HAP-S1、MAP-S1、スピーカー類、5月13日より値下げと、、、LINE IN/OUTの小話。

前の記事

次の記事

calltencho_2016-5-15_18-37-59_No-00

こういう、息の長い製品群は、売る側、特に、システム提案する側からすると非常に助かるわけで。お客様にとっても、買った後、ころころ新製品が出るよりは、精神衛生上よろしいかと。

とまぁ、このHAP-S1は、2年半を超えたロングセールス。
アップデートも、不具合修正も含めて、実に10回を超える。まさに、買った後も安心なのだ♪

さて、そんなHAP-S1や、MAP-S1、そして、それらに最適設計されたスピーカー群が、5月13日(金)にまとめて値下げされた。

calltencho_2016-5-15_18-37-59_No-00

HAP-S1

calltencho_2016-5-15_18-47-33_No-00

MAP-S1

calltencho_2016-5-15_18-50-13_No-00

SS-HW1
SS-HA1
SS-HA3

さて、、、HAP-S1、MAP-S1。どちらもアンプ内蔵のプレーヤー。
HAP-S1には、HDDが内蔵され、PCから曲転送して音楽を楽しむというのがメイン。対して、MAP-S1は、HDDは非搭載ながら、CDプレーヤー搭載で、手軽にCDを楽しむことができる。それぞれ特長があり、音楽を聴くスタイルにあわせてチョイスすることになるが。どちらにも共通なのが、LINE IN/OUT端子が搭載されているところ。昔から、ミニコンポにすら搭載されている端子だから、珍しくもなんともないけど、最近では特に活用している人は少ないんじゃないかと思う。

当店では、特によくHAP-S1をホームシアター導入のお客様に、BGM用としてご提案している。

MAP-S1_rear

↑MAP-S1のリアパネル

HAP-S1、MAP-S1の、LINE INは、、、シアターAVアンプのフロントLRのRCAピン出力とつないで、フロント専用アンプとして使ったり。(お安めのAVアンプで鳴らすくらいなら、HAP-S1や、MAP-S1で鳴らした方がずっと音がいいし)

LINE OUTは、、、ベリンガーなどの4chアンプに接続し、それに4本のスピーカーをつないで、別部屋のBGM用として鳴らしたり。また、Bluetoothトランスミッターをつないで、

LSPX-103E26_004

LED電球スピーカー LSPX-103E26 ソニーストア価格23,880円+税 5月21日(土)発売

製品詳細や、ソニーストアでのご注文はこちら

↑先日発表された、LED電球スピーカーへ音声を飛ばす。なんてのも便利。

HAP-S1、MAP-S1は、案外、拡張性あったりするので、アイデアひとつで、音楽がもっと身近になるっすよ!

前の記事

映画「産土」(うぶすな)、上映会 in コール徳島店

次の記事

「PlayStation Vita Caligula -カリギュラ- Limited Edition」(全4種類)予約開始!中村繪里子さんも、CV担当!!

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます