DSC-Wシリーズ用マリンパック”MPK-WD”レビュー

前の記事

次の記事

水中写真でも撮ってからご紹介とも思ったモノの・・・
今の季節なかなかそんな機会もなく・・・
(やっぱり風呂場ってのはちょっと^^;)
ということで、水中写真紹介はまた後日として、本体レビュースタート!

0413marine2.jpg
 マリンパック MPK-WD
 ソニースタイル価格 21,735円
 対応機種 DSC-W300/W170/W150
 ※W300とW150は、日本未発表
 耐圧 水深40mまで

外観から見てみよう。
まず、最初の写真。レンズ回りのなにやら、白い板がついたごっついモノ。
これは、フラッシュ撮影時に使用する拡散板。
実際に使用してみないと効果はよくわからない。。。

0413marine3.jpg

そして、水中で落としたら大変だから、大きめのラバー製ストラップも付属。
かなり頑丈でしっかりとした作り。キュッとしぼって手首に固定できる。
液晶フードも取り外し式として、付属してる。
ストラップは当たり前だが、拡散板も液晶フードも、ひもで、マリンパック
本体に取り付けできるようになってる。さすがに、ポロッとはずれて、
水底へさようなら;なんてことはない。

0413marine4.jpg

操作類には、工夫が見られる。水中でも操作しやすいように、ボタンは、
それぞれ高さに違いを持たせてある。また、「モードダイヤル」操作用の
ダイヤルも大きめ。当然ながらしっかりと防水対策されているため、
ボタンもダイヤルもかなり堅め。

↑左下写真は、シャッターレバー。かなり大きめ。とりはずすと、シャッター
 ボタンが現われる。好みに応じて使い分ける。このレバーもひもで、
 本体につながれてる。
↑右下写真。がっちりマリンパックを閉じてるバックル。上下に、赤矢印
 のようなOPENボタンがあり、上下同時に押してはじめて、バックルを
 解除できる。誤操作により開いてしまうことはまずなさそう。

0413marine5.jpg
↑マリンパックを開けたところ。中は、ラバー製のアタッチメントが装着されて、
 サイバーショットをガッチリとホールドしてくれる。
 このフロントとリアのアタッチメントは、W300用とW170/W150用の2種類が
 付属している。
 フタ側周辺の青いのは、Oリング。本体側の黒いのが防滴パッキン。
 この2つがガッチリとひっつき防水している。
 Oリングは、メンテナンスが必要で、ゴミや割れがないかを定期的にチェック
 したほうがいい。また、防水性能を高めるために、このOリング専用の、
 グリスが付属している。また、Oリングも予備が一本付属。
 もっとも大切なパーツだから、メンテナンスはきっちりしよう!

0413marine6.jpg
↑店長野田のDSC-W170を装着したところ。

次回、水中写真のご紹介時に詳しく説明するけど、水中は、
独特のホワイトバランスとなるため、DSC-W170には、水中モード
というのが用意されてる。

さて、どこで水中写真撮ろうか・・・。

●おまけ

ネット上を少しさがしてみたが、フラッシュ拡散板をはずした、
シンプルな状態での外観写真がないので。

0413marine7.jpg
意外とシンプル。DSC-W170を最大ズーム5倍にした状態。

ソニースタイル マリンパック”MPK-WD”については、ここ

 >ソニースタイル サイバーショット”DSC-W170”については、ここ

前の記事

会議模様。。。

次の記事

ナビ、ウォークマン他、色々アップデート情報

  

このバナーからご購入いただけると喜びます