2016新VAIO Z入荷!当店展示開始!外観、ベンチマーク。。。

前の記事

次の記事

1

VAIO Z
VJZ13B1(フリップモデル)ソニーストア価格199,800円~
VJZ1311(クラムシェルモデル)ソニーストア価格156,800円~
VJZ13B1(無刻印キーボードモデルフリップモデル)ソニーストア価格204,800円~
VJZ1311(無刻印キーボードモデルクラムシェルモデル)ソニーストア価格161,800円~

いよいよ、本日解禁!
2月26日発売日の2016年版新VAIO Z!当店にも早速展示用に2台のVAIO Z様が入荷!もちろん、店長野田購入の変態モデル無刻印キーボードモデルのVAIO Zが到着!

無刻印キーボードモデルのほうは、明日にするとして、まずは、展示用2モデルについて、開梱、外観、ベンチマークとか、、、思いつくまま書いてみる。

●外観チェック

2

3

↑うん、、、2015年モデルと同様のパッケージだね。

DSC01162

↑付属品も特に変わりなく、、、ACアダプターも、ソニー時代のTap11から受け継がれてきた、19.5V。プラグも、Tap11時代に登場した、モバイルタイプの新型形状。

10

↑さて、今回展示機として、チョイスされたVAIO Zは、、、
シルバー→クラムシェルモデル フルHD Core i5 8GB 128GB
ブラック→フリップモデル WQHD Core i7 16GB 128GB
非常に、比較しやすい、スペックなのだ。
ブラックのほうは、、、スペックが満たしているだけに、勝色ダブルアルマイト仕様♪

4

5

さて、↑外観上、パット見て違いがわかる、タッチパネル、非タッチパネルの違い。ここは反射を見て欲しいのではなくて。タッチパネル仕様は、前面ガラスによるフラットデザイン。対して、非タッチパネルは、額縁が見えるデザイン。

6

↑フリップモデル(タッチパネル)

7

↑クラムシェルモデル(非タッチパネル)

画面反射は見ての通り。背中に、窓をひかえての作業など、、、画面に光があたるシチュエーションが多い場合は、なにか対策したほうがいいかも。店長野田の普段の席が、まさに背中に窓があり、日中は、もろに画面に光が差し込み、かなり反射がうっとおしい。なので、ロールカーテンを閉めるなりの対策が必須。

21

↑リアカメラは、左:タッチパネルモデル(フリップモデル)には搭載されているが、右:非タッチパネルモデル(クラムシェルモデル)には非搭載。

9

↑標準キーボード

8

↑見よ!この日本語かななしキーボードのすっきり感を。アルファベットの横にかながないだけで、ここまですっきりしちゃうのだ。

11

12

13

14

ブラック、シルバーボディの、それぞれの、標準ロゴと、勝色ロゴを比較してみた。
とてつもなく違いがわかるかと言われると・・・。が、やはり、角度によって、キラッキラッと、エッジが青く光るVAIOロゴは、「i7 16GB」のスペック最強の証。。。自己満足感は、はんぱない♪

●ベンチマーク

15

↑i7、16GB

16

↑i5、8GB

17

↑i7、16GB、128GB

18

↑i5、8GB、128GB

19

↑i7、16GB、128GB

20

↑i5、8GB、128GB

●その他

デスクトップ上で、右クリック→ディスプレイ設定で、「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」の項目で、100%設定にして、本来の解像度での比較をしてみた。

22

↑WQHD

23

↑フルHD

解像度が上がった分、同解像度のアイコンや、タスクバーは、細かくなる。
でも、これじゃ、ちょっとわかりづらい・・・。

24

↑WQHD

25

↑フルHD

↑ソニーオフィシャルページを表示してみた。
一目瞭然。WQHDのほうが広いエリアを表示してて、1画面内の情報量が明らかに多いのがわかる。画面スクロールも少なくてすむし、使いやすい。
13型の画面サイズなら、フルHDよりも、WQHDのほうがやっぱりおすすめ。

●リカバリーディスクに必要な容量

26

↑まずは、回復で検索かけて、、、回復ドライブの作成を選択すればOK。

27

↑ということで、ご覧のとおり、8GBのUSBフラッシュメモリーがあれば、リカバリーディスクが作成可能。

とりあえず、おしまい。

次は、無刻印キーボードのVAIO Zの話で。

-----------------------------------------------------

新VAIO Zページ、詳細や、購入はこちらからポチッと。

-----------------------------------------------------

●当店VAIO Zブログ

「正統進化」した、新VAIO Zを、じっくりと見てみる。
ソニーストア大阪で、2016年版VAIO Zを見てきた!(ベンチマークあり)
「初回購入特典:Z ENGINE 基板アクセサリー」、実物が届いたよ!
2016年VAIO Z、先行予約販売開始!!!購入ポイントチェック!
決戦一夜明けて・・・2016年新VAIO Z、みんなが選んだスペック内訳はこれだっ!

「初回購入特典:Z ENGINE 基板アクセサリー」が、はやくも、限定数量に到達し、プレゼント終了に。。。

前の記事

香港・マカオ旅行記、、、マカオ編

次の記事

2016年新VAIO Z 無刻印キーボードモデルは、やっぱりかっちょよかった♪

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます