α9の企画段階から、開発計画されていた、FE400F2.8GMレンズ。α Universeで開発陣が解説。

calltencho_2018-8-7_20-42-49_No-00

8月1日に公開された、α Universeの

「G Master」の設計思想や魅力を
開発陣が解説FE 400mm F2.8 GM OSS編

が、非常に興味深い!

ネタバレになるのもあれなので、詳しくはご紹介しないけど。

「開発コンセプト」からはじまり、「新開発AF」、「光学設計」、「メカ設計」について、開発者さん自身が、開設してくれている。

やはり、α9の存在が大きいんだねぇ。α9の企画段階から、このFE400F2.8GMレンズも開発計画されていたそうで。

img_18

↑マグネシウム合金が全面的に採用されている。。。

α9というプロフェッショナル向けのカメラでの使用を、強く意識しているというだけあって、こだわりがすごい。AF用のアクチュエーターで、使えるのものが世の中にないから、新開発したとか・・・

そんな開発の苦労がよくわかる、記事になっていて、面白くて一気読みしてしまった。

img_20

↑厳しい環境を想定した低温試験の一例

さすがに、気軽に買えるような金額ではないレンズだけど。
新開発された技術も含めて、このレンズの開発で培った技術が、今後のレンズ開発に活かされるであろうと、期待してしまう!

αファンなら、是非、ご一読を!

-----------------------------------------------------

FE400F2.8GMレンズ ソニーストア価格1,460,000円+税

-----------------------------------------------------

α Universe 「G Master」の設計思想や魅力を開発陣が解説FE 400mm F2.8 GM OSS編

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます

前の記事

四国初のBriseAudioイベント!しかも、単独開催!さらに、会場は、当店1階イベントスペース「hut」!

次の記事

当店店頭にて、VAIO S11、S13、S15が、さらに、お安く買えるキャンペーン開催!(8月19日(日)まで)