« Android Autoはじめました。。。その3<Xperia XZ2でも、カーステの自動再生に失敗することがある件。> | メイン | <第3回目の注文受け付け>ちょーどいいコンパクトなA5サイズのデジタルペーパー「DPT-CP1」、ソニーストアで、注文受け付け再開!急げ! »

2018年6月18日

VAIO S13、VAIO Pro PGが周波数免許不要のLTE通信に対応

calltencho_2018-6-18_18-1-23_No-00

・電波法改正により、周波数免許不要のLTE電波帯「1.9GHz帯LTE(sXGP)」ができた
・VAIO S13に採用されているLTEモジュールは、もともと、幅広い周波数帯に対応していた。

という、2つのトピックにより、VAIO S13(個人向け)、VAIO Pro PG(法人向け)で、今後、新たなことができるそうで。。。

そもそも、、、昨年の10月に行われた電波法改正により、LTEの周波数帯で、「免許不要」で使えるものができたことが、ことのはじまり。

さらに、VAIO S13に採用されていたLTEモジュールが、もともと、対応の周波数帯が幅広く、「免許不要で使えるLTE帯」も、網羅していた。偶然なのか、狙いなのか。

今回、VAIO S13が、電波法および電気通信事業法が定める認定を取得した。ということで、免許不要のLTE帯を使えるようになった。

免許不要で使用できる1.9GHz帯LTE(sXGP)。。。

sXGP、、、LTEを使った、コードレス電話規格。スマホやケータイが、コードレス電話として、使えるようになる規格だそうで。これまで、PHSを内線用電話として使ったりしてが、、、これからは、スマホがそのまま内線コードレス電話になったりもする・・・らしい。

その、sXGPをVAIO S13が使えるようになることで、VAIOを内線電話にするってことはないだろうが、、、VAIO社は、WiFiの代替として、オフィスでの無線ネットワーク構築に利用すると言っている。高セキュア、高品質なネットワーク構築ができるという。

また、VAIO S11、VAIO Pro PFも、同じLTEモジュールを搭載していることから、今後、認定取得を検討しているそうだ。

-----------------------------------------------------

VAIO社プレスリリース

ソニーストアVAIO(個人向け)
ソニーストアVAIO(法人向け)

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
ヘッドホン・イヤホンはやっぱりソニー
コメント(0)
関連記事

最近よく読まれてます

h.ear go 2(SRS-HG10)実機レビュー(外観、音質編)

ワイヤレスポータブルスピーカー h.ear go 2(SRS-HG10) カラ...

<続き その2>MDR-Z7で、MMCX化用アダプターを使ってみた。

<続き>MDR-Z1Rや、Z7で、もっとリケーブルを楽しみたい!ってことで、M...

<続き>MDR-Z1Rや、Z7で、もっとリケーブルを楽しみたい!ってことで、MMCX化用アダプター買ってみたら、相当幸せに♪

>MDR-Z1Rや、Z7で、もっとリケーブルを楽しみたい! ↑当店ブログの続き...

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ