« ウォークマンWM1シリーズ、A30シリーズ、ソフトウェアバージョン1.01アップデート公開! | メイン | 明日は、当店店外にて開催のシークレットイベントのため、臨時休業です。 »

2016年11月11日

4.4mm5極プラグのキンバーケーブル3兄弟、まとめて実機レポート!

DSC09000

●MUC-B20SB1(ロック式3.5mmステミニ×2プラグ)ソニーストア価格25,880円+税
ソニーストア

MDR-A1、h.ear on用4.4mm5極プラグケーブル MUC-S12SB1 ソニーストア価格23,880円+税
ソニーストア

MMCXプラグの4.4mm5極プラグケーブル MUC-M12SB1 ソニーストア価格23,880円+税
ソニーストア

※ソニーさん的には、4.4mm5極プラグを、バランス標準プラグとしてるけど、まだまだ、浸透してなくてピンと来ないので、しばらくは、長ったらしいけど、わかりやすい、4.4mm5極プラグっていう表記にするので。。。

ウォークマンWM1シリーズ、据え置き型ヘッドホンアンプTA-ZH1ES、ポタアンPHA-2A、、、今日現在、これらだけが、、4.4mm5極プラグを採用している。つまり、それら機器専用のヘッドホン用ケーブルとなる。 (ソニー以外からも出るんだっけ?)

ラインナップされる、バランスケーブルは、ヘッドホン側のプラグ違いで、以下の3種類になる。
・ロック式3.5mmステミニプラグ×2
・MDR-A1&h.ear on用4極3.5mmプラグ
・MMCXプラグ(当ブログでも何度か書いてるが、ソニーさんはMMCXとは言ってないが、どう見てもMMCXなので、そう言い切る)

これらを使用することで、バランスで楽しめるわけだが、それに加えて、音質に定評があり、ソニーファンにも馴染みのある、キンバーケーブルが採用されているのも、大きなポイントだ。

●改めて、バランス接続、バランス駆動とは?

ウォークマンWM1シリーズ最大の特長とは?

「バランス対応」

Zは金色がぁ~、S-Masterがぁ~、、、まぁ、いろいろあるけど、まぎれもなく最大の特長は、バランス対応なのだよ。
ところが、、、WM1シリーズを持っていながら、アンバランスで音楽を楽しんでいる人も少なくはないと聞く(当店調査による)

ここで、声を大にして言いたい。

「WM1シリーズは、バランスで聞くべしっ!」

そこで、あらためて、バランス接続、バランス駆動について、おさらいしようと思う。

DSC00170左:アンバランスのイメージ・・・力強さに欠け、ピンボケ感がある
右:バランスのイメージ・・・マッチョのような力強さながら、隅々まで細やかな描写感がある

・バランス接続・・・スピーカーのように、左右のケーブルの+-が独立して、4本で接続する方法。(普通のヘッドホンは3本で接続)
・バランス駆動・・・左右それぞれに2個、合計4個のアンプを使って駆動する方法。(普通のヘッドホンは、合計2個のアンプ)

とまぁ、これだけじゃ、どんなメリットがあるんだかさっぱりわからない。

当店ブログ「ヘッドホンのバランス駆動とは?」

↑これを見てね・・・。

かなりの長文だけど、これ読めば、WM1シリーズ持ってる人は、アンバランスで聴く気が起きなくなるはず。。。

●MUC-B20SB1(ロック式3.5mmステミニ×2プラグ)

DSC09004

●MUC-B20SB1(ロック式3.5mmステミニ×2プラグ)ソニーストア価格25,880円+税
ソニーストア

MDR-Z7

対応ヘッドホンは、↑MDR-Z7と、MDR-Z1R。

3兄弟の中でも、最も対応ヘッドホンが大柄なこともあってか、8芯Braid(編み)構造で見た目もかなり派手なケーブル。8芯の上から被覆処理ということをせずの、編みっぱなしになってるせいか、意外にやわらかく、見た目ほどは取り回しに苦労しない。

original_MUC-B20SB_001

その8芯Braid(編み)構造は、

「最小限に抑制。ノイズのレベルを下げるとともにケーブルの持つ電気的特性を最適化することで、原音の持つ音の透明感や音楽性をあますところなく再現します。」

という。

ってことで、試聴を。

MDR-Z1Rと、TA-ZH1ES、、、そして、プレーヤーには、先日のアップデートでまさかのUSBデジタル出力に対応となった、HAP-Z1ESの贅沢な組み合わせで。

MDR-Z1Rは、4.4mm5極プラグのケーブルが付属しており、比較がしやすい。

・絢香 三日月
・Michael Jackson Beat It
・SHANTI Aqua' Lullaby

このあたりを試聴。

付属ケーブルと、キンバーの違いは、はっきりとわかる。
まず、気づくのが、低音の違い。ズンドコと迫力ある低音というわけではなく、様々な楽器、ボーカルにも必ず低音成分はあるわけだが、そのそれぞれの低音が、しっかりとした土台として存在するため、楽曲全体が安定し、厚みが感じられる。安心して聴ける。
ボーカルもずいぶん印象が違う。透明感が増し、よりナチュラルに。音の輪郭もやわらかくなり、高音の刺さりがなくなる。
全体的に、解像感が増し、ギターの弦の生々しさがすごい。Z1Rでは特に感じる空気感が、さらに磨きがかかる。
Z1Rを持ってる人には、是非ともすすめたいケーブル。

MDR-1A、h.ear on用4.4mm5極プラグケーブル MUC-S12SB1

DSC09006

MDR-A1、h.ear on用4.4mm5極プラグケーブル MUC-S12SB1 ソニーストア価格23,880円+税
ソニーストア

MDR-1A

対応ヘッドホンは、、、MDR-1A/Limited Edition、h.ear on(MDR-100A)

これらヘッドホンは、片出しケーブルながら、3.5mm4極プラグを採用し、グラウンド分離となっていることから、リケーブルによりバランス接続対応となる、コスパが高い機種。

MUC-B20SB1同様の、8芯Braid(編み)構造ながら、透明被覆処理された少し細めのケーブルとなっている。

付属のアンバラケーブルしかなく、比較対象となるケーブルがないが・・・。 とりあえず、試聴インプレッションを。
バランスらしい左右の音の定位の良さはもちろん、キンバーらしいクリアな音色。厚みのある低音。バランスとキンバーの両者がなせるクオリティ。オーバーヘッドタイプにこのケーブルなら、取り回しも全く不便なし。がっつりオススメ。

MMCXプラグの4.4mm5極プラグケーブル MUC-M12SB1

DSC09010

MMCXプラグの4.4mm5極プラグケーブル MUC-M12SB1 ソニーストア価格23,880円+税
ソニーストア

公式サイトには付属品が表記されてないが、取説には、「ケーブルサポーター」という名称で、付属しているのが、↑これ。MMCXコネクター自体はストレートになっており、ハンガータイプのイヤホンに使用するときにかぶせることで、ケーブルをL字風に曲げ、耳にひっかけやすくする。
んー、もう少しクオリティーが欲しかったな。いまひとつ、コネクターとのサイズ面でのフィッティングが甘くて。でも、これがあるとないとじゃ、かなり違う。

MUC-M12SB1

もひとつ、付属品があって。

DSC09008

DSC09007

↑クリップ。

イヤホンには、やはり、少々負担のかかる重めのこのケーブル。
このクリップで、重量分散。

ケーブル自体は、↑MDR-1A用のMUC-S12SB1 と同仕様のものだと思われる。ぱっと見、より線のピッチも全く同一に見えるし。

XBA-N3/N1/Z5などで、試聴してみた。
MMCXプラグ採用のため、他の2本のキンバーケーブルと比べて、かなり汎用性が高い。他社のイヤホンでもMMCX採用のものが非常に多いため、様々な組み合わせで楽しめるだろう。
間違いなく言えるのは、ソニー製イヤホンにはオールマイティーといえるケーブル。MUC-S12SB1同様に、どっしりした低音に加えて、伸びやかで、クリアな高音。やはり、バランスのキンバー、しかも、純正ってことで、ソニー製イヤホンにはベストチョイスなケーブルだろう。

と、せっかく褒めちぎってるところに水をさすが、、、店長野田のJustearチューニングモデル「ND1」には、残念ながら、あわない。おおざっぱに言うと、低音がききすぎて。。。ってことで、今のところ、今日から展示開始した、Brise AudioさんのUPG001ってのが、よさげ。後日、実機レビューします。もちろん、先日、Pentaconnプラグに交換した、Justear純正の元4極銀ケーブルもお気に入り。

さて、、、ここで、MMCX用ケーブルとして、登場した、キンバー、ブリス、JE純正。キンバー、ブリスともに、やはり、重量のせいで、取り回しに難あり。少しだけ気を遣ってあげることで、その気持ちのいい音色を楽しめるわけだが。
それらに比べて、JE純正のケーブルはすごい。キンバー、ブリスともに、音作りが違うから、優劣はつけられないが、、、その取り回しのしやすさときたら・・・。よくこんなに細くてしなやかなケーブルでこれだけの音が出るよなぁ。

あ、、、ずいぶん脱線したけど。繰り返すけど、このMMCXキンバーは、汎用性が高い。そのため、3種類のキンバーの中でも、群を抜いてご注文が多い。(当店ソニーストア実績に基づく)市販のイヤホンならオールマイティーに使えるだろうから、リケーブル好きなら、一本リファレンスケーブルとして持っておいて損はなし。
もちろん、ケーブルは1本だけ。と思ってる人に、その1本としても、オススメできる。

-----------------------------------------------------

●MUC-B20SB1(ロック式3.5mmステミニ×2プラグ)ソニーストア価格25,880円+税
ソニーストア

●MDR-A1、h.ear on用4.4mm5極プラグケーブル MUC-S12SB1 ソニーストア価格23,880円+税
ソニーストア

●MMCXプラグの4.4mm5極プラグケーブル MUC-M12SB1 ソニーストア価格23,880円+税
ソニーストア

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
不動の人気!クラムシェルモデル
広角からズームまでこだわり表現を実現。αレンズ
高品質ヘッドホンMDRシリーズ新発売!
スマートフォン関連商品
スマートフォンに見てるだけでも楽しいアイテム。ソニー製品コンプリート!
コメント(0)
関連記事

最近よく読まれてます

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

「店長、、、電源2回押したら、カメラが起動するんだけど?」 お客様から、そんな...

ソニーストア札幌オープン!当日と前日プレオープン取材。。。

ソニーストア札幌オープン!当日と前日プレオープン取材。。。

4月1日(土)、ソニーストア札幌が、オープンとなった。 前日のプレオープンでは...

STFレンズ「SEL100F28GM」がきーたぁあ!

STFレンズ「SEL100F28GM」がきーたぁあ!

2月14日(火)に先行予約販売開始。本日発売の、STFレンズ「SEL100F2...

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

カメラ関連

カメラ関連商品

オーディオ関連

カメラ関連商品

スマフォ,ファブレット関連

スマフォ関連商品

VAIO関連

VAIO関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ