iPhoneへアドレス帳を移行しよー編 アウトルックならいけるじゃんの巻

前の記事

次の記事

いつまで続くか、iPhoneネタ(笑
昨日までは、なんとか標準ソフトだけですべて丸く納めようとしてたが。
例のふりがな問題。オフィス2007の、アウトルック2007を使うことで、
あっさり解決してしまった;

20080713iphone1.jpg
↑アウトルック2007のインポート時の設定画面のひとつ、
 「フィールドの一致」

XPやVista標準のアドレス帳では、ふりがなデータをインポート
することができなかったわけだが・・・

なにげに、普段全く使っていなく、それどころか、インストールすら
していない、アウトルック2007を試してみようかなと。

で、最初の写真。ファイルのインポート機能を使い、CSVデータを
取込むわけだが、その際に、フィールドの一致という設定項目
がある。
ケータイのアドレスデータの項目を、アウトルック側のどの項目に
当てはめるかを選択するっていうのが、「フィールドの一致」
ここで、かなり下の方にあって、見落としがちだが、
「姓フリガナ」という項目に、ケータイアドレスデータのフリガナ
を割り当てる。
あとは、名前やら、電話、メールなんかは、そのまんま割り当てる。

すると、見事に、ふりがなもインポートされる!

20080713iphone2.jpg

で、このフリガナ入りデータが・・・iTunes経由で、
iPhoneに転送されると・・・

20080713iphone3.jpg

ほーら、この通り、ひらがなに変換されてる。

これで、ふりがな問題も、完全に解決。ちゃんと五十音で、
アドレスが並び、当然検索も可能。

ところで、昨日紹介した方法だと、半角カナが表示され、
検索時の高速スクロールでも、名前の判別がしやすい。
なんてこと書いたが。
今回のやり方だと、半角カナじゃなく、全角ひらがなに
なるわけだが、全角の文字幅は、半角の2倍。表示はムリ。
ということで、フリガナ表示はしないってことになるが、
やっぱり、高速スクロール使って検索するのは、しんどい。
漢字やひらがな交じりで、判別するのは、ムリがある。
やっぱり、半角カナフリガナで表示されてるのは、でかい。

また、話は変わって。
実は、iPhone本体では、半角カナの入力は、どうやら
サポートされてないっぽい。
ってことは、「半角カナフリガナ高速スクロール検索」をする
には、PCでしか、新規入力はできないってことに。。。

えーーーっと。iPhone持ってる人でも、かなりややこしい話
になってるが・・・。まとめてみると・・・。

●アウトルック2007(2003でも可)を使う人
 ・最も王道的な、アドレス帳管理が可能。
 ・「半角カナフリガナ高速スクロール検索」をするなら、
  フリガナ欄でなく、「姓」欄に半角フリガナをいれる

●OS標準アドレス帳を使う人
 ・「姓」欄に半角フリガナをいれる
  ↑この方法しか、五十音検索できないっぽい
 ・「半角カナフリガナ高速スクロール検索」が可能。
 ・半角カナ入力は、iPhone本体ではできないため、新規の
  アドレス入力は、PCに限られる???

ということか。

なんにせよ、iPhone本体はいいけど、ソフト面(iTunes)
の作り込みが、イマイチと感じてしまう。。。

 

 

前の記事

iPhoneへアドレス帳を移行しよー編

次の記事

xxxミーティング in Tokyo

  

このバナーからご購入いただけると喜びます