BRAVIA A9F/Z9Fシリーズ、スタンバイ時の「OK Google」は、まだ未対応。

前の記事

次の記事

DSC04547

発売されたばかりの、BRAVIAフラッグシップ「MASTER Series」の、A9F/Z9Fシリーズ。
これまで機種では、付属のリモコン内蔵のマイクを使って、音声検索していたのに対し、テレビ本体内蔵のマイクを使って、ハンズフリー音声検索ができるようになったのが、大きな特徴の一つ。

テレビ視聴中、Youtube視聴中、ホーム画面表示中など、、、スマホではおなじみのキーワード「OK Google」を言うことで、BRAVIAが音声入力モードになり、音声検索ができるようになるのだ。

これにより、家事中など、手がふさがってるときにでも、簡単に検索ができるようになり、非常に便利だ。

また、Googleアシスタントにも対応したことにより、当ブログでもよく取り上げている、他機器操作もできるようになったのだ!!

calltencho_2018-10-21_12-13-35_No-00

ところが、現在、

↑「ソニーBRAVIAサポートサイト」でも、告知されてるとおり、

A9F/Z9Fシリーズのスタンバイ(電源「切」)時のハンズフリー音声操作は、現時点で対応しておりません。 サービス提供元の準備が整い次第、対応いたしますので、お待ちくださいますようお願いいたします。(2018年10月10日現在)

とのこと。

つまり、ハンズフリー音声検索するには、テレビの電源がオンじゃないとだめなのだ。

「サービス提供元の準備が整う」のを、素直に待つしかない。

そうすると、テレビの電源が入ってなくても、

「OK Google、おはよう」

で、テレビの電源操作含めて、他機器の操作もできるようになるのだ!

DSC04547

↑冒頭の写真の右に、オレンジ色のLEDが点灯しているが、これは、ハンズフリー音声検索用の内蔵マイクが、「使えるよ」という目印(設定で、オフにもできるが)
試しに、テレビ電源をオフにすると、これが消灯する。つまり、マイクが使えない=ハンズフリー音声検索ができないっていうこと。

「サービス提供元の準備が整い次第」自動でアップデートになるのであれば、ある日突然、テレビ電源オフで、このオレンジLEDが点灯しているかもしれない。楽しみだ!!!

-----------------------------------------------------

前の記事

ドコモショップで、Xperia XZ3をさわってきた。。。

次の記事

<訂正>au版Xperia XZ3は、11月9日(金)発売。99,360円(税込)

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます