首振り壁掛けテレビ&IRリピーター。。。


DSC_2357

「コール徳島店30周年大創業祭」第1週目の「ブラビアウィーク」最終日となった、昨日。。。ラストを飾るかのように、65型BRAVIAの壁掛け設置工事を行ってきた!!!

今回は、少し変化球な壁掛け設置工事だった!!!

デザイナーズハウスのようなおしゃれな、新築ご自宅。 
まだまだ、引っ越し直後の片付けで大忙しの中、おじゃましてきた。

美しいお庭に面した掃き出し窓2面にはさまれた、まさに、壁掛けテレビのために用意された、「壁」。もちろん、HDMIなどのケーブル用配管や、補強もばっちり施されてる。 
その壁のちょうど左右中心、、、そして、ソファの高さや、ダイニングキッチンからの視聴も加味して、設置BRAVIAの画面中心高さは、床から1,200mmに設定。

SU-WL820

↑スイーベル機能付き壁掛け金具 SU-WL820 ソニーストア価格34,880円+税 
製品情報

original_su-wl820_wall-arm

↑リビング横のダイニングキッチンからも、テレビ視聴するために、スイーベルタイプの純正壁掛け金具をチョイス。

DSC_2358

↑実際に設置したところ。

様々な壁掛け金具を使ってきたけど、やはり、純正金具のクオリティはピカイチ。特に、スイーベル機能付きのものは、動作のスムーズさが重要で、この純正金具は、安定感抜群。が、、、やはり、非常にお高いのと、対象機種の少なさがネックか。。。この金具の働きで、リビング視聴、ダイニングキッチン視聴でも、テレビ正面から楽しめるように。もちろん、女性でも、簡単にスイーベルさせることができる。

DSC_23571

続いて、、、IRリピーター。

当店施工のホームシアターでは、非常にポピュラーなアイテム。当ブログでは、ほとんどご紹介したことがないシロモノだけど。

サウンドバーには、IRリピーター機能が搭載されてるものが多いが。 
テレビの前に置くことが多いサウンドバーは、テレビリモコンの障害物になりやすい。そこで、IRリピーター機能の出番。サウンドバーがいったんテレビリモコン信号を受光し、それをそのまま、サウドバー本体背面の送信部から再発光させて、テレビをリモコンするというもの。

今回、BRAVIA左下部分に、「赤外線受光部」を設置。そこから、BRAVIA背面に設置した、大きめのマッチ箱大の送信部経由、、、LANケーブルで、

DSCPDC_0003_BURST20180706115138807_COVER

↑リビングに隣接しているストレージルーム(納戸)に設置された、同じくマッチ箱大の受信部経由で、、、

DSCPDC_0003_BURST20180706115138807_COVER1

↑BDレコーダーの受光部に貼り付けた、赤外線送信部が再発行する。これで、BDリモコンの赤外線が中継されて、離れたところに設置したBDレコーダーが、フツーに操作できるのだ。

確かに、ディスクの出し入れ時には、不便するが、その頻度が少ないような使い方なら、問題ない。 
最大のメリットは、今回のようにテレビを壁掛け設置した際に、そのまわりには、なんにもないこと!すっきり感が、半端ねえって!!!

もちろん、離れた場所に設置するからには、必須のHDMIケーブルや、IRリピーター用のケーブルを、配線工事する手間は必要。今回は、ケーブル長さが、15m必要だった。長い!

ということで、便利で、すっきりシンプルな、壁掛けテレビのご紹介でした。。。

TOP