マッハドライブで、ドライブをマッハ化!!!

前の記事

次の記事

マッハと聞いて、マッハGoGoGo!を連想した人は、、、店長野田と同年代でしょう。ズバリ、アラフォー!?

さて、今日は、「ふくちゃん」さんからお知らせいただいた、アイ・オー・データ製のソフトウェア「マッハドライブ」の話。。。

20091125machdrive01
↑マッハドライブ アイオーデータの直販サイトで、2480円でダウンロード販売。

ブログタイトル通り、このマッハドライブは、ドライブをマッハにするというソフト。。。
全く説明になってないんで、ちょっとまじめに解説を。

当ブログにて、SSDのプチフリ対策をいろいろ模索してきたが、基本的には、そのSSDプチフリ対策ソフトと同じ働きをする。
メモリの一部をSSDやHDD用のキャッシュエリアとして割り当て、SSDやHDDの読み書き時に、その高速なキャッシュを経由することで、高速化を図るわけ。
書き込み時を例にとると・・・まずは、SSDやHDDの10倍近く高速なメモリ上のキャッシュへ書き込む。すると、見かけ上は、書き込み操作が終了したとみなされる。あとは、マッハドライブが、タイミングを見計らって、SSDやHDDへ書き込むわけ。こうすることで、SSDやHDDへのアクセス待ち時間が軽減され、結果、PCの動作が高速化されたということになる。。。

ま、こんな感じ。

で、重要なのが、キャッシュは、メモリ上へ確保されるということ。ふんだんにメモリが搭載されているならまだいいが、VAIO Xや、VAIO Pなどでは、2GBメモリという貴重なメモリを使用するわけで。少しもったいない気もしないわけでもない。なので、やたらめったら、キャッシュの割り当てを増やせばいいというわけでもない。

20091125machdrive02
↑マッハドライブの設定メニュー

この辺は、考慮されていて、マッハドライブの設定では、基本的にオート設定が推奨となっており、搭載メモリー総容量をチェックして、最適なキャッシュ容量を自動割り当てされるようになっている。ちなみに、カスタム設定も可能。

20091125machdrive03
↑カスタム設定画面

カスタム設定画面では、手動設定のほか、オート設定した場合も含めて、現在の割り当て設定などが表示される。↑この画面は、VAIO Xでのオート設定した際のパラメーター。
オートでの割り当てキャッシュ容量は、128MBとなってる。確かに、割り当て後は、使用メモリが、128MB増える。また、カスタムでの最大割り当て容量は256MBとなっていた。

設定できる最大確保容量の上限
1GB未満:128MB
2GB未満:256MB
4GB未満:512MB

 

また、、、非常に残念なのが、このマッハドライブ、32bitOS専用ということ。
ってことで、3GBまでしか認識しない中での、キャッシュ割り当てということになる。
64bitOSにも対応したら、すごいソフトになるだろうに、、、残念;

↓アイオーデータの直販サイトで紹介されている、マッハドライブの紹介動画。

 

実際に、VAIO Xと、VAIO Pに、マッハドライブをインストールし、オート設定した場合の、それぞれのベンチマークをとってみた。

●VAIO Xの場合 キャッシュ容量128MB

 20091125machdrive04
↑店長野田のSSD256GBのVAIO X

20091125machdrive05
左:50MBデータ 右:100MBデータ

20091125machdrive06
左:500MBデータ 右:1000MBデータ

やはり、思った通り、キャッシュ容量128MB以内の50MBデータ、100MBデータ時では、とんでもないパフォーマンスをたたき出している。
が、128MBを超える、500MBデータ、1000MBデータ時には、フツーの速度になってる。

 

●VAIO typeP(初代モデル)の場合 キャッシュ容量128MB

20091125machdrive07
↑typeP

20091125machdrive08
左:50MBデータ 右:100MBデータ

20091125machdrive09
左:500MBデータ 右:1000MBデータ

VAIO X同様の結果。

 

●思ったことなど、、、まとめ

50MBデータ、100MBデータでのベンチマークは、確かに強烈!!!
ところが、キャッシュ割り当てを超えるデータ容量でのベンチマークでは、一気にフツーな数値になってしまう。
このことから、単純に言えるのは、キャッシュ容量内のデータやりとりでは、バツグンのパフォーマンスが出るぞ!ってこと。ま、通常の使用では、なかなか100MBを超えるデータのやりとりはないだろう。

また、アイオーデータのサイトでは、マイコンピューターを開いたりといった、通常のエクスプローラーの操作でも効果が出るとのことなので、PC使用全般にわたっての小さな効果が期待できるんだろう。が・・・VAIO XやPでは、、、今ひとつPC使用全般にわたっての効果は体感できなかった。もちろん、128MB内でのファイルコピーやアプリのインストール操作などでは、確かに速い。気持ちいい!

ということで、、、多少メモリ容量に余裕のあるPCや、、、ストレージがあまり高速じゃないもの(プチフリなSSDや、HDD全般)なんかでは、かなり効果が高いと思われる。

2480円という価格を考えると、、、んー、なんかいまいち動作がとろいなぁとお悩みの方は、試してみる価値はあるだろうね。

ちなみに、、、店長野田も購入した、アイオーデータ初の東芝製2.5インチSSDは、、、あくまでバルク品扱い。ソフト類は一切付属してない。12月中旬から発売される製品版としてのSSDには、ちょっと価格が上がるが、マッハドライブの無料ダウンロード兼やその他ツールアプリも付属するようだ。個人的には、バルク品扱いのほうが安くていいと思うけど・・・^^;20091125machdrive10
↑製品版

最後に、、、64bit対応のバージョンアップを強く希望!!!!

マッハドライブ公式サイトは、こちら

ベクターでダウンロード購入可能!

初代typeZ(高速SSD搭載&64bit7化)で、最新7版VAIO Zに挑戦!!!では、アイオーのSSDを検証!

前の記事

愛知からのお客様。。。

次の記事

大人気御礼!VAIO X薄型キャリングケースにライバル現わる!?

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます