SEL24F14GM(FE 24mm F1.4 GM)、50mmと55mmレンズを、最大撮影倍率比較してみた。

前の記事

次の記事

calltencho_2018-10-29_11-39-44_No-00

FE24mmF1.4GM「SEL24F14GM」ソニーストア価格179,630円+税

本日、月曜日、、、13時現在のソニーストアお届け状況・・・「入荷次第出荷」

さて、今日は、FE24mmF1.4GMが、どこまで日常使いレンズとして使えるか。その一つのポイントである、「どこまで被写体を大きく撮れるか?」を、実際に、2種類のレンズと比較撮影してみる。。。

前回、「FE24mmF1.4GM「SEL24F14GM」が、やってきた!」の中で、「どこまで被写体に寄れるか?」ということを実際に撮影してみたが、他のレンズと比較してどうだろうか?
ということで、比較対象のレンズは、

  • SEL50F18F(FE 50mm F1.8)

  • SEL55F18Z(Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA)

単焦点標準レンズを、チョイスしてみた。日常使うのは標準レンズが多いだろうということで。

●スペック比較

※最大撮影倍率、外形寸法(最大径x長さ)、質量の順

  • FE24mmF1.4GM 0.17倍、75.4×92.4mm、445g

  • FE50mmF1.8 0.14倍、68.6×59.5mm、186g

  • FE55mmF1.8ZA 0.14倍、64.4×70.5mm、281g

詳しい人なら、この数値見て、わかってしまうだろうけど。

●実撮影比較

DSC04644

↑FE24mmF1.4GM

DSC04643

↑FE50mmF1.8

DSC04642

↑FE55mmF1.8ZA

ということで、広角レンズである、FE24mmF1.4GMが、一番、被写体を大きく撮れるという結果に。
とはいえ、驚くほどの差ではないが、50mm、55mmという標準レンズとの比較だけに、面白い結果だと思う。

FE24mmF1.4GMの作例は、やはり広角レンズらしく、他のレンズよりも背景が多く取り込まれていて、まさに、広角マクロ撮影っぽい画角だ。

●パスタ料理(サンプル)撮影

DSC04645_1
↑最短撮影距離 F1.4開放

ワーキングディスタンス(レンズ先端からの距離)約13cmくらいなので、立ち上がらなくても、撮影ができるし、

DSC04653

↑最短撮影距離 F2.0

広角レンズだからこそ、背景になるお店の雰囲気も存分に写り込ませることができるし。

●まとめ

FE50mmや、FE55mmレンズと同等の近接撮影能力を持った、広角レンズ=FE24mmF1.4GM。
寄れるからこそ、普段の標準レンズのような撮影ができるし、風景などの撮影はもちろんオハコ。
F1.4という明るいレンズながら、500gを切る軽さに仕上がっているのも、普段使いとして使える要因。

あとは、、、その価格を日常持ち運ぶには、ソニーストア3年ワイド保証に、背中をどーんと押してもらうべし!?

-----------------------------------------------------

前の記事

SEL24F14GM(FE 24mm F1.4 GM)、ソニーストアにて、入荷次第出荷に。

次の記事

Signature Series ゲームもこだわりの音で楽しもうキャンペーン!

  
LINEで送る
SEL24F14GM(FE 24mm F1.4 GM)、50mmと55mmレンズを、最大撮影倍率比較してみた。
このバナーからご購入いただけると喜びます