« 大阪マラソン・・・ | メイン | ついに、VAIO社VAIO Pro11、販売終了に。。。 »

2015年10月26日

My Best 雫写真。。。

calltencho20151026_132525

本日まで開催の、第35回 写団「未知草」作品展 「四季のアルバム」 に出品させていただいた写真たちをご紹介。
これほど夢中になって撮影したのははじめてというほど、ハマリにハマった、雫写真。ソニーのO講師に直伝していただき、その面白さのトリコに・・・。

O講師に教えていただいたのは、雫写真の基本中の基本で。
早速、自分で撮影しはじめて見ると、奥が深くて・・・。自分なりにいろいろ工夫したり、応用していくうちに、作品展へ出品できるんじゃないかと。

ということで、出品した5作品の、ちょっと特殊な撮影方法をご紹介させてもらいます。道具集めが少々ハードルが高いかもしれないけれど。

-----------------------------------------------------

●ヒマワリ in WaterDrop

calltencho20151026_132233

1/4000、F11、ISO8000、α7S、FE90F2.8MACRO

5作品中、一番苦労した。自分で課した条件が結構高望みしてたから(笑)

★写真の条件
・雫は空中に2個以上あること。
・2個以上の雫すべてにひまわりが写り、かつ、合焦してること

★撮影のポイント
・とにかくF11程度まで絞らないと、ピンボケ連発。
・雫を空中で静止させるには、シャッター速度1/4000以上が必要。
・上記を満たすためには、まぶしいほどの照明 or ISO感度8000以上でも画質面で耐えうる高感度カメラ(α7S)が必要。(もちろん、今回は後者をチョイス)
・常に、寸分狂わない位置に、雫を落とすこと。

★必要なアイテム
・グリセリン
→薬局やアマゾンでも簡単に安価に手に入る
→雫や水柱に粘り気が出るため、驚くほど、撮影成功率が上がる
・点滴キット
→薬局、医師などに、知り合いがいれば、「ニプロ 輸液セット(ISE-200Z」を譲ってもらう。1セット50円くらいだったはず。通販では入手難しいらしい。ここが最大の難関。
・被写体は、100均の造花のヒマワリで十分

「WaterDropに閉じ込める」セミナー、はじめました。

↑当店ブログで設置方法なんかを参考に。。。

★実際に撮影してみる。。。
グリセリンと水は、1:1で。濃すぎると、不自然さが出るので。
グラスに注いでおくのも、もちろん、同じ混合水で。
点滴をどの高さにするか。受け皿にするグラスの面積にもよるだろうけど、少し大きめのグラスであれば、30cmくらいが、ちょうどいい水柱の高さになるかも。
あとは、雫の落ちるタイミングを好みにあわせて調整し、ひたすら連写。
もちろん、α7Sを使ってても、照明は明るいにこしたことはないので。

-----------------------------------------------------

●ダークライト behind WaterDrop

calltencho20151026_132117

1/4000、F13、ISO8000、α7S、FE90F2.8MACRO

ヒマワリ in WaterDropに比べると全然簡単。
雫に中に閉じ込めるのは、背後のLED照明なんだけど、神経つかうほど正確に閉じ込めなくていいから。

★写真条件
・雫は空中に3個以上あること。
・背後の玉ボケができるだけまーるく。

★撮影のポイント
・絞りすぎると、点光源が多角形になっていく。開けると合焦が難しく。
(本当はもう少し丸い玉ボケにしたかった;)
・部屋全体は暗くし、雫、水柱にだけピンポイントで照明を当てる。

★必要なアイテム
・ヒマワリ in WaterDropと同じ

★実際に撮影してみる。。。
ヒマワリ in WaterDropと同じ要領。
ただ、照明をあてる角度によって、雫、水柱の「テカリ方」が変わってくるので、何度か試し撮りして、「イイ感じのテカリ」が出るポイントを見つける。

-----------------------------------------------------

●ヒマワリ in 雫

calltencho20151026_13234

8秒、F22、ISO400、α7RⅡ、FE90F2.8MACRO

(実はこれ、、、作品展ではボツに。この写真だけ、撮影方法が容易に想像つくためという理由^^;)

★写真の条件
・雫は4つ。
・背後と、雫内のヒマワリは、どちらもヒマワリとわかるように

★撮影のポイント
・O講師曰く、F8~F11。でも、三脚使うから、絞りきってみた。
・グリセリンをここでも用いるけど、原液で。

★必要なアイテム
・雫を乗っけるものは、水はじきのいいものであればなんでもいいとは思うけど。
見栄えがイイモノがよろしいかと。多肉植物や、ガーベラがよさげ。
・百均で売ってる、化粧品詰め替え用のスポイト。先が注射針のとがってないやつ。
・被写体は、100均の造花のヒマワリで十分

★実際に撮影してみる。。。
水では苦労するのが、面白いくらい簡単にグリセリンだと雫が「決まる!」
あとは、しっかりと合焦を。

-----------------------------------------------------

上記3枚のαcafeページはこちら

-----------------------------------------------------

●マーブルチョコ in たくさんの雫

DSC00302-final

1/80、F10、ISO1600、α7RⅡ、FE90F2.8MACRO

●ヒマワリ in たくさんの雫

DSC00303-final

1/00、F10、ISO1250、α7RⅡ、FE90F2.8MACRO

★写真の条件
・かわいく♪

★撮影のポイント
・グリセリンをここでも用いるけど、原液。
・全体に合焦するように、絞って。

★必要なアイテム
・被写体は、マーブルチョコレートと、ヒマワリ(もちろん造花)
・透明ガラス(A4くらいの写真フレームのものなどでOK)
・ガラコ(車のフロントガラス用の液体ワイパー)
・スポイト

★実際に撮影してみる
透明ガラスは、良く洗って乾燥させ、ガラコを塗り込む。
その後、被写体が上手く雫に収まる程度の距離を稼げる、「台」(ティッシュの箱とか)を左右1組ずつ。それをガラスの両端に配置し、その上にガラスを水平に置く!
その後、スポイトで、グリセリンを「いー感じ」で、1滴ずつ置いていく。
ガラスの下に、被写体を置いて、撮る。

準備はそこそこ手間かかるけど、撮影は超簡単。

-----------------------------------------------------

●WaterDrop in Symmetry

DSC02526-final

1/4000、F13、ISO8000、α7S、FE90F2.8MACRO

★写真の条件
・雫は空中に3個以上あること。
・幾何学模様は、いー感じに。

★撮影のポイント
ヒマワリ in WaterDropなどと同じだけど、雫になにも閉じ込めない分、とにかく簡単。セッティングさえできてれば、5分くらいでいいのが撮れた。
ただし、幾何学模様をしっかりと見せたいため、他とはすこし撮影アングルが違う。

★必要なアイテム
ヒマワリ in WaterDropなどと同じ
照明は、多灯式のLED照明器具。単灯だと幾何学模様にならないので。必須。

★実際に撮影してみる
部屋は少し暗めに。多灯式LEDで光量は稼ぐ。

-----------------------------------------------------

上記3枚のαcafeページはこちら

-----------------------------------------------------

ってことで、、、なんだか、燃え尽きた感のある、雫写真でした。。。
来年の作品展は、どうしようかと、もう心配・・・。

-----------------------------------------------------

αcafeサークル「コール徳島店のゆる~い感じの写真倶楽部」
↑お気軽にご入会を!

店長野田のαcafe

コメント(8)

O講師より↓
とてもためになりました!!
パクり、いや、頂きますm(__)m


ということで12月のメニューに頂きますm(__)m
くださいm(__)m

Maminyanco

(*´ω`*)初めまして。
αcafeから飛んできました。
私も雫・水滴写真を撮るので、撮り方などに興味が湧きまして、覗きに来てしまいました。(笑)
私はストロボで水滴写真を撮るので、ちょっと方法が違うのですが、SS稼いでこんなにキレイに撮れるのも、ISO上げても強いα7Sならではの撮影方法なのかも知れませんね。

ちなみにストロボ撮影なら、ISO100・SS 1/160(同期速度)で撮影出来ますよ~。
ご参考までに。

(*´ω`*)さっそくご訪問いただきありがとうございました。

連射撮影はしておりません。
水滴を落として、その都度タイミングを合わせてレリーズを切っています。
タイミングのコツを掴んできてはいるのですが、それでもαcafeにUPした写真を撮るために、300枚ぐらいは撮っています。
そのうち使えそうな写真は6枚でした…。(笑)
水滴落下写真の匠を知っておりまして、その方にいろいろ教えてもらいながら精進しておりますがまだまだですね。
水滴だけでこれだけのアートが出来るんだと、素晴らしい見本になりますので、参考までに。
http://www.nisebu.com/

折角の記事ですので、
「合掌」→「合焦」
訂正なさってください

コメントする

LINEで送る

ソニーストアおすすめ商品

ソニーが最先端の技術を駆使して設計したレンズ
フラグシップウォークマン!本物の音の想いを聴く
デジタル一眼カメラ最高峰。有効画素4240万画素。
ILCE-7RM2
品質に徹底的にこだわり安曇野FINISHにこだわります
VAIO
さらに最高音質を体感!ハイレゾ対応オーディオ
本当の本物の音を体感してください
不動の人気!クラムシェルモデル
広角からズームまでこだわり表現を実現。αレンズ
高品質ヘッドホンMDRシリーズ新発売!
スマートフォン関連商品
スマートフォンに見てるだけでも楽しいアイテム。ソニー製品コンプリート!
コメント(8)
関連記事

最近よく読まれてます

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

XperiaのAndroid7.0アップデートでは、電源2回押しでカメラアプリ起動がデフォルトになっているっぽい。

「店長、、、電源2回押したら、カメラが起動するんだけど?」 お客様から、そんな...

ソニーストア札幌オープン!当日と前日プレオープン取材。。。

ソニーストア札幌オープン!当日と前日プレオープン取材。。。

4月1日(土)、ソニーストア札幌が、オープンとなった。 前日のプレオープンでは...

STFレンズ「SEL100F28GM」がきーたぁあ!

STFレンズ「SEL100F28GM」がきーたぁあ!

2月14日(火)に先行予約販売開始。本日発売の、STFレンズ「SEL100F2...

記事まとめページ

いろいろしてるよ!コール

ホームシアター

ソニー関連

カメラ関連

カメラ関連商品

オーディオ関連

カメラ関連商品

スマフォ,ファブレット関連

スマフォ関連商品

VAIO関連

VAIO関連

バンナイズ_スタッフブログ
徳島が誇る鞄メーカー『バンナイズ』のスタッフブログ。
エクスパンシス
SIMフリーのスマートフォン、タブレット、アップル製品とその他の関連アクセサリを扱うオンラインショップです。

店長野田~実機レビュー~

コール徹底レビューVAIOZ Canvas コール徹底レビュー VAIOZ