« 内蔵メモリーが64GBへ倍増した、新型ハンディカム「HDR-PJ680」「HDR-CX680」発表。 | メイン | ドコモ版Xperia X PerformanceとXperia XZに、Android7.0アップデートが来た。 »

2017年1月11日

<備忘録も兼ねて>Facebookメッセンジャーアプリ、チャットヘッドを非表示にする方法

Screenshot_20170111-172522

年明け早々、初期化した、愛用のXperia X Performance。
バッテリーの減りが異常で、我慢できずに。
初期化したら、うそのようにバッテリー持ちが良くなって、この1週間超ご機嫌。
(↑冒頭のスクショ見ての通り、それなりに使用してその時間で58%なら優秀でしょ。。。)
が、、、いくつか、気に入らない設定のアプリがあって、めんどくさくてついつい放置してたけど、

「Facebookメッセンジャーアプリのチャットヘッドのうざさ・・・」

自己主張がすごすぎて。ほとんどのアプリ画面へ割り込んで飛び込んでくる。これはこれで、便利と感じるユーザーも多いだろうから、全面否定するつもりもないけど。

ここ数年は、Android OSもずいぶん安定してきたせいか、初期化する頻度が激減で。そのせいで、たまに初期化すると、各アプリの設定を忘れてしまってて、あたふた・・・。その筆頭が、毎回、「Facebookメッセンジャーアプリのチャットヘッド」の非表示方法。とにかくわかりづらくて。。。

ってことで、ほぼ自分用のメモ代わりとして、ブログに記録しておく。。。

Screenshot_20170111-172050

↑FBメッセアプリ。この画面をパッと見ても、設定項目がわかりづらい。
お気に入り項目や、オンライン中項目のところに見えてる、「縦3つ」のアイコンが設定ってのは、最近のAndroidの定番だけど。これは、あくまで、各項目の設定なので、チャットヘッドの表示設定には行き着かない。

Screenshot_20170111-1720502

↑そのアプリ自体の設定とは、、、まさかの、これ!

わ、わからんわっ!!!!!

Screenshot_20170111-172101

↑で、こんな画面が開く。この下のほうに、、、

Screenshot_20170111-172110

↑おまえじゃっ!!!!!!力一杯オフにしてやるっ!!!!

ってことで、解決。

※未来の自分へ どうだ、このブログ役立っただろ?
(そもそも、このコトをブログ化したことを忘れてたら役にたたないだろうけど笑)

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
不動の人気!クラムシェルモデル
広角からズームまでこだわり表現を実現。αレンズ
高品質ヘッドホンMDRシリーズ新発売!
スマートフォン関連商品
スマートフォンに見てるだけでも楽しいアイテム。ソニー製品コンプリート!
コメント(0)
関連記事

最近よく読まれてます

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

「店長、、、電源2回押したら、カメラが起動するんだけど?」 お客様から、そんな...

ソニーストア札幌オープン!当日と前日プレオープン取材。。。

ソニーストア札幌オープン!当日と前日プレオープン取材。。。

4月1日(土)、ソニーストア札幌が、オープンとなった。 前日のプレオープンでは...

STFレンズ「SEL100F28GM」がきーたぁあ!

STFレンズ「SEL100F28GM」がきーたぁあ!

2月14日(火)に先行予約販売開始。本日発売の、STFレンズ「SEL100F2...

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

カメラ関連

カメラ関連商品

オーディオ関連

カメラ関連商品

スマフォ,ファブレット関連

スマフォ関連商品

VAIO関連

VAIO関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ