Atmos対応エントリーAVアンプなど2機種、AtmosイネーブルドSP、レコードやBT対応ステレオアンプ発表!

img_009

●AVアンプ(Atmos対応)STR-DH790 6月16日(土)発売 39,880円+税
ソニーストア
●AVアンプ STR-DH590 4月21日(土)発売 29,880円+税
ソニーストア
●Atmosイネーブルドスピーカー SS-CSE(2台1組) 4月21日(土)発売 21,880円+税
ソニーストア
●ステレオアンプ STR-DH190 4月21日(土)発売 19,880円+税
ソニーストア

※価格は、ソニーストア価格

AtmosエントリーAVアンプ、エントリーAVアンプ、Atmosイネーブルドスピーカー、そして、レコードやBluetooth対応のエントリーステレオアンプと、、、合計4機種の新製品が発表された。いずれも、ソニーストア価格で4万円以下ということで、買いやすい、エントリーモデルばかりだ。

●Atmos対応含む、AVアンプ2機種「STR-DH790」「STR-DH590」

str-dh790

●AVアンプ(Atmos対応)STR-DH790 6月16日(土)発売 39,880円+税
ソニーストア
●AVアンプ STR-DH590 4月21日(土)発売 29,880円+税
ソニーストア

※価格は、ソニーストア価格

まずは、注目機種は、STR-DH790だ!ソニーストア価格kで4万円切りながら、7.1chサラウンド、5.1.2ch立体音響対応、、、そう、Atmos対応だ。さらに、DTS:Xにも対応!
自動音場補正は、つながりの良いサラウンド空間を実現するソニー独自の「アドバンストD.C.A.C.」
高音質設計の、一体成型メタルフレーム構造

Atmos非対応ながら、ソニーストア価格で3万円切りという、ハイコスパな5.1h対応AVアンプSTR-DH590。もちろん、自動音場補正機能「D.C.A.C」は搭載。

●ついに登場、Atmosイネーブルドスピーカー「SS-CSE」

ss-cse

●Atmosイネーブルドスピーカー SS-CSE(2台1組) 4月21日(土)発売 21,880円+税
ソニーストア

※価格は、ソニーストア価格

Atmos対応AVアンプメーカーとしては、後発となってしまった、ソニーだが、それ以上に出遅れているのが、イネーブルドスピーカーだったが。ついに、ソニーからも国内発表された。
しかも、、、なかなかいい目の付け所の、ペアで、2万円少々という価格帯。。。

y_ss-cse_top_objectaudio

↑イネーブルドスピーカーは、正式に、ドルビーアトモスのシステムとして定義されているスピーカーで、フロントスピーカーの上に配置し、天井へ反射させて、上からの音声を再現する。

ss-cse_withcs5

天井埋込スピーカーなど、天井に配置するスピーカーが多いが、イネーブルドスピーカーは、設置が手軽なのが特徴。

y_ss-cse_front-high-speaker.top

↑壁掛け設置にも対応しており、トップフロントスピーカーなどとしても、使用可能。

ドルビーアトモスのトップスピーカーとして、工事不要で設置できることもあり、既存住宅への導入を中心に、活躍してくれそうだ。

●レコード、Bluetooth対応のステレオアンプ「STR-DH190」

str-dh190

●ステレオアンプ STR-DH190 4月21日(土)発売 19,880円+税
ソニーストア

※価格は、ソニーストア価格

これまた、すごいアンプの登場。ステレオアンプ「STR-DH190」。
ライン出力がなく、フォノ出力だけのレコードプレーヤーを接続できる、「MMカートリッジ対応のフォノイコライザー搭載」。。。さらに、Bluetooth(SBC、AACのみ)にも対応。

アナログ入力は、なんと5系統(RCA×4組、ステミニ×1)
フォノ入力1系統、アナログ出力1系統。
スピーカー出力2系統(A、B、A+B)
ヘッドホン出力
FMチューナー搭載(ソニーの、STR型番は、FMチューナー搭載を意味してるので)

入力数の多さや、レコード&Bluetooth対応と、もろに今風の仕様に仕上げつつ、価格をかなり抑えた、ハイコスパ製品だ。

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます

前の記事

ソニーストア、BRAVIAの5年ベーシック延長保証無料キャンペーン延長!

次の記事

Adobe Photoshopなど、α7Ⅲ RAWに対応。