既存住宅に、スクリーンシアターをインストール!


DSC_3211

本日インストールさせていただいた、ホームシアター物件のご紹介。

すでに、テレビシアターが設置されている住宅へ、プロジェクター&スクリーンを追加設置。
スクリーンは、目一杯の大きさを確保すべく、フロントスピーカーをすっぽり覆っても、音声に影響の出にくい、サウンドスクリーンをチョイス。スクリーンを巻き上げると、テレビと、トールボーイタイプのフロントスピーカーが顔を出す。

ご主人がなかなかの「ツワモノ」のようで、テレビシアターは、ご自身でインストール済み。
フロントスピーカーとセンタースピーカーは、AVラックへ。サラウンドスピーカーはなんと、壁掛け設置という、気合いの入りよう。すごいっす!

さて、今回ご依頼の当店のお仕事は、スクリーンとプロジェクターと、、、機器類を右隣の階段下へ縦型AVラックを設置しての移設。今のAVラックは、盛りだくさんの機器類で、すでに飽和状態なのだ。
もちろん、それらを想定した住宅ではないため、補強も配線も電源工事も必要。

スクリーンは、↑の写真のとおり、天井の、木製ルーバーに簡単に取付できた。そのルーバーは、十分な強度があるのは、施工会社さんに確認済み。電源工事は、モールなどを駆使して、目立たないように施工。

DSC_3209

↑プロジェクターが、今回のメインイベントだった。
ドンピシャの位置に、十分な強度の構造体が天井裏にあるとは限らないため、「点検口」をとりつけて、天井を補強するつもりだったが、、、近くに直径15cmくらいの天井埋込タイプのダウンライトが設置されており、その取付穴からかろうじて腕を突っ込んで、補強作業ができた!ということで、点検口もなく、すっきりと、プロジェクターの天吊設置完了。

DSC_3210

↑予定外に大変だったのが、機器の移設工事。階段下に設置した、ローハイトの縦型AVラック内へ、機器類と、アンテナ、HDMIケーブル、スピーカーケーブル、電源を移設。シアター機器の移設ってかなりレアケースだけど、さすがに、山盛りケーブル類でなかなか手強し^^;が、これで、テレビまわりは、もう、ちょうすっきり!!!

-----------------------------------------------------

ということで、先行配管&補強など、事前準備ができてない住宅でも、こんな風に、すっきりとスクリーンシアターまでもが、設置できる!!ご相談ください。。。

-----------------------------------------------------

ご依頼主様、ご家族の皆様、ありがとうございました。

TOP