ロケーションフリー新製品発表!!

前の記事

次の記事

本日2投稿目!

きた、きた、きたー。ソニー60周年、新製品発表ラッシュは、まだまだ続くぞぉぉぉ
今度は、ロケーションフリーテレビの新製品発表だ!

LF-BOX1.jpg
左:ロケフリTVボックス LF-BOX1 10/27発売 ソニスタ予定価格¥23,000
中:ロケフリベースステーション LF-PK20 10/20発売 ソニスタ予定価格¥33,000
右:ロケフリプレーヤー LFA-PC20 10/20発売 ソニスタ予定価格¥2,000

MPEG-4 AVC(H.264)を採用し、さらなる画質アップ。
家庭内用のTVボックスとは、MPEG2を使い、より高画質な映像再生ができるようになるらしい。

新モデルは、画質向上がポイントのようだ。

 locafree.jpg

早速みてきた!
最近、店長野田の口癖になってるが、ソニー60周年の新製品は「高級感だ!」

まずは、簡単におさらいを。
ロケフリは、インターネットを使い、外出先からアクセスしテレビ放送を見たり、レコーダーで録画した番組を再生したりする、ネットワーク型のテレビ受信ユニット。もちろん、家庭内LANを使っての再生も可能。

ベースユニットに対して、ロケフリプレーヤーソフトをインストールしたパソコンで接続して、映像を楽しむってことだ!

●ロケフリベースステーション LF-PK20は高画質化と学習リモコン機能が目玉!

 locafree2.jpg locafree3.jpg
ロケフリベースステーションLF-PK20 と その背面。

LF-PK20は、アナログのテレビチューナーを内蔵。入力端子は2系統(1系統は、S映像も装備)。出力端子は1系統(S映像も装備)。有線LANと無線LAN(b/g)も装備。DVDレコーダーやスカパーチューナーをリモコンできる、AVマウスも装備してる。

新モデルLF-PK20の一番の目玉は、やはりなんといっても高画質。特に、インターネットによる外部からの視聴の場合、MPEG4 AVCの効果絶大のようだ。

locafreesettei.jpg
学習リモコンの設定画面。LF-PK20の受光部に学習させたいリモコンを向けて覚えさせる。

また、旧モデルユーザーの店長野田としては、学習リモコン機能が搭載されたところも、見逃せない。これで、どんな機器でもリモコンできることになる。

さらに・・・機械好きの店長野田としては、さびしいが、設定が超簡単になったようだ!アンテナや映像ケーブルを接続して、ルーターにつなぐだけで、自動設定するらしい。ま、実際にやってみないとどうにもこうにもだけど・・・

●TVボックスLF-BOX1は、その名のとおり、テレビのためのモノ

locafreetvbox.jpg
ロケフリTVボックスLF-BOX1と その背面

その名のとおり、TVに接続して使うモノ。たとえば、LF-PK20をリビングにレコーダーと一緒に置いといて、寝室のテレビにLF-BOX1を接続。すると、寝室のテレビでリビングのレコーダーの録画番組を見られる。ってなことだ。今までは、ロケフリプレーヤーソフトをインストールしたパソコンとPSPのみでの視聴だったのが、フツーのテレビでも視聴可能になるってことだね。

そして、驚きなのが、インターネット経由でも接続できるから、田舎の実家のテレビに接続すれば、自宅の録画番組が見れてしまう。という、なんだかうそのような話。

●ロケフリワールドはどこまで行くのか?

今後は、ロケフリ専用モニターや、ケータイ電話対応(すでにヨーロッパでは可能)なども考えてる様子。こうなってくると、どこにいても、自宅に録画してある、「探偵少年コナン」くんが見られるようになるんだなぁ、ってしみじみと思う店長野田なのでした・・・おしまい。

 

前の記事

新型BRAVIA入荷!

次の記事

サイバーショットDSC-W50入荷した!

  
このバナーからご購入いただけると喜びます