続する、、「極性統一型DCプラグ」へ変換する
USBケーブルを探さないといけないが・・・。
もちろん、ソニーからはそんな製品出てるはずもなく。

が、意外と簡単に見つかった。

秋葉原の千石電商オンラインショップ
カモン DC-2307 USB→DC電源ケーブル(外径2.3mm 内径0.7mm) 2AXV-JJD5
税込み294円(安っ!) ただし、、、送料込みだと、1,384円ビミョー
直接リンクはこちら

2axvjjd5

ということで、実は、「DRC-BT15」を注文すると同時に、このケーブルは注文してた^^

SONY DSC

 

●USB変換ケーブルと、充電スタンドでの、出力電圧を測る

これは、実際にやってみないといけなく、測定するまで、かなりドキドキ。

というものの、元々、3V→5Vに充電スタンドで昇圧してたわけで、
5Vを入力すると、、、やっぱり5Vで出力してくれるのかどうか。
さらに昇圧されると・・・失敗となる。。。

で、結果は、、、USB→充電スタンド→やっぱり5V!!!いけそうだねー。

では、実際に・・・

SONY DSC

成功!!!
充電開始から、10分以上経過してるけど、問題なく充電できてるっぽい。

これで、一気に、持ち運ぶ気が起きるってもんだよ。

でも・・・充電スタンドも持ち運びたくなくね?^^;

●充電スタンドを分解してみよー

SONY DSC

ネジ3本で、分解可能。楽勝。

中には、小さな基板が1つだけ・・・

SONY DSC

ほほぉー。ものすごく小さいんだねぇ。

SONY DSC

自作ケースにでも収めて、これで持ちはこびたいね。
っていうか、これくらいの基板なら、USBケーブル一体型で作ったほうが、
ACアダプターを付属するより、安上がりなんじゃ???

ということで、次のモデル「DRC-BT20???」では、ACアダプターレスで、
USB充電っていう仕様で^^;

 

ワイヤレスオーディオレシーバー DRC-BT15 詳細はこちら

LINEで送る

前へ

ウォークマンX専用ケース 全4モデルレビュー!

次へ

VAIO typePと、ウォークマンXのオリジナルケースとか・・・