壁掛BRAVIAから、壁掛BRAVIAへ。2wayシアター。


DSC_3579

5年ほど前にインストールさせていただいた、テレビ&プロジェクターの2wayシアター。
もちろん、テレビは壁掛設置。今回、そのテレビを最新の有機EL BRAVIAへ入れ替えだ!

元々お持ちのBRAVIA「KD-55X9200A」を壁掛していたこともあって、テレビだけ8年が経過し、故障してしまい、今回買い換えとなった。

DSC_3580

↑BRAVIA「KD-55X9200A」に使用している壁掛金具「SU-WL400」は奥行6cm、現行の壁掛金具「SU-WL450」は奥行2cm(付属のアタッチメントを使って、6cmとすることも可能)。3倍もの差がある。
今回設置する「XRJ-50X85J」は、どちらの金具も使用可能だが、背面端子へのアクセスを考慮し、「SU-WL400」をそのまま流用することにした。金具代も1万円くらいするから、コストセーブもできた。

テレビへの金具取り付け位置は、機種によって違うこともあり、テレビ中心高さをそのまま同じにすべく、壁掛金具取付位置は、4cmほど下へ移動した。

元々、新築時に当店で設計したホームシアターということもあり、補強、コンセント、配線位置もばっちりだったこともあり、作業時間は、1時間足らず。。。
引き続き、テレビ&プロジェクターで、シアターライフを楽しんでいただけることでしょう!

●おまけ

DSC_3578

↑5年前に設置した、4Kプロジェクター「VPL-VW500」

-----------------------------------------------------

BRAVIA

-----------------------------------------------------

当ブログ「壁掛テレビ事例」

当店ホームシアター施工事例

TOP