STR7シリーズのトップエンドモデル「STR7-Ref.」が、ブリスオーディオオリジナルMMCXへ、アップデート。

25995239048_6fb486fd0c_o

STR7Ref. OFC L型5極Φ4.4mmプラグ-MMCX STR7ER544LMXB 70,000円+税 2月7日(水)発売

コールオンラインショップにて予約開始

取り回し&音質が両立した、STR7ケーブル。そのSTR7ケーブルを採用した、トップエンドモデル「STR7Ref.」。店長野田のデフォルトケーブルとなっている。
今回、そのイヤホン側のMMCXコネクターが、ブリスオーディオオリジナル高音質MMCXコネクターを新たに採用!

calltencho_2018-1-26_11-8-18_No-00

↑ブリスオーディオオリジナル高音質MMCXコネクター

「全ての素材について、コストをかけ吟味しBriseAudioのノウハウを投入し設計いたしました。それにより大きな音質上のアップデートを実現。更には、広帯域非磁性特殊積層電磁波吸収材(7層構造)によるシールドを施すことで、狭小なスペースでありながら強固なシールド効果を実現しています。
これにより信号の終端まで妥協のない伝送を目指しています。」

-----------------------------------------------------

以下、ブリスオーディオオリジナル高音質MMCXコネクター以外の特長。

●BriseAudio開発のNewケーブル「STR7(Spiral77構造)

calltencho_2017-9-30_19-18-22_No-00

↑STR7【Spiral77)構造の概略図

STR7(Spiral77構造)は、ポータブルオーディオ用ケーブルの理想を求めて開発。

音質を犠牲にすることなく。
フレキシビリティを損なうことなく。

その両立を目指して、↑概略図のような基本構造と独自のノウハウを投入し開発。その結果、BriseAudioポータブルケーブルの本流であるケーブルUPG001とも違う魅力に溢れつつ、取り回しの良いケーブルとなった。
4芯構造では196本もの素線を、ポータブル用途で更に真価を発揮するように立体的に効率的に配置。

●OFC(無酸素銅)Pentaconn L字4.4mmプラグ採用

calltencho_2017-9-30_19-17-43_No-00

↑見よ!L字プラグだからこそ実現!かさばらないっ!!!

STR7Ref.で採用のL字4.4mmプラグは、日本ディックス社製L字4.4mmOFC(無酸素銅)Pentaconnをベースにした、BriseAudioオリジナル仕様のプラグ。

calltencho_2017-9-30_19-24-46_No-00

↑MURAKUMOの構造(11層スパイラル構造)

OFC-PentaconnL字4.4mmプラグが演出する、他と一線を画す情報量と鮮度感、純度の高い音をコンパクトに取り回しよく使える。。。
その性能を最大限発揮させるべく、BriseAudioフラッグシップケーブルMURAKUMOに採用の11層構造(7層構造の広帯域非磁性特殊積層電磁波吸収材を3層含む)を更に施工。

●その他

calltencho_2017-9-30_19-29-11_No-00

↑Ref.シリーズといえば、これ。ローズウッド無垢材から削り出した、ケーブルスライダー。全行程国内生産。

calltencho_2017-9-30_19-30-28_No-00

↑耳かけ用形状保持ワイヤーは、特殊処理のチタンワイヤー。もちろん、音質評価済み。耳周りの取り回しの良さと、音質の両面を支えることが可能に。

-----------------------------------------------------

ご注文は↓

コールオンラインショップにて予約開始

-----------------------------------------------------

関連

旧コネクター採用のSTR7Ref.ケーブル実機レビュー

LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます

前の記事

歌詞ピタサービス、7月31日(火)17時で終了。。。

次の記事

VAIO S11 | ALL BLACK EDITION実機レビュー!っていうか、第8VTP最強タッグのしびれるほどのすごさ。。。