« 最上位ウォークマンNW-ZX2がやってきた!<開梱、外観眺める編> | メイン | 最上位ウォークマンNW-ZX2がやってきた!<ハイレゾクレードル編> »

2015年2月12日

最上位ウォークマンNW-ZX2がやってきた!<セッティング編>

DSC00448

最上位ウォークマン NW-ZX2 ソニーストア価格119,880円+税

ソニーストア

(冒頭のショット、、、個人的に好きな角度。本文にほとんど無関係^^;)

開梱、外観眺める編」に続いて、、、ZX2の実際のスクリーンショットを使い、セッティング編をお届け。

電源を入れてから、Wifi接続し、Googleアカウントでログインするところまでは、割愛。。。

Screenshot_2015-02-12-09-28-11

↑最初に、こんなアラートが表示される。
microSDは、挿入するだけじゃだめっすよ。ってこと。
ここは、あくまでアラートだけなので、そのままOKで。

Screenshot_2015-02-12-09-28-20

↑これ、結構重要。ZX2を買うってことは、音に相当こだわりがあるはず。だから、ここは、めんどくさいかもしれないけど、目を通しておくべし。OKをタップ。

Screenshot_2015-02-12-09-28-29

↑ここ、、、製品発表後、銀座大阪名古屋のショールームに展示され、少々話題になった、情報源の一つ。わかりやすいように、テキスト部分だけをピックアップしてみる。

Screenshot_2015-02-12-09-28-292

↑音質を決める重要なパーツの1つ、「コンデンサ」についての解説。

この中で、、、

「エージングが100時間を超えたあたりから、本機が本来持っている音質性能を最大限に発揮」

マジ実力発揮の音質は、100時間使ってからってことだ。
寝てる間も、再生しっぱなしにして、100時間。ってのもいいけど、箱出しの状態から、実際にじっくり聴き込んで、100時間。っていうほうが、育ててる感があって楽しそうな気もする。最初にじっくり聴き込んで、そこから聴かず再生しっぱなしで、いきなり100時間経過してから聴いて、その差をいきなり楽しむってのもありか。

Screenshot_2015-02-12-09-28-53

↑続いて、音量設定と音質設定のヒント。

音楽などメディア音量は、最大にする。これは基本。
通知は、、、少々絞り気味の方がよろしいかと。個人的には1割、もしくは最少まで絞って使ってる。

音質設定も、まずは、「素」のままで聴くのが基本。あとは、自分の好みや、曲によって、味付けしてやればいい。個人的には、一切音質設定はいじらない、ハイレゾのときは。圧縮音源の場合は、ClearAudio+は、オンにすることが多いけど。

Screenshot_2015-02-12-09-29-56

↑ここまでで、ホーム画面が表示され、使用可能になる。とまぁ、説明割愛した、WifiセッティングとGoogleアカウント入力以外は、これといって、初期セッティングとしては、特にすることがないわけで。

ここからは、ヘビーユーザー、、、こだわり派、、、そんな人向けのセッティングをしてみる。あくまで、参考程度に。

●少しでも、、、ほんの少しでもサクサクと動かしたい!

最近のAndoroid機は、ずいぶんと処理速度も上がって、こんなことはしなくてもよくなりつつあるけど。でも、派手な画面遷移よりも、堅実かつ少しでも処理速度優先だぜ!って人はお試しあれ。

Screenshot_2015-02-12-09-37-12

↑設定→(一番下の)端末情報→(一番下の)ビルド番号を・・・

連打する!

Screenshot_2015-02-12-09-37-17

↑はい、これで、デベロッパーになりました!
といっても、大げさなことじゃなくて、隠し設定画面が使えるようになるだけ。

Screenshot_2015-02-12-09-37-26

↑設定画面に戻って、一番下へスクロールすると、、、
デフォルトでは存在しなかった「開発者向けオプション」が登場!早速、それをタップして、設定してみよー。

Screenshot_2015-02-12-09-37-38

↑上記3つの項目が、最初は「1×」ってなってるが、それぞれの項目をタップして開き、、、「OFF」にする。画面の切り替わり時のエフェクトを切っちゃったりするっていう設定。これで、少なからずとも、ハード負荷が軽減される。
店長野田もこの設定ができるようになったOSバージョンからは、Xperiaでもずっとやってきたが。先日の、Xperiaアンバサダーミーティングでも、ソニモバの人が紹介してたテクニックなので、信頼できる。

●ZX2は音楽特化だぜ!その他には一切使わないぜ!

個人的にも、是非、音楽特化で使って欲しいと思ってる。
ってことで、余計なアプリを削除・・・いや、元々、プリインアプリが少ないから削除できないものばかりだから、「無効化」しちゃおう!

Screenshot_2015-02-12-09-30-22

↑デフォルトプリインアプリ一覧。
なんか、、、どうみてもZX2には不自然なアプリもあるが・・・。

ってことで、無効化するアプリのチョイスは、最初に書いたとおり、音楽特化だぜ!なので、関係ないモノは、ばっさばっさと無効化する。

Screenshot_2015-02-12-09-31-17

↑設定→アプリを開いて、すべてタブで、インストールされているアプリ一覧を表示させる。無効化したいアプリを選択して、、、

Screenshot_2015-02-12-09-31-23

↑「無効にする」をタップ。これでOK。

むやみやたらに無効にすると、、、困ったことになることもあるのでご注意を。

ということで、、、「あくまでご参考として」、実際に無効化したアプリ一覧をどうぞ。

Screenshot_2015-02-12-09-39-33

↑かなり思い切った選択になってるけども、、、一応、ブラウズ機能だけは、生かしてあるから、Chromeはそのままで。

結果、、、

Screenshot_2015-02-12-09-38-22

↑表示されてるアプリは、たったこれだけに。。
ここまで削ると、ホームアプリは必ずお気に入りのものに変更する人でも、デフォルトホームアプリのままでも十分だろう。むしろ、デフォルトホームアプリでしか使えないウィジェットなんかもあるから、デフォルトホームアプリのままのほうが便利かも。

●最も使うアプリな、「ウォークマンアプリ」をカスタマイズする。

white

↑2月5日のアップデートにより、ZX1やF880でも、可能になったけど。
ZX2では、最初から、この「まぶしい画面」が、「まぶしくない画面」に設定変更可能。。。

settei

↑右上の縦3つアイコン→設定をタップ。

BACKBLACK

↑背景色の変更で、黒を選ぶと、、、

black

↑ほーら、落ち着いた画面に。
まぁ、好みの問題っていわれればそれまでだけど。
少なくとも、枕元で操作するには、背景黒のほうが、目に優しい。。。

move

↑この画面で、、、各タイルは、長タップして、ドラッグすれば、簡単に並び替えができたり、、、↑さっきの、右上の縦3つアイコン→設定→表示項目の選択をタップすれば、、、

hyouji

↑いらない項目の表示非表示を選択できる。
個人的には、プレイリストでがっつりと管理しちゃうから、リリース年や最近追加した曲とかのチョイスは用事ないから消しちゃう。

おしまい。。。

っていうか、、、まだまだ、ZX2ネタはつづいていく。。。

-----------------------------------------------------

WS000001

ソニーストアZX2ページ詳細、購入はこちら

-----------------------------------------------------

●当店ウォークマンZX2 がっつりブログ

<速報>新型最上位ウォークマンNW-ZX2、日本国内正式発表!ソニーストアでは、先行予約販売開始!
新型最上位ウォークマン「NW-ZX2」、情報かき集めてみた。ZX1とのスペック比較表もあり。
最上位ウォークマンNW-ZX2、音質面のうんちく情報をかきあつめてみた。。。すごいわ。
<1stインプレinストア大阪>最上位ウォークマンNW-ZX2を、見てさわって聴いてきた!
内部構造で、最上位ウォークマンNW-ZX2の音の良さを妄想してみよう!
最上位ウォークマンNW-ZX2が、GND分離で4極端子前提で、ケーブルを準備しておく。
最上位ウォークマンNW-ZX2、4極接続で、大きく音質向上!
最上位ウォークマンNW-ZX2、先行予約販売開始から、はや10日。みなさんがどんな買い方してるかレポート!
ソニー純正っていうかMDR-1A付属ケーブルを、改造して4極-4極ケーブル(ZX2専用)にしてみた。
ソニー純正ケーブル「MUC-M12SM1」を、改造して4極ケーブル(ZX2専用)にしてみた。
ソニーMDR-Z7付属ケーブルを、改造して4極ケーブル(ZX2専用)にしてみた。

「ヘッドホンのバランス駆動」とは?

★実機レビュー

最上位ウォークマンNW-ZX2がやってきた!<開梱、外観眺める編>

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
不動の人気!クラムシェルモデル
広角からズームまでこだわり表現を実現。αレンズ
高品質ヘッドホンMDRシリーズ新発売!
スマートフォン関連商品
スマートフォンに見てるだけでも楽しいアイテム。ソニー製品コンプリート!
コメント(0)
関連記事

記事まとめページ

ホームシアター

店頭レンズ展示中

人気記事

当店運営のオンランショップ

読書ならReader

Reader(TM) Store
Reader(TM) Store
バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ