ネイティブ4Kプロジェクター、3機種発表。

前の記事

次の記事

calltencho_2018-10-3_6-7-5_No-00

・VPL-VW855(11月17日発売) 2,700,000円
・VPL-VW555(10月20日発売) 899,880円
・VPL-VW255(10月20日発売) 494,880円
※価格は、ソニーストア価格(税別)

ソニーより、「ネイティブ4K」対応SXRDプロジェクター3機種が発表となった。
2,200ルーメンのレーザーダイオード光源&ARC-Fレンズ搭載のVW855。
1,800ルーメンの280W高圧水銀ランプ光源搭載のVW555。
1,500ルーメンの250W高圧水銀ランプ光源搭載のVW255。

共通の特徴としては、18Gbpsに対応、HDMI入力端子は2系統でどちらもHDCP2.2対応、4K「モーションフロー」対応、データベース型超解像処理LSI搭載。

ソニー ビデオプロジェクター

●VW855

vpl-vw855

最上位モデルVW5000(ソニーストア価格8,000,000円)ゆずりの超高級レンズ「ARC-F(All Range Crisp Focus)レンズ」を搭載!短焦点レンズへの交換もオプション対応。新機能「デジタルフォーカスオプティマイザー」とデータベース型超解像技術と連動し、MTF曲線までもを向上する。

y_vw855_arc-f_lens

18枚構成のARC-Fレンズは、画面中心から周辺部まで、また、遠近投射距離問わず安定した結像性能を有するのが特徴。また、色にじみも少ない。とにかく、VW745のレンズとは、フォーカス感が圧倒的に違う!

y_vw855_contrast

レーザー光源(Z-Phosphor)搭載。2,200ルーメンと明るく、少ない遅延、明暗幅広く表現できるのが特徴。
20,000時間という、ランプ光源とは一桁違う長寿命も魅力。

通常設置が可能なプロジェクターとして、VW745のさらに上位に位置するにふさわしいスペックをひっさげての新登場だ。

●VW555、VW255

それぞれ前モデルVW545、VW245との違いは、HDMI入力2系統ともに18Gbps、4K/60P対応。新画像エンジン搭載による、明暗部ともに表現力向上。

VW555とVW255の違いは、機械的絞り機構の「アドバンストアイリス3」、「ピクチャーポジション」、「オートキャリブレーション」の有無。アドバンストアイリス3の効果は大きいが、VW255は、VW555の半額近い価格であることを考えると、VW255のコスパの高さが光る!

当店4Kプロジェクターの売れ行きでは、VW245がこの1年、全メーカーモデル含め、圧倒的だったが。VW255でもこの流れは変わらなさそうな予感がする。。。

-----------------------------------------------------

ソニー ビデオプロジェクター

前の記事

年末商戦突入!プレステキャンペーン目白押し。PS4 Proが5,000円値下げなどなど!

次の記事

世界最速で頑丈で最高等級の防水防塵性能のSDカード「TOUGH SF-Gシリーズ」、国内発表!

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます