ソニーエリクソン、ついに発表! アンドロイドケータイ X10。。。iPhoneとほぼ同サイズ!!

前の記事

次の記事

予告通り、今日、ソニーエリクソンより、初のアンドロイドOS搭載の、グーグル携帯が発表された。
正式名称は、

「Xperia X10」

20091103x10_1

まずは、美人のおねーさんが登場する♪、ソニエリ公式サイトの動画からどうぞ。。。

 

ということで、ちょっと長いけど、各スペックを、日本語訳してみた。

ついつい、iPhoneと比較してしまってるけど・・・

20091103x10_2

●カメラ

810万画素(やはり、これくらいの解像度は欲しいよね)
16倍デジタルズーム
オートフォーカス
タッチフォーカス
顔認識
スマイル認識
GPS情報埋め込み(Geotagging)
手ぶれ防止?
ライト
写真動画アップロード機能
ビデオ録画
最近撮影したトレイ

サイバーショットやαの技術がどこまで投入されてるかが、ポイントだけど、少なくとも、iPhoneのカメラよりは、頼もしいのは間違いない。。。

●音楽

アルバムアート
Bluetoothステレオ対応(A2DP)
メディアプレーヤー
イコライザー(?)(MP3/AAC)
PlayNow(アプリ?)
TrackID(アプリ?)

イコライザーのところが、MP3とAACだけになってるのが少し気になるが、、、
ともかく、Sonic Stageや、Xアプリといった、ウォークマン用音楽ソフトが共通で使用できて欲しい。

●Web

ブックマーク
グーグルサーチ(スタンバイ状態でも使える?)
RSS(かなりうれしい)
WebKit web browser(???)

RSS機能(公式サイトでは、フィードという表記)が標準搭載なのは、すごくありがたい。

●コミュニケーション

ソニーエリクソン Timescape
(電話やメール、twitter、facebookなどを区別せずに、同じ人からの連絡は、串刺しで並べるソフト X10の目玉ソフトらしい)
スピーカー
バイブ

スピーカーの音質に期待。。。

20091103x10_3

●メッセージ

会話(電話のことか?)
Email
Microsoft Exchange ActiveSyncR 
MMS&SMS
予測変換入力

予測変換は、最近ではあたりまえだが、入力方式として、iPhone同様のフリック入力が欲しいぞ。

●デザイン

自動画面回転
ジェスチャーコントロール 
壁紙
タッチスクリーン

どうやら、タッチスクリーンは、マルチタッチには非対応っぽい。地図や写真などを拡大縮小に、二本指での操作ができないのは、ちょっと・・・^^;

●エンターテイメント

3Dゲーム
メディアブラウザー
Infinite button
(直訳・・・無限ボタン? 割り当て自由なボタン?)
動画変換(!!) 動画変換機能があるんだろうか?
動画再生
Youtube

動画再生フォーマットが気になる。。。

●便利ツール

アラーム時計
世界時計
計算機
カレンダー
フライトモード(iPHONEでいう機内モード)(電波類停止)
Infinite button(またでてきた・・・自信の機能なんだろう)
Office Suite
電話帳

カレンダー(スケジュール)機能がどれくらい充実してるのか?
スマートフォンでは、このカレンダーのデキが、ものすごく重要だ!!

20091103x10_4

●位置情報サービス

A-GPS(携帯電話を使ったGPS)
グーグルマップ
Wisepilot(ナビソフト?)のトライアル版

●インターフェース

3.5mmオーディオジャック(ステレオミニジャックか?)
Bluetooth
ミニUSB
シンクロ(PCとのデータなどの同期?)
Wifi

シンクロ機能・・・PCソフトとは、どれくらい便利にシンクロするのか?

●プリインストールアプリケーション

Sony Ericsson Timescape
Sony Ericsson Mediascape
Sony Ericsson Home with clock widget
Sony Ericsson Sync
Android Market Client
Gmail
Google Calendar
Google Maps with Street View
Google Media Uploader
Google phone-top search
Google search widget
Google Talk
Google Voice Search
Network Location Provider
Set-up Wizard
YouTube

●画面

4.0型 TFTタッチスクリーン
480×854ドット(WVGA)
(iPhoneは 3.5インチ320x480ドット)
擦り傷に強い

●付属品

ステレオハンズフリーポータブル
8GB MicroSD
ミニUSBケーブル(充電&シンクロ&データ転送用)

●寸法

119×63×13mm 135g

iPhoneは、115×61×11.6mm、135g ほとんど同じだ・・・

●その他

電話帳メモリー 1GB
OS Android 1.6(出荷時にはひょっとすると、2.0かも)
CPU Qualcomm Snapdragon QSD8250 1GHz

CPU性能は、使ってみないとわからないが、iPhone3GS並の速度は欲しいな。

●カラー

Sensuous Black
Luster White

20091103x10_5

●まとめ

まず、、、軽快なサクサク動作は、必須。

3DなGUIが、ウリらしいが、Windowsエアロの非力なPCでのモッサリ感のような動作なら、いらない。。。

iPhoneOSのような、アップルにがんじがらめにされたOSとは違い、アンドロイドOSという、開かれたOSならではの、カスタマイズに期待。

iPhoneアプリが、今のiPhoneの牙城を築き上げたように、アンドロイドアプリが、肝。

そして、、、やっぱり、ソニーらしいね。そんなケータイにしてね、>ソニーさん♪

 

Xperia X10 公式サイトはこちら

前の記事

トリプルブートのtypePで、各OSの起動時間などを比較。。。7の高速化も。

次の記事

Twitter専用端末「TwitterPeek」発売・・・99.99ドル 高くね?

  
このバナーからご購入いただけると喜びます