VAIO X購入に向けて準備しよー<その1>

前の記事

次の記事

はたして、その2があるかどうかは、ナゾのままとして、、、
今日は、VAIO Xを注文して、実機をゲッツしてから(気が早っ)、悩まないように、数あるウィルス対策ソフトの中から、なにをいれればいいか? 実験結果も含めて、考えてみた。

20091004virus1
↑知ってる人も多いかもしれないが、、、マイクロソフトが公開した、ウィルス対策ソフト

では、、、店長野田が、独断と偏見で選んだ、

「VAIO Xにインストールしたい、ウィルスソフト候補」

を、まずは、ご紹介。

なお、、、参考までにリンク&価格を載っけてるけど、amazonのリンク&価格です。。。

●エントリーNo.1 「ウィルス対策ソフトなし」

えと、ツッコミはなしで^^;

実際、店長野田の愛機、VAIO typeP様は、いまだに、ウィルスソフトなしで、ぶいぶい動いてます。定期的に、オンラインスキャンかけてるけど、メールは、Webメールでチェック、Webはお気に入り内のものしか閲覧しない。ってのを徹底しているせいか、全く感染なし。

仕事用データなども一切入れてないし、万が一落としても、困らないほど。(トリプルブート可能に完璧に仕上げているから、その点では精神的ショックはすごいが)

が、、、VAIO Xは、画面も大きいし、ビジネス用途としても、考えてるので、この時点で、候補からはずれてしまうわけだが・・・。

●エントリーNo.2「ESET NOD32 Antivirus 4」 3,852円 1PC 公式には7非対応

20091004virus2

店長野田の前評判としては、イチオシ。ただ、1PCってのが。VAIO Xユーザーなら、必ずメインマシンを持ってるだろうから、VAIO Xのためだけに購入することになり、やや割高感な気もするが、、、そこは、VAIO X様。多少の出費は気にせず、貢ぐ気分で♪
そして、、、現在、7対応を謳っていないものの、いろいろな7をインストールしたVAIO(64bit含む)で、問題なく動作しているのを確認済み。。。

●エントリーNo.3「ウィルスバスター2010」 5,030円 3PC 7正式対応

20091004virus3

店長野田、メインマシンのVAIO typeZ様で、ここ1年ほど使用している。過去記事でもご紹介したが、先日、最新の2010がリリースされたばかりで、しかも、一段と軽い動作になり、ESETにどこまで迫るかが、気になるところ。今回は、VAIO Xでの使用を前提としてるから、総合ソフトとしてでなく、ウィルス対策ソフトとしての検証なので、ファイアーウォール機能などは未使用とした。

●エントリーNo.4「ノートンアンチウィルス2010」 初回限定版4,392円 3PC 7正式対応

20091004virus4

昨年まで、5年以上使ってきたノートンシリーズ。当店スタッフ内では人気が最も高いウィルス対策ソフト。バスター同様、こちらも2010がリリースされたばかり。GUIは、かなり刷新され、視覚的にバージョンアップしたんだなぁと感じさせる。

●エントリーNo.5「Microsoft Security Essentials」 無料 7正式対応

logo_mse

マイクロソフト製のウィルス対策ソフト。 以下、MSE。
アメリカ国内限定でダウンロード可能とし、βがリリースされていたが、つい先日、正式版として、日本でも公開されたばかり。その最大の特徴は、、、

「完全無料」

ただし、ファイアーウォール機能や、バックアップ機能などはなし。軽さがウリ。
はたして、ダークホースとなるのか?

●エントリーNo.6「マカフィー2009」 正式名称もリンクも価格も・・・省略^^; 7非対応

VAIOがなぜ、お試し版とはいえ、ノートンから、マカフィーに戻ったのか(過去マカフィーだったことあり)・・・個人的には、ここ数年のもっとも大きなナゾの一つだったり。
だって、、、バスター、ノートンが、年々軽くなっていってるのに・・・改善されないんだもの・・・。
モバイラーなら、typeP+マカフィーの最悪の相性をご存知かと。。。

とりあえず、VAIOにインストールされてるからってだけで、エントリー。。。

 

以上。6つの中から、VAIO Xに最適なのがどれかを、検証してみる。
え? ZERO?(中途半端だから、MSEでいいっしょ) カスペルスキー?(あくまで個人的に・・・以前、測定したときに、ネット転送速度にかなり悪影響だったから。検出率が高いのは知ってるけど・・・) AVG? あくまで、独断と偏見ってことで、、、ご了承くださいm(_ _)m

 

●いきなり結果

検証PC VAIO typeP Windows7化モデル(各種VAIOアプリすべてインストール済み)

なんとなく、VAIO Xにスペックが近いんじゃないだろうか?という、妄想の元、選定。

※起動時間 ネット接続をゴールとした
※typePのメモリ使用量 ウィルス対策ソフトだけじゃなく、全体でのメモリ使用量
起動終了後、5分ほど様子を見て、落ち着いた頃に測定

  起動時間 typePのメモリ使用量
ウィルス対策ソフトなし 48秒 700MB
ESET 58秒 710MB
ウィルスバスター2010 55秒 800MB
ノートンアンチウィルス2010 60秒 770MB
MSE 60秒 740MB
マカフィー 80秒 800MB

 

typePをVistaで使用してる人にとっては、どのウィルス対策ソフトでも、恐ろしいほど速い起動時間に驚くのでは?Windows7ってすごいねー。

さて、この結果。。。数字だけ見ると、どれも似たり寄ったりにも思える。
ところが、数字に現われてない部分があるわけで。
実際に、ネット閲覧などをしてみると、マカフィーだけじゃなく、MSEも、もっさり感が。
また、バージョン2009では、バスターもノートンも、ESETの軽快さには遠く及ばなかったモノの、起動時間や、実際の使用感においても、ESET、バスター、ノートンとも、体感差がない。強いて言えば、ノートンは、CPUの使用率を見ると、結構、増減が激しい。
っていうか、1世代古いのに、善戦してるESETがすごいとも言えたり。

ということで、まとめると、ESETが、Windows7対応の新バージョンを発売してくると、状況は変わるかもしれないが、現時点では、バスター2010が良さそう。価格的にも、バスター2010は、3PCで5,030円だから、ESETより、かなりお値打ち。

また、すでに、ウィルス対策ソフトを使用していて、更新まで日数があったりする場合、とりあえず、MSEをいれておくのでもいいかもしれない。MSEは、正直、ウィルス対策ソフトを入れないよりは、まし。程度で考えた方がいいかもしれないが、なんせ、無料。とりあえず、お試しでインストールするのでもいいだろう。さらに、メインマシンを7化、もしくは、新たに7マシン購入を考えている人で、7のXP モードを使用予定の人には、XPモード用にMSEってのもありでしょ。(マイクロソフトは、XPモードでもMSEが使用可能なのを公言している)

●ご参考 店長野田はこうします。。。

バスター2010を使用しているものの、実は、3PC分使い切ってる状況。VAIO X分がないってことだ。ところが、ESETは、5PC(amazon価格14,430円)という製品がラインナップされているから、それを購入すれば、typePの分もまかなえる。

ということで、ESET 7対応版の登場を待って、体験版で性能チェックしてからになりそう。バスターの更新が10月31日ってのも、いいタイミングだし♪

●おまけ Vista最終モデル typeZではどうか?

検証PC VAIO typeZ VGN-Z92 Windows Vista Home Premium
Core2Duo T9900(3.06GHz) メモリ8GB SSD128GB(RAID0) 激速っす

  起動時間 typePのメモリ使用量
ウィルス対策ソフトなし 42秒 1.44GB
ESET 53秒 1.73GB
ウィルスバスター2010 51秒 1.86GB
ノートンアンチウィルス2010 58秒 1.81GB
MSE 50秒 1.65GB
マカフィー 63秒 1.62GB

 

typePの結果とは、若干違うが・・・。typeP以上にどれも似たり寄ったりで。
しかも、これだけ速いPCだと、どれを使っても違いがわかりませーん^^;

 

20090930vaioxentry01
VAIO Xのエントリー登録はこちらから

前の記事

毎年恒例の運動会のお手伝い

次の記事

10月10日 店長野田ラジオ番組にゲスト出演しまっす!

  

このバナーからご購入いただけると喜びます