左右独立型ノイキャンワイヤレスイヤホン「WF-1000X」ファームウェアアップデート

前の記事

次の記事

calltencho_2018-5-19_11-38-20_No-00

左右独立型ノイキャンワイヤレスイヤホン「WF-1000X」、昨年の11月30日以来のアップデート。

同時に、WH-1000XM2と、WI-1000Xにもアップデートが公開されたが、詳細未定だが、現在は公開停止となっている。

WF-1000Xのアップデートは、↑のとおり、次回からのアップデート時間を短縮するためのアップデートだそうで。。。確かに、この機種、アップデート長い。。。

[1] Google アシスタント 機能対応のための事前アップデート
[2] その他の機能改善

サポートサイト

アップデート短縮という内容以外に、サポートサイトに↑こんなことが記載されている。

公開停止となっている、WH-1000XM2とWI-1000Xは、Googleアシスタントが使用可能になるアップデートだったが、WF-1000Xは、あくまで事前準備という内容。

ということで、実際にアップデートやってみよー。

アプリ「Sony | Headphones Connect」が、最新になっているのを確認してから起動し、WF-1000Xが接続されると、、、

Screenshot_20180519-102214

↑画面下に、アップデートがあるよ!と告知が。詳細ボタンをタップ。

Screenshot_20180519-102220

↑なるほど。ファームバージョンは2.0.0になるのか。
が、、、今回はアップデート時間の目安がかかれてない。。。

前回は、17分と書かれていたが、実際には、アップデートデータの転送だけで30分。アップデートが始まれば2、3分で終わった。40分近くかかったわけだが。今回はどうだろう。。。

※アップデート中は、左右の本体ともに、充電ケースから出しておく必要があるのと、しっかりと充電しておくこと!

Screenshot_20180519-104754

↑通知エリアの時刻に注目。10時47分スタート。

Screenshot_20180519-111711

↑データ転送が終わり、アップデートが始まったのが、11時17分。やっぱり、30分かかってるねー。

Screenshot_20180519-111816

↑すべてのアップデートが終わったのが、11時18分。

ということで、データ転送に時間がかかって、アップデート自体は数分ってことだ。前回と大差なし。
これだけかかると、忙しい人にはなかなかアップデートする時間を見つけるのが大変そう。アップデート自体スマホからしかできないから、頻繁にスマホをさわらないといけない時間は避けたほうがいいかと。

さて、今回のアップデートで、次回からのアップデートがどれくらい短縮されるようにしてくれたのか。。。
そして、、、次回のアップデートで使えるようになるであろう、Googleアシスタントにも期待!

-----------------------------------------------------

ヘッドホン本体アップデート情報

-----------------------------------------------------

●ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセットWF-1000X 24,880円+税

ソニーストア

-----------------------------------------------------

●当店ブログ

ノイキャンワイヤレスヘッドホン三兄弟「1000Xシリーズ」まとめて、開梱して眺めて、、、スマホとウォークマン同時使用して、例のアプリを使っちゃう。

前の記事

5月19日(土)、20日(日)は、大処分セール開催!

次の記事

Xperia Ear Duo、ファームウェアアップデート

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます