ウォークマンA50を、100時間超エージングしてみたところ・・・

前の記事

次の記事

DSC04482

・NW-A55(16GB)(本体のみ)21,880円
NW-A55HN(16GB)(ノイキャンイヤホンIER-NW500N付属)28,880円
NW-A55WI(16GB)(ネックバンドh.ear in 2 Wireless付属)39,880円
NW-A56HN(32GB)(ノイキャンイヤホンIER-NW500N付属) 33,880円
NW-A57(64GB)(本体のみ) 36,880円
※カラバリ:トワイライトレッド/ムーンリットブルー/ペールゴールド/グレイッシュブラック/ホライズングリーン

ウォークマンA50シリーズは、ヒジョーに、購入客層が広いと思われる機種。
ライト層はもちろん、WM1やZX300の2nd機として持つ層まで。

ということを踏まえて。
今回は、エージングの話だけど、ライト層の方々は、あまり気にせず、使っていくうちになんか音がよくなるらしい。程度に理解してくれれば。
音に興味アリアリ!の人は、是非、お試しを!っていうか、すでにやってる人も多そう。。。

●エージング方法

original_NW-A50_013

↑A50シリーズ搭載のフルデジタルアンプ「S-Master HX」の電源部に、「POSCAP」というコンデンサーが5基搭載されている。このPOSCAPは、エージングすることで特性が安定し、本来の音質が発揮される。

エージングするには、、、イヤホンつないで、再生するだけ。再生する時間は、累計約100時間を目安に。

このとき、、、イヤホンはなんでもいいし、再生する曲もなんでもいいし、音量も問わず。鳴ってればOK。
イヤホンは、メインのを使うのはもったいないので、エージング用に100均製を買っておくといいかも。(店長野田は、某機内でいただいたやつを使ってる)その他、曲リピートと、ウォークマンの電源接続も忘れずに。

もちろん、ぶっつづけ再生する必要も無いし、普段使いの時間は、エージング時間に加算していいし。とにかく、断続的でも累計100時間くらい再生しよー。

時間の余裕があれば、20時間ごとにでも、聞いてみれば、、、毎回音質向上を体感できるはず!

●エージングすると・・・

細かくは、感じ方は人それぞれだろうけど。

全体にわたって「モヤ」がなくなり、透明感が増した印象。
低域のモコモコするのは個人的には好きじゃないんだけど、A50も多少その傾向があったんだなぁと気づく。低域のすっきり感が増し、キレが出てきたからだ。エージング前後では、かなり印象が変わってくるほど。

●まとめ

A40やA50シリーズは、累計再生時間の表示がなくて、エージングに不便だなぁと思う人も多いと思うが。WM1シリーズやZX300シリーズでは、表示できるんだよね。まぁ、A40やA50シリーズは元々そんなのを気にしない層向けのプレーヤーだから、余計な気は使わないようにという、ソニーさんの配慮かもしれないけど。音質がいいもんだから、気にする層までもがガンガン買っちゃってるからなぁ。特定のボタンを連打したら、時間表示されるとかっていうのでもいいと思うけどねー^^;

ということで、ウォークマンA50シリーズも、エージング目安100時間で、音質が「完成」するっていうのは、知っておいて欲しい。できたら、積極的に再生100時間に到達して欲しいとも思う。

おしまい。。。

前の記事

BRAVIA MASTER Series、有機ELフラッグシップ「65A9F」、液晶フラッグシップ「65Z9F」、展示開始しました。

次の記事

こども撮りはαにおまかせ「ファミリーαウィンターキャンペーン」が、10月19日(金)からはじまるよ!

  
LINEで送る

ウォークマンA50を、100時間超エージングしてみたところ・・・
このバナーからご購入いただけると喜びます