VAIO X レビュー<スペック編>

前の記事

次の記事

20091008vaio19
VAIO X VPCX11A ソニースタイル価格89,800円~!!!!!
※1 もうあちこちでいろんな憶測が飛び交って、、、言いたくて言いたくてうずうずしてたよ^^;
※2 ところが、少しこの価格設定、、、落とし穴が・・・

※さきほどの、<速報>Windows7モデルVAIO 一斉発表!で、VAIO Xの受注開始は未定と書いたけど、、、よく見てみると、

VAIO X様は、、、10月19日(月)10時~エントリー受注開始。
エントリーしていない人向けのオープン受注は、翌日20日(火)から!!!!!!!

 

まだ、公表しちゃいけないのかと思いつつ、、、慎重になりすぎてしまった^^;
事前情報持ってると、いろいろ気使うんです^^;

さて、ついに全貌が明らかとなった、VAIO X様。
すでに、外観などは、写真、動画など、さまざまなところで露出しているため、やはり、一番気になるのは、スペックと価格だろう。
ということで、いつになく、外観デザインは後回しにして、まずは、基本ハードスペックを中心に見ていこー。分解写真もあるぞぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!

●基本ハードスペック

20091008vaio21

・ディスプレイ:11.1型ワイド WXGA(1366×768)←実は、ものすごい性能。詳細はまた後で。
・グラフィックス:インテルグラフィックスアクセラレーター500(チップセット内蔵)(typePと同じ)
・メモリ:2GB(オンボード)
・メモリースロット:メモステHGDuo/SDHC/MMC
・インターフェース:USB(本体左側面奥)×2、ヘッドホン、外部ディスプレイ(D-SUBコネクタ)、有線LAN端子←すごいギミック
・その他:Webカメラ←なしが選択したい;
・キーボード:アイソレーションキーボード
キーピッチ約17mm(typePは16.5mm)、キーストローク約1.2mm
・本体寸法(幅×高さ×奥行):mm×mm×mm
・バッテリー駆動時間と、本体重量

  Sバッテリー Lバッテリー Xバッテリー
VAIO X重量 約655~699g 約745~780g 約1045~1080g
バッテリー駆動時間 約4~5時間 約8.5~10時間 約17.5~20.5時間

※カスタム内容によって、重量はかなり増減する。
パーツによる重量の変化をシミュレーションできるスペシャルコンテンツは↓

20091008vaio20
X series MOBILITY SIMULATION

※↓赤文字は、店長野田が購入時に選択する予定のスペックっす。

●OS(32bit) Windows7

Professional +5,000円
Home Premium +0円

 

●カラバリ

プレミアムカーボン +5,000円
ゴールド +0円
ブラック +0円

 

●CPU

AtomZ550(2GHz) +10,000円
AtomZ540(1.86GHz) +5,000円
AtomZ530(1.60GHz) +0円

 

●ストレージ

予算さえ許すなら、64GBは避けるべし!
128GB、256GBのほうが、64GBよりも、約61%!!!も高速なんだから。

SSD256GB(SATA)
(SATA-PATA変換ボードで接続)
+30,000円
SSD128GB(SATA)
(SATA-PATA変換ボードで接続)
+10,000円
SSD64GB(PATA) +0円

 

●WiMAX

WiMAX搭載時は、
・WLANは、IEEE802.11a/b/g/nのみ
・WWAN・GPSは選択不可

WiMAXなし時は、
・WLANは、IEEE802.11b/g/n
・WWAN・GPSが自動的に搭載

  WWAN・GPS WLAN  
WiMAX搭載 なし a/b/g/n +10,000円
WiMAXなし 搭載 b/g/n +0円

 

ちょっとややこしいから、よーく、考えて選択すべし。

また、以前にも書いたけど、WiMAXは、SIMカードなどのカード認証ではなく、WiMAX端末認証。そのため、端末内蔵PC間で、SIMカードを使い回して・・・なんてのが不可。そこで、USBタイプのWiMAXを一本持っておけば、どのPCでも使い回しができて便利。当然、WiMAX内蔵のような「すっきり感」にはほど遠く・・・。

たとえば、、、店長野田の場合、、、USB WiMAX一個あれば、Z様、P様、X様、、、気分に応じて、使い回し可能。WiMAXエリアはまだ狭いので、エリア外では、、、ドコモのSIMカードを使い回して。。。

といいつつ、、、内蔵WiMAXで、超スマートに、出先で、VAIO Xモバイルしてる自分を妄想して、にんまり中。。。あぁ、どっちにしよう。。。19日10時までに決めとかないと・・・。みなさん、どうするんすかぁ???

 

●Bluetooth

搭載 +2,000円
なし +0円

 

●キーボード

英字配列 +5,000円
日本語配列 +0円

 

●バッテリー

Xバッテリー+Lバッテリー +23,000円
Xバッテリー+Sバッテリー +20,000円
Lバッテリー +3,000円
Sバッテリー +0円

↑これ、落とし穴というか・・・
基本的に、みなさん、Lバッテリーがデフォルトと思いがちだけど、一番安い、Sバッテリーがベーススペック扱い。なので、自動的に、89,800円+3,000円=92,800円~がスタートと思った方がいいのかもしれない。店頭モデルでは、Lバッテリーが標準なので、10時間=ベーススペックと誤解しそう。

●基本ハードスペックまとめ

ほぼ、typePと同じようなスペックっていうのがおわかりだと思う。
ということで、店長野田のtypePに、Windows7 Ultimate(製品版)をインストールし、使った感覚が、そのままVAIO Xにもあてはまるのかな?とすると、結構、ストレスなくサクサク動きそう。っていうか、、、サクサク動いてました^^(確認済み)

ところで、事前に、超低電圧版CPUなどという噂もあったが、実際には、AtomZだからこそ、あれだけのロングバッテリー&薄型&軽量化が実現したらしい。

↑先日の東京でのソニスタ会議にて、VAIO Xの設計責任者の方が、自ら分解してみせてもらった、VAIO X。分解方法は、、、簡単だね。

とにかく、よくぞここまで、きっちり収めたもんだ。写真では空いてるように見える、左下と右下には、リチウムイオンポリマーバッテリーが隙間なくぎっちりと。

ということで、お次は、、、VAIO X設計秘話でも書いてみる。。。

 

20090930vaioxentry01
VAIO Xのエントリー登録はこちらから

20091008vaio22
VAIO X詳細はこちら

前の記事

<速報>Windows7モデルVAIO モバイルノート全機種プチレビュー

次の記事

VAIO X レビュー<開発秘話編>

  

このバナーからご購入いただけると喜びます