エージング完了した「IER-Z1R」を、いろんな方に聴いてもらって、、、店長野田的感想。

前の記事

次の記事

DSC09539_1

IER-Z1Rオーナーの皆様、、、それぞれの愛機は、エージング具合いかがでしょうか?

さて、、、無事、当店のIER-Z1Rのエージングが完了(200時間超の音色を確認し、十分と、店長野田が勝手に判断^^;)し、先週末、試聴会を開催 したばかり。

タブン、試聴していただいた全てのお客様を、店長野田が応対させていただいたと思うけど、そのときの様子を、ご紹介。なんか、いろいろ考えさせられたもので・・・

イヤーピースは、まじで、重要っすよ!

まず、、、当ブログ、Twitterなどでも、頻繁にアピールしてきたつもりの、「イヤーピースの重要さ」について。どうやら、IER-Z1Rは、特に、その影響が大きいように思える。IER-Z1Rのポテンシャルの高さが、ちょっとした環境の変化を如実に耳に伝えているのかもしれない。

ということで、当店では、IER-Z1Rに限り、イヤーピースを付けてない状態で、展示させてもらってます。
こうすることで、試聴される方には、

DSC09540

↑これらイヤーピース群から、多少なりとも自分に合うであろうサイズのものをチョイスしてもらえるだろうから。

試聴してくれた方々の声

イヤーピースを自らチョイスしてなお、NW-WM1Zクラスを持ってる方ですら、イヤーピースが合ってない状態で試聴され、「あれれ?こんなもん?」と、フシギそうなリアクションで。改めて、ベストなイヤーピースにつけかえて、、、「ぉぉぉおおお!」という評価に。このケースは、イヤーピースのサイズが合ってなかったという話。

また、「自分の耳には、ハイブリッドMが、鉄板!」と豪語するツワモノさんが、「トリプルコンフォートLにすると、IER-Z1Rは、鬼強じゃ」なんてことをおっしゃったり。このケースは、サイズは合っていたが、好みの音色を出すのは、トリプルコンフォートのほうだったという話。

最低限、エージング済み機で試聴を!

もちろん、、、こういった試聴は、「エージングがしっかりできているもの」で行わないと、イヤーピースがどうとかいう以前の話。さすがに、各ソニーストア店舗や、当店含め、先行展示しているところでは、エージング完了しているだろうけど、発売日から展示しているお店では、エージング終わってないところも多いはず。だからこそ、IER-Z1Rの評価が、賛否わかれてるんじゃないかと。

まとめ

「IER-Z1Rの試聴は、エージング完了機で、かつ、自分に合ったサイズのイヤーピースで、かつ、ハイブリッドもトリプルコンフォートも、両方試してみて!」

※店長野田的好みは、ピッタリサイズのハイブリッドよりも、1サイズ大きいトリプルコンフォートでした。。。

※エージング未完了機では、低音がもふぉもふぉする印象。
※ハイブリッドイヤーピースは、低音が控え目な印象。
※トリプルコンフォートは、低音がふくよかな印象。

-----------------------------------------------------

前の記事

Bluetooth、USB搭載の、レコードプレーヤー「PS-LX310BT」発表。

次の記事

本日3月29日(金)10時から、チルト液晶搭載サイバーショット「RX0 Ⅱ」先行予約販売開始!初代RX0は15,000円値下げで併売に!!!!さらに、どちらも1万円キャッシュバック!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます