アップデートされてかなり良くなったMusic Center for PCを5日間使ってみたけど、やっぱり。。。

前の記事

次の記事

SnapCrab_NoName_2019-4-17_11-56-25_No-00

話題にもならないが・・・4月11日(木)に、Music Center for PC 2.1.0が、リリースされた。

現在、ウォークマンなど、「公式」ソニー製オーディオ機器の音楽管理・転送アプリという位置づけの、Music Center for PC。初回リリースより、厳しい状況が続いている・・・

Music Center for PCは、2017年8月29日に、Ver.1.0.00がリリースされた。今回で、6回目のバージョンアップとなる。
初回リリースから、とてつもなく評判が悪かった。そこで、ユーザーの声を受け、2018年10月4日に、新デザインも採用した、大規模アップデート2.0.00がリリースされる。が、それでも、今は正式入手不可の先代「Media Go」を超えることができず・・・。

●アップデート内容

今回のアップデート2.1.0は、通算6度目、メジャーバージョンアップ2.0.00からは3度目となる。
一つ前の2.0.2からの改善点は以下の通り。

  • アルバム名、曲名、ジャケット写真などの情報の取得をいつでも行える機能を追加
  • コンピレーションアルバムをインポートした際、ライブラリー内でアルバムがばらばらになることがある問題を改善
  • ライブラリー内の検索機能を強化
  • ライブラリー内でグリッド表示時にもソートできる機能を追加
  • アルバム一覧画面以外でも「リストで表示」を選択できる機能を追加
  • ライブラリー内のアーティスト詳細画面でアルバムを折り畳む機能を追加
  • 再生中の曲の曲名、アルバム名、アーティスト名の表示から曲が所属するそれぞれの画面を開く機能を追加
  • 文字の大きさを変更しても、mora音楽ダウンロード画面のサイズが変わらないよう調整
  • ライブラリーからリンク切れで再生できない曲を一括検索する機能を追加
  • 挿入した音楽CDの楽曲情報の候補が複数存在する場合のUXを改善
  • Windows タスクバーからの再生コントロールに対応
  • その他、動作安定性、パフォーマンスの向上

↑改善項目すべてじっくりと検証してみたが。確かに、そのとおりで、2.0.2からは、確実によくなってるのが実感できた。また、1.0.00よりずーーーっと、動作安定が非常に悪かったが、この点も、大幅に改善され、特に、その面でのストレスは感じなくなった。楽曲データが1TBを超えていることも理由だったかもしれないが^^;起動時のジャケット表示も速くなったし、終了に至ってはひどいときは数分かかっていたものが、すっとウィンドウが閉じるという、いたってフツーの動作になった。

それと、、、これは、今回のアップデートによるものではないかもしれないが。
マウス操作の「戻る」「進む」に対応しているのに、ちょっと感動!
Media Goでもできないだけに、さっき気づいて、びっくり。

●いたらない点・・・

で、、、どうしても、Meda Goと比較してしまうし、昔からのウォークマンユーザーは、いまだに、ほぼほぼ、Meda Goを引き続き使っていると思うが。やはり、店長野田は、Media Goから、乗り換える気には全くなれない・・・。今回の改善点のほとんどは、Media Goでは、以前よりフツーにできることだし。

ってことで、Music Center for PCのいたらない点は・・・

・「機器内の曲を管理」の機能がしょぼすぎる

接続したウォークマンの中の曲に対しては、、、ジャケ写表示できない、曲情報は、タイトル、ハイレゾ、アーティスト、アルバム、曲の長さのみ。容量やフォーマットすらわからない。
さらに、フォルダ構造表示のみで、アルバム、アーティスト、曲別のソートもできない。
曲の再生もできない

※Media Goでは、ローカルの曲に対してできる管理機能は、接続機器に対しても同じ。

・ビュー機能はない

個人的には、Media Goで最も好きな機能「ビュー」
曲検索時に、強力な助けとなる機能。デフォルトでは、ハイレゾ、最近のファイル、購入、最近再生した、、、などがプリセットされているが、実は、ユーザーにその項目を自由にカスタマイズできるように開放してくれている。
例えば、DSD音源だけ・・・といった、カスタム検索も可能。管理曲数が多くなればなるほど、検索機能の充実はほんとうに助かるのだ!
Music Center for PCでは、ハイレゾ曲だけのピックアップすらできんっ!!

・対応機種以外には非対応

対応機種じゃない、「Xperia」には、曲転送できない!

これが痛い。痛すぎる。

Media Goでは、USBフラッシュメモリーなど、PCで認識するリムーバブルディスクには、すべて曲転送が可能。そのため、「Xperiaすべてが対応機種ではない」が、対応じゃないXperiaに対しても、「リムーバブルディスク」として認識し、フツーに曲転送ができるのだ。

そりゃぁ、同じソニー製品なんだから、ちゃんとXperiaとして認識して欲しいけども、、、最悪、リムーバブルディスクOKにしといてくれないと、どうしようもない。

仮に、Meda Goレベルの使い勝手になったとしても、Xperiaへ転送できないから、Media Goを使い続けることになりそう。。。

-----------------------------------------------------

ということで、それでも、やはり、Music Center for PCには、がんばってもらいたい。。。
今後、、、発売されるであろう、ネット対応(ネット配信サービス対応)のウォークマンなど、、、製品はどんどん進化していくだろうから、いつまでも、Media Goを使い続けるわけにはいかないからねぇ。

※今回は、もっと言いたいことあるけど、毒吐き(`ε´)は、控えてみました^^;

-----------------------------------------------------

Music Center for PC

●Music Center for PCからの音楽転送対応

ウォークマン全般
デジタルミュージックプレーヤーDMP-Z1

前の記事

寄り添うソニー 母の日父の日プレゼントキャンペーン

次の記事

HDDオーディオプレーヤー「HAP-S1」「HAP-Z1ES」本体ソフトウェアアップデート。

  

このバナーからご購入いただけると喜びます