Office Premiumってなんだ?(素直に、ややこしいと思う^^;)

前の記事

次の記事

f15e3_15_W_003

↑本日より、先行予約販売が開始となった、VAIO印のVAIO Fit15E ホワイト

ソニーストア

発売が10月17日でまだ2日あるなぁって、のんびりしてら・・・。
今日発表の、VAIO Fit15Eの新色ホワイトモデルに、なんと、その17日発売の新Office 「Office Premium」が、早々に選択可能になってるじゃないかっ!

では、その「Office Premium」とはなんなのか?見ていこう。

figure_01

Office Premiumがなんぞや?の前に、Office 365 Soloのことも少しは知っとかないと。

「Office Premium」と「Office 365 Solo」は、先日10月1日に発表され、10月17日より販売(出荷)される、新たな「ライセンスモデル」。どちらも、Office自体は、Office2013と同等のもの。これに付加サービスがくっついてるのが、今回発表された、2つのOffice。

●Office 365 Soloとは?

ビジネス向け定額制Office「Office365」っていうのがあるが、その個人向けが「Office365 Solo」。年契約で11,800円。契約をやめれば、Officeは利用できなくなる。

WS000002

↑Officeアプリが一通り使用可能で、最新バージョンがリリースされれば、無償でアップグレードも可能。
また、Mac版Officeも含まれており、合計2台までのWin or Macマシンで利用できる。
さらに、付加サービスとして、Android、iOS版のOfficeが使用できる「マルチデバイス」、クラウドストレージの「OneDrive 1TB」などもついてくる。
とはいえ、毎年毎年、Officeにお金を払うことにギモンを持つ人も多いだろうが、じっくり見てみると、結構お得だったりする。

・1TBのクラウドストレージ(OneDrive)がお得
→1年の使用料は11,800円。ということを踏まえて。。。同等の他のサービスと比較してみる。(※それぞれサービス内容に特色あるから一概に比較はできないが)
GoogleDriveが約13,000円
Dropboxが約15,000円
iCloudが約28,800円。
とまぁ、これだけ見ると、OneDriveがダンゼンお得。クラウドストレージを使用している人なら、それだけを目的に乗り換えもありかもしれない。ついでに、いつでも最新バージョンのOfficeも付いてくる!みたいな。。。

逆に言えば、、、クラウドストレージ不要な人で、常に最新のOfficeが必要ってわけなじゃなければ、従来の、Office 2013でいい。ってことに。
または、金欠な方^^; 後述のプリインストール版ですら、18,000円するから、「と、とりあえず、1年後にまた考えるから、最低出費におさえたい」。その気持ちわかります。。。とりあえず、Office365 Soloにして、1年以内に出世しましょー?^^;

●Office Premiumとは?

さぁ、いよいよ本題。

Office Premiumは、いわゆる、プリインストール版Officeの種類。単独での販売はない。
従来通り、Personal、Home&Business、Professionalの3種類がある。
従来のOfficeと大きな違いは、、、Office365 Solo同様に、常に最新バージョンが使用できるってところ。Office2014なんてのがリリースされれば、無料でアップグレードできる。じゃぁ、Office 365 Soloとなにが違うのか?Officeアプリ自身は、永続使用ができるのだ!一度、購入すれば、ずーっと使えて、しかも、ずーーーっと最新版が使えるのだ!!!すごいかも?
が、当然、プリインストールソフトなので、そのPCでしか使っちゃいけない。3年くらい使って、新しいPC買ったからそっちにインストール。なんて使い方はだめなのだ!
また、ありがたいようで、必ずしもそうじゃないのが、最新版への無料アップデート。これ、、、強制らしい。メジャーバージョンアップされたけど、前のほうが使いやすい。なんてことになっても、アップデート必須らしい。

こういうOfficeに、↑Office 365 Soloの項目で開設した、付加サービスがくっつき、まとめて、Office Premiumってことになる。

 WS0000021
↑Office 365 Soloの付加サービスと同じものが付いてくる。Office 365サービスと呼ぶようだ。

で、、、永続利用できるのは、Officeだけで、、、Office365サービスは当然有料。最初の1年間が終われば、継続利用するには、5,800円かかるようだ。

WS000004

↑ソニーストアでの、プリインストール版Officeの販売価格

見ての通り、従来のプリンストール版Officeと、価格が同じ!
ってことは、、、勝手に最新版になるのは困る。って人じゃなければ、Office Premiumを買う方がお得ってことか。
注意すべきところは、ソニーストアページを見る限り、Office Premiumは、Windows8.1じゃないとだめっぽいから、Win7を使う人は使えないってところ。

●まとめ

わかりづれぇよ(泣)
これ以上、まとめられねぇってばよ;;

以上^^;

-----------------------------------------------------

WS000005

Officeオフィシャルサイト

-----------------------------------------------------

WS000006

ソニーストア

前の記事

LINEスタンプができるまで、、、<審査NG編>

次の記事

怒濤のオーディオ新製品レビュー!<MDR-1A編>

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます