サイバーショットRX0をサブカメラにして、同時撮影できるケーブル「VMC-MM2」5月発売!

前の記事

次の記事

y_VMC-MM2_grayout_carton

レリーズケーブルVMC-MM2 ソニーストア価格4,880円+税
2018年5月25日発売予定

製品情報

またまた、サイバーショットRX0関連製品が発表された。
今回は、対応するαなどをメインカメラとし、そのレリーズ操作に連動して、同時にRX0のシャッターを切る、、、同時撮影を可能にするケーブルだ!

VMC-MM2

ソニーのカメラは、マルチ端子という、microUSBと全く同じ端子を使用しており、このケーブルも、両端ともにmicroUSB端子と同じ。
が、、、ストレート端子のほうがメインカメラで、L字端子のほうがRX0と、「向き」があるようだ。ホストケーブルとは仕様が違うんだろうか?

VMC-MM2_carton

↑こんな風に、シューにRX0を固定し、このケーブルで接続することで、、、メインカメラのレリーズ操作に連動して、RX0のシャッターが切れる。
メインとサブで、それぞれカメラ焦点距離(画角)や、絞りなどなど、異なるカメラ設定での同時撮影が可能になる。今まで、2オペだったのが、ワンオペでいけちゃうケースも増えそう。

-----------------------------------------------------

コンパクトで使いやすいケーブル形状

●カール形状の採用により、小型化を実現。
●メインカメラのファインダーをのぞく際に邪魔にならないよう、サブカメラ接続用のマルチ/マイクロUSB端子の角度を最適化。

主な仕様

長さ:約220mm - 約500mm
質量:約25g
端子形状:マルチ端子 - マルチ端子

-----------------------------------------------------

製品情報や、メインカメラとして対応しているカメラリストなど

前の記事

既存住宅に、ホームシアターシステムを!

次の記事

ベーシックモデルを超えた性能の、ベーシックモデル「α7Ⅲ」発表!3月23日(金)発売!!!!

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます