『α9』が、「カメラグランプリ2018大賞」と「TIPAアワード」と「EISAアワード」、、、3冠を達成!!!

calltencho_2018-5-21_18-43-6_No-00

本日、「カメラグランプリ2018」の各賞が発表された。

なんだか、すごいことになってます。。。

α9は、「カメラグランプリ2018大賞」のほか、世界的に権威のある「TIPAアワード2018」のベストミラーレスコンパクトシステムカメラプロフェッショナルハイスピード、欧州における写真・映像関連の賞「EISAアワード 2017-2018」のEISA CAMERA 2017-2018も受賞しており、3冠を達成したことに!!!

カメラグランプリ2018大賞受賞の選考理由がこれまたすごい。

「今後のカメラの可能性を感じさせる歴史的な一台。」

すごい評価だねー。
確かに、α9の登場が、ミラーレスカメラのイメージを、全く変えてしまったし。

「メカシャッターではなく電子シャッターをメインとして使うミラーレスカメラの可能性を示した。」

とも、評価されてる。
高速AF、瞳AF、ブラックアウトなしの20コマ連写。モンスターカメラに違いない。
以下、全文。

<選考理由> カメラグランプリ2018 実行委員会のコメント

今後のカメラの可能性を感じさせる歴史的な一台。35mm判フルサイズ撮像素子を採用したミラーレス機として高い性能を持つ。メモリー内蔵35mmフルサイズ積層型CMOSイメージセンサーの高速読出しにより、メカシャッターではなく電子シャッターをメインとして使うミラーレスカメラの可能性を示した。それにより電子シャッターでありながら歪みの少ない像で、無音撮影でのAF/AE追従最高20コマ/秒の連写と電子ビューファインダーのブラックアウトをなくすことを実現している。AF性能も高く、画面の約93%をカバーする693点の像面位相差AFによる精度は高く、また人の瞳を認識しフォーカスを合わせる瞳AFの追従性も高い。ミラーレスカメラの印象を根底から変え、静止画でも動画でもこのカメラだからこそ撮れるもの、撮影シーンがあると感じさせられる。プロの用途にこたえるカメラ。選考委員の多くがその先進性を高く評価した。

-----------------------------------------------------

また、「TIPAアワード2018」では、↓以下の通り、カメラおよび交換レンズの6機種が各部門賞の最優秀賞を受賞している。

α7Ⅲ
ベストミラーレスコンパクトシステムカメラエキスパートフルフレーム

α7RⅢ
ベストミラーレスコンパクトシステムカメラプロフェッショナルハイレゾリューション

α9
ベストミラーレスコンパクトシステムカメラプロフェッショナルハイスピード

FE 24-105mm F4 G OSS(SEL24105G)
ベストコンパクトシステムカメラスタンダードズームレンズ

FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS(SEL100400GM)
ベストコンパクトシステムカメラテレフォトズームレンズ

サイバーショットRX10Ⅳ(DSC-RX10M4)
ベストスーパーズームカメラ (BEST SUPERZOOM CAMERA)

-----------------------------------------------------

各製品関係者の皆様、、、そして、それぞれのオーナーの皆さん、おめでとうございます!!!

-----------------------------------------------------

ソニー公式ニュースリリース

LINEで送る

前へ

MDR-1A系の、MMCX化をたくらみ中。。。

次へ

Reader Store、My Sony ID登録者限定キャンペーン!「CAPA4月号」「デジモノステーション1月号」プレゼント!