ソニーCES2018<MDR-1AM2>

e08fb3dd667a92b1d63de427ca780f12

さて、、、ソニーCES2018で発表された新製品をボチボチとピックアップしていこうかと。
で、その第一弾が、ヘッドホン「MDR-1AM2」だ。一般的な判断では、テレビあたりをトップに持ってくるべきなんだろうけど。当ブログが一般的じゃないもので^^;まぁ、店長野田の趣味っすね(笑)

では、いってみよー

e08fb3dd667a92b1d63de427ca780f12

↑新型「MDR-1AM2」

MDR-1A_B

↑現行モデル「MDR-1Aブラック(左)と、MDR-1Aマットブラック(右)」

やはり、現行モデルとの違いが気になるところ。

まず、目に付くのは、カラーリング。
現行モデルの、レッドラインが印象的なブラックと、オールブラックで、かつマットカラーのマットブラックの中間な印象。全体的にはオールブラックだが、マット塗装じゃなさそう。新型MDR-1AM2は、少し落ち着いた印象。
ニュースサイトでは、シルバーを紹介してるところもあるが、米ソニーWebでは、ブラックのみ表示されている。。。

ef3d0685ff3b7f8d967314956aed6292

さらに、イヤーパッドの違いも気になる。新型MDR-1AM2のイヤーパッドは、継ぎ目がなくなり、かなり丸みを帯びた形状に。フィット感がかなり向上しているそうな。

重量は、ちょっとびっくり。
米ソニーサイトでは、MDR-1AM2が、6.6oz = 約187g!!!MDR-1Aの225gに対して、ものすごい軽量化が図られていることがわかる。
新イヤーパッドと軽量化、、、これは、相当、装着感向上し、長時間装着でも疲れにくそうだ!

4889a30942fecd3f5024a7d62de44b9b

↑MDR-1AM2

y_MDR-1A_001

↑MDR-1A

グリル(↑では、プロテクターと表記されている)が大きく変更された。

ca1c9b41fcf76e92992f320f2b9f4865

MDR-Z1Rにも採用されている、空気の伝搬を阻害することのないフィボナッチパターングリルが、新たに採用された。音質面にも好影響のはずだが、実際には、試聴してみないと。

付属品として、従来からの3.5mmステレオプラグケーブルと、新たに、4.4mm5極プラグのバランスケーブルが追加されている。

国内での発売も決定しているそうで、発表&実機試聴が、待ち遠しい!

価格は、北米299.99ドル(本日レートで、約3万4千円)

-----------------------------------------------------

米ソニー

  
LINEで送る

このバナーからご購入いただけると喜びます

前の記事

ソニー CES2018。。。

次の記事

α9「Ver.2.00アップデート」、コンティニュアスAFの性能向上など。