MUC-M2BT1や、h.ear in Wirelessで、マルチポイント接続して、スマホとウォークマンを同時接続する。

前の記事

次の記事

DSC00044

Bluetoothイヤホンなどで、よくあるご質問のひとつ、マルチポイント接続。
スマホとウォークマンなどの音楽プレーヤーを同時に接続する使い方。。。
これにより、音楽はプレーヤーから再生し、電話はスマホで。という、使い分けが可能になる。が、、、ちょっと仕組みとか、接続方法がピンと来ない人が多いようで。。。

●接続

まずは、イヤホンを、スマホ、プレーヤーへ、それぞれBluetoothペアリングをやっておく。NFC対応のものなら、NFC接続でもOK。

つづいて、、、

Screenshot_20160508-170642

↑スマホとイヤホンを接続する。Bluetoothの設定画面ではおそらく、「接続」となってるはず。ここで、歯車アイコンをタップして、、、

Screenshot_20160508-170654

↑この画面が表示されるので、メディアの音声をアップして、チェックをはずす。

Screenshot_20160508-170701

↑この状態でOKをタップ。

Screenshot_20160508-170707

↑Bluetoothの設定状況は、こうなってるはず。「接続済み(メディアを除く)」

次に、プレーヤー側を、手動で、Bluetooth接続させる。

以上。これだけ。今回は、プレーヤーとして、ウォークマンZX2を使ったが、

Screenshot_2016-05-08-17-09-14

↑仕様上、スマホと違って、メディアの音声だけしか対応してないから、こんな設定状況になってる。

これで、、、

・通話の音声→スマホ
・メディアの音声→プレーヤー

という、マルチポイント接続が、完了したわけだ。
ちなみに、NFC接続では、マルチポイント接続にはならないのでご注意を。最初のペアリングだけは、NFCが使えるが、2台同時につなぐのは、↑手動接続になるので。
音楽聴いてる際に、スマホへ電話着信があると、音楽は一時停止し、ハンズフリー通話ができる。通話が終わると、自動的に一時停止したところから、音楽再生が再開されるのだ。便利♪

●仕組み

Bluetoothには、プロファイルという、機器の種類ごとに決められたプロトコルがあって。例えば、A2DPはマイク音声とステレオ音声、AVRCPはリモコン、HFPはハンズフリー通話、、、など。
それらプロトコルは、同じモノは同時接続できないが、違うモノ同士は、同時接続が可能という仕様になってる。

そのため、今回のように、ハンズフリー通話と、ステレオ音楽という別々のプロトコルを使うケースは、イヤホンが、スマホとプレーヤーと2台の機器に同時接続が可能となる。

メール問い合わせいただいた、Tさん、こんな感じでご理解できそうでしょうか?

-----------------------------------------------------

「ワイヤードもいける!?」、リケーブル可能なイヤホンをBluetooth化しちゃう「MUC-M2BT1」をがっつり試す。

想像以上の自然な付け心地、h.ear in Wireless。

前の記事

声優・中村繪里子さん、Just ear開発責任者松尾氏のトークショーと、その前後の話。。。

次の記事

Video & TV SideViewアップデート。新型BDレコ対応と、みどころピックアップ快適化。

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます