VAIO SX14 ブラウンがやってきた!

前の記事

次の記事

s141_023

店長野田のABEで英無刻印なVAIO SX14に遅れること5日。
ようやく、当店店頭展示の、VAIO SX14 ブラウンがやってきた。
現在、店頭VAIOコーナーでは、ブラックなVAIOノートばかりの中で、ひときわブラウンカラーが目立ってる。。。

DSC09993

↑ALL BLACK EDITIONの梱包とは、一瞬おなじに見えつつも、かなり薄い。

DSC09994

↑ALL BLACK EDITIONは、中からいきなり真っ黒な箱が登場するも、こちらの標準カラーの梱包では、まず、電源コードが登場。。。

DSC09995

↑さらに開け進めると、ビニール袋入りのACアダプターと、薄くて真っ黒な箱が・・・

DSC00002

DSC09996

↑箱ゴトでも、薄っ!軽っ!

DSC09997

↑黒いロゴは、ALL BLACK EDITIONの特権のはずが、パッケージのロゴは見ての通り、黒い。。。

DSC09998

DSC09999

↑やはり、ALL BLACK EDITIONよりは、簡素なパッケージだが、なかなか凝ってる。

DSC00001

↑うすーい茶色のクロスで、大切にキーボードが保護されている。

DSC00004

↑想像以上に、VAIO SX14にマッチした、ブラウンカラー。

背面VAIOロゴとオーナメントに特別なゴールドメッキを施すことで、華やかさと大人の落ち着きを絶妙なバランスで表現した「ブラウン」

オフィシャルサイトでは、こう表現されていたが、なるほど、納得。

DSC00005

↑背面は、他のカラー同様、ブラック。

DSC00007

DSC00009

↑タッチパッドは、ボディとはすこーし違う雰囲気。すこーしラメ光沢。

ところで、大半の方は、この「ブラウン」のゲンブツを見たことがないためか、情報はWebの写真のみ。その写真を見ての感想が、真っ二つに分かれてるのが興味深い。

・派手すぎて、ちょっと・・・
・なんか、地味・・・

たしかに、見方によっては、どっちの感想も納得だが。

実際見てみると、タブン印象は変わるだろう。
男性が持っても、全然派手さはなく、不自然じゃない。
ロゴやオーナメント部分のゴールドメッキがアクセントとなって、地味さもない。
さすが、新色として投入しただけあって、うまくバランスのとれた、カラーリングに仕上がっていると思う。

また、、、ALL BLACK EDITIONオーナーとして、圧倒的にうらやましいのが、「皮脂汚れが全く目立たない」ところ。ブラック、ALL BLACK EDITIONどちらも、パームレストどころか、キーとキーの間までもが、皮脂汚れでテカテカする。シルバー、ブラウンは、あまり気にする必要がなさそう。
個人的には、クロスで拭くのがちょっと楽しかったりもするが、、、見た目だけじゃなく、そこらへんも考慮して、チョイスすべきかと。

-----------------------------------------------------

明日のベンチマーク(店長機はi7、展示機はi5)へと続く

SnapCrab_NoName_2019-2-2_18-13-47_No-00

当ブログVAIO SX14のまとめページ

ソニーストア VAIO SX14

前の記事

My Sonyアプリキャンペーン「ソニーストアお買い物券10,000円分プレゼント!」

次の記事

VAIO SX14(i7、i5)ベンチマークとってみた

  

このバナーからご購入いただけると喜びます